• るるぶ&more.
  • 【絶景】ハワイの絶景を効率よく楽しめる◎ フォトジェニック情報紹介します
【絶景】ハワイの絶景を効率よく楽しめる◎ フォトジェニック情報紹介します

【絶景】ハワイの絶景を効率よく楽しめる◎ フォトジェニック情報紹介します

アメリカ合衆国(ハワイ州) おでかけ 絶景 フォトジェニック るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、青い空や街の景色など、ハワイは写真におさめたい景色がたくさんありすぎる、とってもフォトジェニックな島です。この記事では、その中でも写真を撮るべきポイントや場所、おすすめの時間帯などをご紹介いたします。あらかじめチェックしておけば、旅の思い出を120%記録に残せるはずです!

Summary

ワイキキビーチで撮るべきポイントベスト3

ハワイのなかでも晴天率が高いといわれるワイキキで絶景を撮影したいなら、やっぱり外せないのがワイキキビーチ!そんなスーパーフォトジェニックなワイキキビーチのなかでも、『ビーチ×ダイヤモンドヘッド』な一枚は、撮るべきショット第1位!ビーチ沿いのホテルの部屋から撮るのがベストですが、屋外で撮影する場合はアラモアナにあるマジック・アイランドまで行くのが◎です!

第2位はこちらの、カラフルなビーチのサーフボードたち!ビーチにあるサーフボード置き場には、レンタル用や個人所有のものがずらりと並んでいます。色合いやアングルが好みの場所を見つけて撮影をしてみましょう!海や南国らしい植物やロコサーファーたちの姿が入るとより◎。

第3位は名物のカタマランボートを入れたショット。ビーチに停まっている真っ黄色なカタマランボートはひときわ目を引く存在です。海のブルー、ビーチの白、ボートの黄色を、お気に入りのアングルで撮ってみましょう!

サーフィンの神様を撮るなら午前中が◎

サーフィンの神様として愛されているデューク・カハナモクの像は、見た目もとってもハワイアン!逆光にならないように、午前中に撮影に行くのが正解です。午後になると、顔が影になり、真っ黒になってしまうこともあるので要注意!ちなみに、デュークの誕生月の8月にはイベントも開催されます。

早朝トレッキングでワイキキを一望する写真を

ワイキキのシンボルであるダイヤモンドヘッド山頂からの景色は、息をのむほどの絶景!ホテルにピックアップに来てくれる早朝出発のツアーに参加すれば、幻想的な日の出の撮影も楽チンにできちゃいます。片道40~50分ほどで、歩道が整備されている道を進み、コース全体もそれほどハードではないので、比較的気軽に楽しめます。帽子にタオル、ボトルウォーターを携帯して、運動しやすい服とスニーカーでGO! 個人で行く場合も、空気がきれいな午前中がおすすめです。

トレッキングツアーでは、しばらく山道を進み、急勾配な180段ほどの階段を上りきると、次は約50mの薄暗いトンネルの中へ進みます。最後に再び階段を上りきると絶景が広がる頂上に到着できます!朝焼けに染まるオアフ島の美しさは、ぜひ生で見てみてください。

■ダイヤモンドヘッド
営業時間:6~18時(登山開始は16時30分まで)
休み:なし
料金:入山料$1(車利用の場合、駐車場は1台につき$5)

図書購入はこちら!
https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-201907159872-000/
掲載した情報をはじめ、ハワイについてもっと知りたい方は、『ハワイ 旅する得ネタリスト』をご覧ください。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『ハワイ 旅する得ネタリスト』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください