本気の抹茶ラテやスイーツ、パンなどこだわりの「日本茶専門店カフェ」がオープン

本気の抹茶ラテやスイーツ、パンなどこだわりの「日本茶専門店カフェ」がオープン

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
NEWS ニューオープン 日本茶カフェ 抹茶ラテ パン スイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京の新橋・虎ノ門エリアに2018年12月オープンした「ホテル1899東京」1階に、2020年2月21日(金)『CHAYA 1899 TOKYO』がオープン。「街の茶屋で、ゆるやかな時間を日常に」がコンセプト。抹茶やほうじ茶、和紅茶、日本茶のスイーツやパン、ラテなど、“日本茶専門店カフェ”のこだわりメニューに注目です。

Summary

注目は専門の“茶バリエ”が注文ごとに1杯ずつ点てる「本気の抹茶ラテ」

『CHAYA 1899 TOKYO』の目玉は、全国のお茶どころから厳選した上質な抹茶、ほうじ茶、和紅茶(国産紅茶)などを使った、日本茶専門店ならではの本格派ドリンク。

その中でも一番の注目は「濃茶ラテ(温/冷)」。茶釜付きの専用カウンターで日本茶のプロ“茶バリエ”が注文ごとに1杯1杯、目の前で濃紺な抹茶を茶せんで点て、ミルクに加えてくれます。

「濃茶ラテ(温/冷)」3~4gは600円、5gは650円、6gは700円
「濃茶ラテ(温/冷)」3~4gは600円、5gは650円、6gは700円

抹茶の量を3g~6gまで、1g単位で選べるので、自分の好みにあった“my抹茶ラテ”を楽しむことができます。お店のおすすめは4g。よりずっしりした重厚感あふれる風味でミルクを楽しみたいなら6gをどうぞ。

「濃茶ラテ」のほかにも、濃く入れたほうじ茶をミルクに加えた香ばしい「ほうじ茶ラテ(温/冷)」と、和紅茶の茶葉のまろやかさを活かした「和紅茶ラテ(温/冷)」各500円も。プラス50円でラテを豆乳に変更もできます。

新感覚ソーダもあります。抹茶の苦みと香り、炭酸の爽やかさがマッチした「抹茶ソーダ」600円や、和紅茶と甘みを引き立てるイヨカンのコンフィチュールを合わせた「和紅茶ソーダ」500円をシュワシュワで。

急須で提供するお茶 深蒸し煎茶「六煎茶」
急須で提供するお茶 深蒸し煎茶「六煎茶」

もちろん、急須でいただくメニューも。全国のお茶の中から厳選した6種をブレンドした強めの甘みが特徴の「深蒸し煎茶 六煎茶(温/冷)」750円や、「和紅茶 紅優香(温/冷)」700円、「ほうじ茶 やさしさ(温/冷)」650円もじっくり味わえます。

紹介したドリンクは、すべてテイクアウトができます。仕事の合間のちょっとした休憩にもいいですね。

写真映え抜群!「抹茶パン」のバリエーションは4種類

日本茶ドリンクに合わせたいのは、抹茶の風味がしっかりと感じる緑色が鮮やかな「抹茶パン」。

「プレーン」300円は、100%国産小麦に北海道産発酵バターと牛乳を合わせ低温長時間発酵。仕上げに静岡産抹茶を加えてふんわりマフィンに焼き上げています。

プレーンにデコレーションしたメニューは3種類。「ホワイトチョコ&シリアル」330円は、その名の通り抹茶パンの上に、ホワイトチョコとシリアルをトッピングした一品。

プレーンにあんことバターをデコレーションした「あんバター」(左)370円は、鉄板の組み合わせ。濃厚なミルクとフレッシュないちごをのせた「いちごミルク」(右)430円は、オープンから2020円3月31日までに期間限定メニューです。パクッと召し上がれ。

「酒茶ケーキ」と「米粉のブラウニー」も

スイーツは、お茶に日本酒やブランデーを加えて甘さ控えめに焼き上げた大人の「酒茶ケーキ」が3種類登場。「抹茶」、「ほうじ茶」、「紅茶」各300円はどれも、奥深い香りを閉じ込めた大人のパウンドケーキに。

生地にグルテンフリーの米粉を使ったヘルシースイーツ「お茶ブラウニー」は抹茶とほうじ茶の2種類各240円。しっとりとした軽い食感と、濃厚なお茶の風味が楽しめます。手みやげにもおすすめです。

宇治抹茶をたっぷり使った「濃茶ジェラート」

ジェラートは、茶道でも使われる上質な宇治産抹茶をたっぷり濃く3.5%も使った「濃茶ジェラート」(中)450円や、「抹茶」、「ほうじ茶」(左)、「バニラ」(右)、「季節のフレーバー(オープン時はいちご)」各380円が、全5種類が味わえます。

パンやスイーツ、ジェラートなどのメニューに、セットでドリンクを注文すれば、ドリンクが100円の割引になります。

夜は「抹茶ビール」と「お茶ソーセージ」で

夜は“日本茶バー”としても楽しめます。写真映えする深緑の「抹茶ビール」790円は、ビールと抹茶を合わせることで独自のまろやかさと苦みが生まれる、ヘルシーなビアカクテルです。

おつまみには、緑茶、紅茶、番茶を練り込んだ3種の「お茶ソーセージの盛り合わせ」1200円を。仕事帰りのちょっと1杯や、飲み会後のもう1杯にもちょうどいいです。

細部にまでこだわり満載の「茶屋」をイメージした空間

店内は「茶屋」がテーマ。和傘をモチーフにした照明や、伝統的な茶箱を取り入れた木目調の落ち着いた雰囲気が気持ちをホッとさせてくれます。光が差し込む開放的な空間にいると、茶屋の縁側に腰かけているような気分にさせてくれます。

11時30分~21時までやっているので、ランチはもちろん、仕事帰りのサクッと飲みにも使えるお店。覚えておくといいかも!

■CHAYA 1899 東京(チャヤ イチハチキュウキュウ トウキョウ)
住所:東京都港区新橋6-4-1(ホテル1899 東京1階)
交通:都営地下鉄三田線御成門駅から徒歩6分、JR新橋駅から徒歩10分、都営地下鉄大江戸線・浅草線大門駅から徒歩10分
TEL:03-3432-1890
時間:11時30分~21時(20時30分LO)
休み:無休

Text:TAKAKO

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください