レトロ建築は洋館だけじゃない!函館で行きたい注目の和カフェ3選

レトロ建築は洋館だけじゃない!函館で行きたい注目の和カフェ3選

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
カフェ 和カフェ レトロ 洋館 北海道
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

国際貿易港として早くから外国の文化を取り入れてきた函館には、和洋折衷をはじめとする歴史ある建築物が多く残っています。近年はそれらを改装したおしゃれなカフェが急増中です。「るるぶ北海道'21」の掲載記事からご紹介します。

Summary

酒問屋だった当時の品々が残るカフェ「茶房 菊泉」

大正10 年(1921)築。切妻造の店には、酒問屋だった当時の貴重な品々が配され和の雰囲気が漂う。

大正10 年(1921)築の純和風の切妻屋根が目を引く建物は、大正時代に「菊泉」という銘柄を販売していた酒問屋でした。切妻造の外観や店内の中廊下などは、当時のままの姿を残しています。酒問屋だった当時の貴重な品々が配されていますよ。手作りの餡や白玉を使用した和スイーツのほか、食事メニューも充実しています。

■茶房 菊泉
住所:函館市元町14-5
TEL:0138-22-0306
営業時間:10~17時
定休日:木曜(祝日の場合は営業)
アクセス:電停末広町から徒歩7分
駐車場:なし
【予算】1000円~【予約】不可【席】カウンター5席/テーブル12席/座敷28席

当時の大正ガラスなどが残る「茶房 旧茶屋亭」

明治末期築。海産物問屋兼住宅として使用されていた和洋折衷住宅。大正ガラスなど当時のものが残る。

明治末期築、海産物問屋兼住宅として使用されていた和洋折衷住宅。店内はヨーロッパの家具やステンドグラスが配された異国情緒漂う空間です。スイーツは手作りの寒天や白玉を使った和風がメインで、作り置きはせずにオーダーを受けてから作っています。店内の一角には抹茶を点てるスペースがあり、本格的な抹茶も楽しめますよ。

■茶房 旧茶屋亭

住所:函館市末広町14-29
TEL:0138-22-4418
営業時間:11時30分~17時
定休日:木曜
アクセス:電停十字街から徒歩2分
駐車場:4台
【予算】1000円~【予約】可【席】テーブル22席

大正モダンな雰囲気が心地いい「茶房ひし伊」

大正10 年(1921)築。洋風のテイストも加えた大正モダンな雰囲気が心地いい。

大正時代の質蔵だった建物を利用した店。函館のリノベーションカフェの先駆け的な存在で、アンティークの調度品の数々は、オーナーが趣味で集めたもの。小物などのアンティーク品を販売するショップも併設しています。

■茶房ひし伊

住所:函館市宝来町9-4
TEL:0138-27-3300
営業時間:11~18時
定休日:無休
アクセス:電停宝来町から徒歩2分
駐車場:8台
【予算】1000円~【予約】不可【席】カウンター4席/テーブル32席


掲載したカフェ情報をはじめ、北海道についてもっと知りたい方は、『るるぶ北海道'21』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は『るるぶ北海道'21』に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください