ステキな洋館をじっくり見学! 函館のレトロ建築巡り3選

ステキな洋館をじっくり見学! 函館のレトロ建築巡り3選

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
北海道観光 洋館 レトロ 北海道
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

リノベーションされたレトロな建築が集まる函館。さまざまなスタイルの洋館で、細部のデザインまで鑑賞したり、どこか懐かしいレトロカフェでゆったり過ごしましょう。『るるぶ北海道'21』の掲載記事からご紹介します。

Summary

英国ヴィクトリア調の建物「函館市旧イギリス領事館(開港記念館)」

大正2年(1913年)から昭和9年(1934年)まで、イギリス領事館として使用されていたヴィクトリア調の建物。当時の領事執務室を再現した部屋や、開港当時の歴史を学べる展示室などがあります。

机や書棚や掛け時計、暖炉などを再現した領事執務室
机や書棚や掛け時計、暖炉などを再現した領事執務室
スコーン、ミニケーキ2品、クッキー、サンドイッチが少量ずつと紅茶のセット。
スコーン、ミニケーキ2品、クッキー、サンドイッチが少量ずつと紅茶のセット

1階の特設カフェ「ティールーム ヴィクトリアンローズ」ではアフタヌーンティーセット(1人前1500円~)も楽しめます。

■函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

住所:函館市元町33-14
TEL:0138-27-8159
営業時間:9~19時(11~3月は~17時)
定休日:無休
アクセス:電停末広町から徒歩5分
駐車場:なし

華やかな面影を残す旧市街地のシンボル「函館市地域交流まちづくりセンター」

南部坂下の交差点に立つ、以前の「丸井今井呉服店函館支店」をリノベーションした建物。2007年より観光案内、パンフレットも備える公共施設に生まれ変わりました。

レバーは呉服店のころのままになっている
レバーは呉服店のころのままになっている

東北以北最古のレトロな手動式エレベーターがみどころ!スタッフに声をかければ説明を聞きながら乗ることができます。

トースト2品とドリンクのセット。季節の自家製ジャムとミニサラダ付き。
トースト2品とドリンクのセット。季節の自家製ジャムとミニサラダ付き

特設カフェ「cafe Drip Drop」では、窓の外を走る路面電車を見ながら本格的なドリップコーヒーを楽しめます。

■函館市地域交流まちづくりセンター
住所:函館市末広町4-19
TEL:0138-22-9700
営業時間:9~21時
定休日:無休
アクセス:電停十字街から徒歩1分
駐車場:30台

細部までこだわった建築「旧北海道庁函館支庁庁舎(函館市元町観光案内所)」

玄関の4本の柱が目を引く、北海道開拓時代の政治的中心だった建物です。明治と平成に2度の火災に見舞われ、現存する建物は1994年に修復整備し、現在は観光案内所として利用されています。エメラルドグリーンの建物は夜間のライトアップも美しいですよ。

正面玄関から見上げるとコリント様式の華麗で繊細な装飾が美しい
正面玄関から見上げるとコリント様式の華麗で繊細な装飾が美しい!
街歩きに役立つタウンマップなどがたくさん並んでいる
街歩きに役立つタウンマップなどがたくさん並んでいます

■旧北海道庁函館支庁庁舎(函館市元町観光案内所)
住所:函館市元町12-18
TEL:0138-27-3333
営業時間:9~19時(11~3月は~17時)
定休日:無休
アクセス:電停十字街から徒歩5分
駐車場:なし


掲載したレトロ建築をはじめ、北海道についてもっと知りたい方は、『るるぶ北海道'21』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

●この記事は『るるぶ北海道'21』に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください