いくつ知ってる? 富山のご当地食材&絶品グルメ!vol.2

いくつ知ってる? 富山のご当地食材&絶品グルメ!vol.2

食・グルメ ディナー ご当地グルメ うどん ランチ 富山県
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

富山には魚介やブランド牛、麺類など、個性的なソウルフードがいっぱい。お財布にもやさしい良心的な価格や、ここにしかないメニューも魅力なので、ぜひ味わってみて!今回は『るるぶ 富山 立山黒部 五箇山 白川郷'21』からご紹介していきます。

Summary

1日数百食も売れる噂の「もつ煮込みうどん」

「糸庄」の先代社長が考案したもつ「煮込みうどん」(900円)は、富山では知らない人がいないほど有名。 太めのうどんに、やわらかな豚モツから出る濃厚なだしと地元味噌が絶妙の味を醸し出します!常連さんは、ご飯を追加でオーダーして、残りスープに混ぜて楽しむのだとか。いつも行列ができるので、時間に余裕をもって訪れてくださいね。

■糸庄(いとしょう)
住所:富山市太郎丸本町1-7-6
TEL:076-425-5581
営業時間:11~15時LO、17時~23時LO(土・日曜、祝日11~23時LO)
定休日:火曜(祝日の場合は翌日)

舌の上でとろける味わいはまさに幻の魚「ゲンゲ汁」

富山湾にすむ幻の深海魚「ゲンゲ」を使った汁物。 身は表面がゼラチン質で覆われていて、コラーゲンたっぷり。 親子で切り盛りする庶民派の食事処「親爺(おやじ)」の「げんげ汁」(800円)も、やわらかい身が一度食べたらやみつきになる味。 提供期間は9~5月のみです。

■親爺(おやじ)
住所:富山市桜町2-1-17
TEL:076-431-4415
営業時間:16時~22時30分LO
定休日:日曜、祝日

地元魚津の漁師が愛してやまないご飯「バイ飯」

漁業の盛んな魚津で、バイ貝をとる漁師が食べていた賄いが始まり。 うま味たっぷりのバイ飯は、魚津産の米とともに味わうと格別だとか。「日本料理 海風亭」の「魚津バイ飯」は、漁師に親しまれてきたこの料理をご当地グルメとしてメニュー化したものです。2014年に魚料理の祭典「Fish-1グランプリ」でも準グランプリに輝きました!

■日本料理 海風亭(にほんりょうり かいふうてい)
住所:魚津市釈迦堂1-13-5
TEL:0765-22-7303
営業時間:11時30分~14時LO、17~21時
定休日:日曜、祝日

160年以上の歴史をもつ伝統の味「大門そうめん」

細く長い麺がくるくる巻かれた、丸まげ状の形が特徴的で、強いコシとなめらかな喉ごしの「大門そうめん」。砺波平野(となみへいや)の魅力を発信する「農家レストラン 大門」では、砺波産の大門そうめんのほか、「根菜いとこ煮」などの健康的な郷土料理が並ぶ定食「恋茜」(2970円)も味わうことができます。

■農家レストラン 大門(のうかれすとらん おおかど)
住所:砺波市大門165
TEL:0763-33-0088
営業時間:11~14時(夜は予約のみで17~22時)
定休日:無休

掲載しているお店についてもっと詳しくお知りになりたい方は、発売中の『るるぶ 富山 立山黒部 五箇山 白川郷'21』をご覧ください!

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ 富山 立山黒部 五箇山 白川郷'21』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください