ニューオープン施設も!雄大な大地を駆け抜ける十勝絶景ドライブ名所5選

ニューオープン施設も!雄大な大地を駆け抜ける十勝絶景ドライブ名所5選

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
ドライブ 絶景 牧場 北海道
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

北海道内でも畜産や農業が特に盛んな十勝エリア。雄大な自然と見渡す限りの牧草地帯が広がり、"THE北海道"な景色を望める景勝地がたくさん!『るるぶ北海道’21』より十勝らしい絶景を1日で満喫できるドライブ名所をご紹介します。

Summary

2019年NEWOPEN!話題の展望施設「ナイタイテラス」

約1700haの広さを有する日本一広い公共牧場「ナイタイ高原牧場」。その頂上に新設された展望施設「ナイタイテラス」です。

足元から天井まで全面ガラス張りの窓からは、屋内からでもダイナミックな景観が一望できます。おみやげショップや食事ができるカフェも併設しています。

「ナイタイ高原牧場」観光時の注意

「ナイタイ高原牧場内」には約2000頭もの牛たちが放牧されています
「ナイタイ高原牧場内」には約2000頭もの牛たちが放牧されています

●牧場の写真撮影は、ナイタイテラスから行いましょう!
●伝染病防止のため、許可なく「ナイタイ高原牧場」内への侵入は厳禁
●大声を出すなど動物を驚かせる行為も控えてください

■ナイタイテラス
住所:北海道河東郡上士幌町字上音更128-5
TEL:090-3398-5049
営業時間:牧場ゲート開放7~19時(5・10月は~18時)、ナイタイテラス9~17時
※ゲート開放期間・開放時間等は、天候により変更あり
定休日:期間中無休
アクセス:JR帯広駅から車で1時間10分
駐車場:83台

白い幹×緑葉×青空のコントラストが美しい!「十勝牧場の白樺並木」

十勝牧場の入口から約1.3㎞続く白樺並木です。道の両側に並ぶ約660本の白樺は、約70年前に牧場職員が植樹したもの。映画やドラマのロケ地としても使われたことがあり、十勝を代表する景勝地としても知られます。

■十勝牧場の白樺並木
住所:北海道河東郡音更町駒場並木8-1(家畜改良センター・十勝牧場内)
TEL:0155-44-2131(独立行政法人家畜改良センター十勝牧場)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
アクセス:JR帯広駅から車で30分
駐車場:5台
※指定道路以外は進入禁止。売店・ゴミ箱などはありません。

季節で見え方が変化する幻の橋「旧国鉄士幌線アーチ橋梁群」

昭和53年(1978)から昭和62年(1987)にかけて廃線となった旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁郡。国道273号沿いに多数の橋がその姿を残し、「北海道遺産」にも選定されています。

タウシュベツ川橋梁

写真は、「タウシュベツ川橋梁」

●昭和12年(1937)建造/全長130m
糖平湖(ぬかびらこ)に立ち、ダムの水が少ない1月頃から凍った水面に姿を現し、6月頃にはまた湖に沈み始めます。季節によって見え隠れする、珍しいアーチ橋です。
※橋梁は渡れず、観賞のみ可能です。国道から橋梁へ向かう林道は東大雪支署(01564‐2-2141)に許可を取らないと通行不可。

三の沢橋梁

●昭和30年(1955)建造/全長40m
糖平湖沿いの遊歩道と繋がっていて、橋の上を歩くことができます。

■旧国鉄士幌線アーチ橋梁群(タウシュベツ川橋梁/三の沢橋梁)
住所:北海道上士幡町ぬかびら源泉郷
TEL:01564-7-7272(上士幌町観光協会)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
アクセス:JR帯広駅から車で1時間40分
駐車場:約10台

未だ人気絶えぬ恋人たちの聖地「愛国駅〜幸福駅」

昭和48年(1970年)にテレビ番組にて紹介されたのをきっかけに「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズと共に切符が一大ブームになった「愛国駅」「幸福駅」。今でも恋人の聖地として親しまれています。
現在では廃線になっていますが、改修された駅舎が今でも残されています。両駅は車で15分ほどで行き来できる距離にあるので、セットで訪れるのがオススメです!

愛国駅(愛国交通記念館)

旧国鉄広尾線の駅跡。現在は愛国交通記念館として一般開放されています。屋内に当時のきっぷや古い写真が展示され、野外には蒸気機関車19671号も置かれています。

■愛国駅(愛国交通記念館)
住所:北海道帯広市幸福町基線39-40
TEL:0155-22-8600(帯広観光コンベンション協会)
営業時間:9~17時
定休日:無休(12~2月は日曜のみ開館)
※蒸気機関車は、12~3月の期間、サビ防止のためシートで保護され見学不可
アクセス:JR帯広駅から車で20分
駐車場:20台

幸福駅

旧国鉄広尾線の駅跡。昭和62年(1987)に廃線・廃駅となりましたが、当時の趣そのままに、木造駅舎などを2013年に全面リニューアルされました。

■幸福駅(幸福ふれあい広場)
住所:帯広市幸福町東1線161
TEL:0155-22-8600(帯広観光コンベンション協会)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
アクセス:JR帯広駅から車で30分
駐車場:36台

+αで行きたい季節限定絶景!「ジュエリーアイス」

1月中旬から2月下旬にかけて、厳寒の豊頃町・大津海岸に現れる光景です。冬の北海道絶景として新定番となったこの現象は、十勝川の河口の氷が浜に打ち上げられたもの。波に揉まれることで、透き通った宝石のようになります。

■ジュエリーアイス
住所:北海道豊頃町大津海岸周
TEL:015-578-7202(豊頃町商工観光課)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
アクセス:JR豊頃駅から車で30
駐車場:あり

掲載している「北海道・十勝エリア」についてもっと詳しく知りたい方は発売中の「るるぶ北海道’21」をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は「るるぶ北海道’21」の過去に掲載した記事を元に作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください