るるぶキッチン赤坂・浅草で兵庫県洲本市「ふるさと納税大感謝祭」開催中!

るるぶキッチン赤坂・浅草で兵庫県洲本市「ふるさと納税大感謝祭」開催中!

バル 地元食材 ステーキ カクテル 地ビール 兵庫県
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

『るるぶ』編集者が全国各地を取材して見つけた、とっておきの食材や料理が楽しめる「るるぶキッチン」。現在、赤坂と浅草エキミセの2店舗では、2019年もふるさと納税で大人気だった兵庫県洲本市のフェアを開催中。 洲本市は、本州と四国に浮かぶ淡路島の中央に位置する街。その昔、朝廷に食材を献上していた「御食国(みけつくに)」だったことから、豊かな食の宝庫としても知られています。海の幸、山の幸をふんだんに使ったスペシャルメニューをぜひ体験してくださいね。

Summary

味わい深い自家製たまねぎバターでいただく、淡路牛の絶品ステーキ

絶対ハズせないのは「淡路牛のステーキ 自家製たまねぎ バターソースで」2380円。ブランド牛としても名高く、赤身と脂のバランスのよさが特徴の淡路牛の肩ロースをいただけます。たまねぎのペーストを混ぜ込んだ、酸味のある自家製たまねぎバターとの相性もバツグンで、ますます食欲をそそるおいしさです!

あつあつとろ~り!淡路産のたまねぎを使ったオニグラは格別の味

旬のたまねぎをじっくりじっくりソテーした「あつあつ!オニオングラタンスープ」580円。これでもか!というくらい甘みが引き出されたたまねぎに、とろりと溶けたチーズが相まった、幸福感このうえない一品です。

タプナードソースがよく絡んだタコの前菜で、まずは乾杯!

アンチョビとケッパー、黒オリーブとニンニクで作ったタプナードソースは、芳醇な香りやコク、酸味が特徴で、フランス・プロヴァンス地方発祥とも言われています。ぷりっぷりのタコとジャガイモにソースがよく絡んだ「タコとジャガイモのタプナードソース」780円は、素材とソースをいっしょに味わう大人感覚の前菜です。

シャキシャキ、もっちり、カリカリ。ぜいたく食感のハッシュドオニオンにヤミツキ!

たまねぎのシャキシャキ感、生地のもっちり感、外側のカリカリ感。「成井さんちのたまねぎを使ったハッシュドオニオン」680円は、食感のハーモニーがとびきり楽しい!甘~いたまねぎに濃厚なチーズの組み合わせは程よい塩気で、お酒のおともにぴったりです。

しらすとたまねぎがアクセント。サワラの包み焼きで洲本の魅力を堪能

塩レモンと白ワインの風味がさわやかな「サワラとしらす塩レモンの紙包み焼き」1580円。しらすとたまねぎ、タコのうまみをギュッと閉じ込めて焼き上げ、洲本の魅力を一度に楽しめるメニューに仕立てました。

しみじみ旨い!洲本産のタコとたまねぎの釜めしで〆は決まり

洲本産のタコのうまみ、たまねぎの甘味がしみわたった「タコとしらす、新玉ねぎの釜飯」1680円。しらすも盛られた春爛漫の一品は、ぜひ〆に。

レモンとみかんのさわやかな口当たりのカクテルは、一杯目に

「平岡農園のレモンとみかんを使ったミモザ」780円は、甘酸っぱさが引き立つ、食事にもぴったりのカクテルです。

素材をまるっとそのままに!ビタミンC豊富なトロピカルジュース

素材をストレートに味わうことができる「平岡農園のレモンとみかんを使ったトロピカルジュース」580円。ノンアルコールカクテルとしてもおすすめです。

スパイス香る!のどごしすっきり清涼感あふれるレモネード

「平岡農園のレモンを使ったスパイスレモネード」480円(赤坂は580円)、平岡農園のレモンを使用したレモネードに、カルダモン、丁子、八角、シナモンスティックで味を引き締め、スペシャルな味わいに仕上げました。


おひとり様でもペアでも楽しめるセットメニューのご用意も。シーンによって使い分けができるのもうれしいかぎり。
(一例)やっぱり洲本セット ¥4000円→チケット使用で3000円
・選べる洲本ドリンク ( ミモザorあわぢびーるの場合は+200円)
・オニオングラタンスープorタコとジャガイモorハッシュドオニオン ( +1品ごとに+500円)
・サワラ包み焼きorタコめしor 淡路牛のステーキから2品(淡路牛のステーキは+500円)

フェア期間中は、店頭で配布しているチケットをご提示いただくと、おひとり様につきお会計が1000円引きになる特典も(おひとり様につき、洲本メニューを1品以上オーダーいただいた場合に限る)。この機会にぜひ洲本市の魅力を味わいに行ってみてくださいね!

【実施店舗】
■editor's fav「るるぶキッチンAKASAKA」
開催期間:2020年4月1日(水)~4月30日(木)
住所:東京都港区赤坂3-17-1赤坂バル横丁内
電話:03-5544-8786
営業時間:17時~23時30分(金曜~26時)、土曜11時30分~23時30分、日曜・祝日11時30分~22時30分
定休日:無休(臨時休業の場合あり)
アクセス:地下鉄赤坂見附駅より徒歩3分、赤坂駅より徒歩5分

■editor's fav「るるぶキッチンASAKUSAエキミセ」
開催期間:2020年3月24日(火)~4月30日(木)
住所:東京都台東区花川戸1-4-1 EKIMISE7階
電話:03-6231-7742
営業時間:11時~22時(※レストラン街に準じる。3月31日までは11~20時)
定休日:無休
アクセス:東武スカイツリーライン浅草駅直結、地下鉄銀座線浅草駅7番出口より徒歩1分、都営浅草線浅草駅A5番出口より徒歩3分
座席数:約18席

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:洲本市企画情報部魅力創生課

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

エディターズ紹介バナー

人気ランキング

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください