北海道・白老町にアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」オープン!

北海道・白老町にアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」オープン!

博物館
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2020年7月12日(日)、北海道白老町にアイヌ文化復興・創造の拠点となる「ウポポイ(民族共生象徴空間)」がオープン。日本初のアイヌ民族をテーマとしたナショナルセンターの魅力に迫ってみましょう。多彩な楽しみ方を『るるぶ北海道’21』から厳選した情報で、ご紹介します。

Summary

アイヌ文化の情報発信拠点・ウポポイ(民族共生象徴空間)

ここは北海道発の国立博物館となる「国立アイヌ民族博物館」、多彩な体験プログラムがある「国立民族共生公園」などから構成されるナショナルセンター。博物館でアイヌ文化を分かりやすく学べるだけでなく、アイヌ古式舞踊などの伝統芸能上演や伝統的儀礼の実演、伝統的な建築技法で復元された家屋の見学など、知的好奇心を刺激するコンテンツが数多く用意されています。

日本初のアイヌ民族の歴史と文化を主題とした国立博物館・国立アイヌ民族博物館

多彩なアイヌ文化を、さまざまな視点から分かりやすく紹介する国立博物館。「ことば」「世界」「くらし」「歴史」「しごと」「交流」の6つのテーマに沿って貴重な資料を展示している。伝統的な衣類や儀礼品などが700点以上展示される基本展示室と、さまざまなテーマによる企画展や特別展が開催される特別展示室があります。

館内にはアイヌ文化を高精細・大画面映像で紹介するシアター、アイヌ工芸品や軽食を販売するミュージアムショップ・カフェもありますよ!

屋内外に広がる体験型フィールドミュージアム・国立民族共生公園

見て、触れて、感じて、アイヌ文化を五感で体験できるフィールドミュージアム。広い敷地内にホール、学習館、工房、コタン(集落)、歓迎の広場などさまざまな施設が点在しています。アイヌ古式舞踊やムックリ(口琴)演奏などの、伝統芸能が上演される体験交流ホールや、伝統的な建築技法で再現された家屋(チセ)があります。

ユネスコ無形文化遺産にも登録されているアイヌ古式舞踊や、幻想的な夜間プログラム、民族衣装の試着、民工芸品の製作体験など、多様な体験プログラムも用意されています。


■ウポポイ(民族共生象徴空間)
オープン日:2020年7月12日(日)
住所:北海道白老町若草町2-3
交通:JR白老駅から徒歩約10分
営業時間:9~20時(~7月19日と9・10月の平日は18時まで、11~3月は17時まで)
休み:月曜(祝日又は休日の場合は翌日以降の平日)
料金:大人1200円、高校生600円、中学生以下無料※博物館の特別展示や一部の体験メニューを除く
HP:https://ainu-upopoy.jp/ 

掲載したウポポイの詳細をはじめ、北海道についてもっと知りたい方は、『るるぶ北海道21』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は『るるぶ北海道21』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください