スマホの待ち受けでもパワーキャッチ!?神戸の願いが叶う“サターンの椅子”

スマホの待ち受けでもパワーキャッチ!?神戸の願いが叶う“サターンの椅子”

兵庫県 神戸観光 パワースポット おでかけ 神戸みやげ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

全国から観光客が訪れる神戸屈指の観光地として有名な北野異人館街は、JR三ノ宮駅、各線三宮駅から北へ15~20分。異国情緒漂う街並みの中、国の重要文化財の風見鶏の館やうろこの家などが点在しています。今回は座るだけで願いが叶う!という不思議な椅子がある「山手八番館」をご紹介します。今すぐに行けない人は写真を待ち受けにするだけでも効果があるとか!

Summary

座るだけで願いが叶う椅子って?

テレビでも紹介されて話題になった「サターンの椅子」。この椅子に座るために訪れる人が後を絶たないといいます。
サターンとは、ローマ神話の農耕神で、サートゥルヌス(ギリシャ神話ではクロノス)のこと。豊穣の神の名がつけられたこの椅子は、「願いが叶い実る椅子」と伝えられてきたそうです。
館内に入ってすぐ左側の部屋にあり、彫刻の奥で存在感を放っています!

神秘的な彫刻が施されたこの二つの椅子は、19世紀ごろに作られ、イタリアの教会にあったものといわれています。
どういういきさつで神戸に来たのかはわかりませんが、多くの人が祈りをささげる空間にあった椅子だと思うと、おごそかな気持ちになります。
赤いクッションがゴージャスな雰囲気で、座ると見た目より硬くてゆったりとした奥行き。深く体を沈めると、背筋がピンと伸びる気がします。

向かって右側に女性、左側に男性が座ります。カップルで座っても、一人で座ってもOK。
静かに目を閉じて、心の中でゆっくりと願い事を唱えてくださいね。

あの手この手で願いを叶えたい!

サターンの椅子チャーム 1500円
サターンの椅子チャーム 1500円

おみやげにぜひチェックしてほしいのが、2020年2月にリニューアルした「サターンの椅子」のチャーム。
高さ6.5㎝のミニチュアながら、椅子の彫刻など、細かいところまで忠実なデザインが施され、箱の内側にある椅子の背景も実際のタペストリーと同じ柄になっています。
パワーとともに持って帰って、いつも近くに置いておきたいですね。

数ある異人館の中で、ご利益的ないわれがあるのはめずらしいこと。
そのせいか、「サターンの椅子」の写真を撮って、スマートフォンの待ち受け画面にするのも秘かな人気だとか。椅子に座って願い事を唱えた気持ちを忘れずに、パワー倍増を信じて、スマホの写真に祈ってみて。
遠くて行けないという人は、友達が撮った写真を送ってもらったりしているとか。
願いが叶うかどうかはわからなくても、叶えたい!という強い気持ちが大切ですよね。写真を見るたびに、パワーをもらえる気がしそうです。

歴史的な建築様式や貴重な展示物の見学も!

この山手八番館は、明治後期に建てられた旧サンセン邸。張り出した窓が連なっているのが特徴です。
柱や梁、筋交いなどが外側に見えているのは、ヨーロッパに数多く残されているハーフティンバーという建築様式。アーチ状の入口を入ったら、華やかなステンドグラスが目に入ります。

「サターンの椅子」に座ってお願いができた!という目的を果たしたら、館内もゆっくり見て回りましょう。
1階には、アートに興味がある人なら知っておきたい、彫刻の三大巨匠ロダンやブルーデル、ベルナールの彫刻、2階には、ガンダーラやタイの仏像など、数多くの貴重な作品が展示されています。
長い歴史を経た美術品の数々からも、不思議なパワーを感じます。

山手八番館だけの入館チケットのほか、近隣の異人館などの入館チケットがセットになったお得なパスもあり、北野通り沿いにあるビジターセンターで販売しています。
パンフレットなどもそろっているので、落ち着いて旅行できるようになったら観光の前に立ち寄ってみてください。
異国情緒あふれる異人館街の散策を楽しんでくださいね。

text:安田良子(ウエストプラン)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


まだある関連記事はこちら!


古き良きヨーロッパの香りに包まれて異人館と素敵カフェをめぐる1日
神戸のスイーツ手みやげは地元に愛されるパティスリーで!シェフのスゴ腕が光ります
神戸にニューオープン!ありそうでなかった、新感覚な生杏仁プリン

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください