日本初のスタバも!お花とデジタルが融合した新感覚フラワースポットへ

日本初のスタバも!お花とデジタルが融合した新感覚フラワースポットへ

おでかけ 植物園 カワウソ デート ひとり時間
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

よみうりランドに隣接した東京を一望できる高台に、新感覚のエンターテインメント型フラワーパーク「HANA・BIYORI(はなびより)」が2020年3月23日にオープン。色とりどりの花と最新鋭のデジタルアートが融合した幻想的な世界が体験できると聞きつけて、行ってきました!植物園でありながら、アクアリウムやコツメカワウソとの出会いなどさまざまな楽しみ方ができるHANA・BIYORIをレポートします。

Summary

300鉢を超えるフラワーシャンデリアが咲き誇る温室

京王よみうりランド駅から徒歩10分の高台に、新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」があります。

駅からは上り坂か長い長い階段(283段!)になるので、京王よみうりランド駅前から出ている無料シャトルバスの利用がおすすめ。
園内に入って、まずは1500㎡もの広さを誇る温室を目指します。

広々とした温室には、300鉢を超えるフラワーシャンデリアが!フロアにも鉢が並べられています。

壁面には、ベゴニアをはじめフクシア、ペチュニア、ゼラニウム、サクソルムなどの色とりどりの花々が可愛らしいです。どのアングルを切り取っても、フォトジェニック!

温室の中央に据えられているこの花瓶のような不思議な木は、HANA・BIYORIのシンボルツリー「パラボラッチョ」。最大幹幅は2m超、樹齢400年を超えるパラグアイが原産の大樹です。

花とデジタルのアートショー!幻想的なプロジェクションマッピング

HANA・BIYORIでは目玉であるプロジェクションマッピングも楽しむことができます。平日4回、土日祝日は6回(※)、ショーが行われます。植物園にプロジェクションマッピングを常設している施設は他にはなく、ここが日本唯一なんです。

※季節により変動しますので、詳しくは公式サイトを参照ください。

壁3面や天井の花々、床にいたるまで、実際に手で触れられそうなくらいリアルな映像が映し出されて迫力満点。

フラワーシャンデリアにも使われているベゴニアの花の精が、緑豊かな大自然の中を旅するというストーリーで、瞬時に幻想的な異世界へと連れて行ってくれます!

立体的に奏でられる美しい音楽がショーをさらに盛り上げ、体全体で映像と音を感じるような「イマーシブ(没入型)空間」を体験できますよ。

天井の花々やシンボルツリーにも投影され、映像と融合した植物の新たな美しさは大きな見どころです。

ショーにはエンディングが2つ用意されていて、上演中に最新システムを用いて観客の感情をリアルタイムでデータ化し、その場でエンディングに反映するマルチエンディング型というのだから驚きです!

取材時のエンディングは、歓喜の光に包まれたような幸福感溢れる演出でした!

見応えのある約10分間のプロジェクションマッピングショーは必見ですよ。

かわいいコツメカワウソとの出会いや、苔テラリウムなどのワークショップも

園内では4頭のかわいいコツメカワウソが飼育されていて、植物のみならず生き物との出会いも待っています。

1日3回(組数限定)、1回300円で餌やりの体験ができるほか、ミニステージでのパフォーマンスも開催予定(※)。
ちょこまかと遊びまわる愛らしい姿を間近で観ることができます。
※ 2020年7月現在、コロナウィルス感染拡大防止の為、餌やりとパフォーマンスを中止しています。開催の有無は公式サイトにてご確認ください。

ほかにも、温室内にはアクアリウムが。

長さ8mの海水水槽には、カクレクマノミ、デバスズメダイ、キンギョハナダイなど沖縄の海を彩る華やかな海水魚が約50種、1200匹も。3mの水槽には、鮮やかな美しい水草が拡がっています。色とりどりのサンゴも見どころで、豊かな沖縄の海を感じさせます。

苔テラリウム

苔テラリウム温室の一角ではワークショップも開催しています。

バスケットやボックスを使ったフラワーアレンジメントを始め、人気の苔テラリウム、ボトルアクアリウムなどの創作を日替わりで楽しめます。
※ワークショップは有料(2,000円〜)で定員に達し次第受付終了。開催スケジュールは公式サイトでご確認ください。

植物園に「スターバックス」が日本初出店!花に囲まれた癒し空間

スターバックスが植物園に初出店したことも見所のひとつ。本物の植栽で表現したスターバックスのサイネージも日本初なので、ここでしか見ることができません!

隣接するカフェスペースでは、花と緑に囲まれアクアリウムをのんびりと眺めることができる癒しの空間で、美味しいコーヒーや軽食がいただけます。

毎日がお花見日和!一年中季節の花々が楽しめる

温室を出ると外にも四季折々の花々が。春にはサクラやツツジ、夏はアジサイやブルーサルビア、秋はキンモクセイやコスモス、冬はツバキやクリスマスローズなど、シーズンごとに訪れる楽しみがあります。

取材を行った6月にはゼラニウムやプルンバーゴが見頃でした。

こちらの植物園は元日本庭園なので、貴重な文化財が多数残されています。手水舎(ちょうずや)では、アジサイが浮かべられた「花手水(はなちょうず)」を見ることができました。

さまざまな場所に季節の花が彩られていて、思わず写真を撮りたくなるかわいさです。

エンタメと癒しを両立する新感覚のフラワーパーク「HANA・BIYORI」。
のんびりとした時間が過ごせるので、おひとりさまにもおすすめですよ!

text・photo:本間香奈(vivace)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください