素敵な本との出会いを求めて。雨の代官山【くらたまみのお散歩がてらvol.2】

素敵な本との出会いを求めて。雨の代官山【くらたまみのお散歩がてらvol.2】

東京都 ライフスタイル 書店 代官山のカフェ 散歩 イラストレーター
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

わたくし、くらたまみとお散歩しながらおはなしする企画。第二回目は、代官山にやって参りました。代官山は見渡す限り、なぜかペットを連れたお洒落な人がたくさん歩いています。子どもまでお洒落です。美容院はどこに行ってるんですか?服とかどこで買ってるんですか?と聞きたくなりますね。そんなことを思いながら、テラス席のあるカフェで、昼からギネスビールやスプリッツァー(カンパリオレンジのソーダ割り)を一人飲んでいる人がわたしです。お洒落は好きなんですけど、それ以上に、本と映画とお酒が好きなんです(笑)。今日は、代官山にある大好きな蔦屋書店に向かいます。「本に救われたこと」を振り返りながら、お散歩していこうかなぁ。

Summary

本との出会い、言葉との出会い

とにかく本が大好きなわたし。小さい頃は、絵本しか読めないような子どもでした。本格的に本が好き、「言葉が好き」になったのは24歳の頃。いろんな事情でOLを辞めようと決意した時期でした。たくさんのものを失って、すごく後悔した時期で。自分がいかに「自分のことしか考えていない」人間だと言うことに気づかされた時期でした。反省はしても後悔をなるべく減らす人生にしたい。どうしたら心から変われるのかな。と思った時に、「人の気持ちを汲み取ること、伝える言葉を知ろう」と沢山の本を読み出しました。

本は、孤独な人に寄り添う、かけがえのない友人のようなものです。「そうだよね」と肯定してくれるのも、「それは違うよ」と優しく叱ってくれるのも、人生を何度でも軌道修正させてくれる”誰かの言葉”。それが本の魅力です。1分で読める本を、1分で書ける人はいません。本は、誰かに伝えよう、誰かを救おうと自分の人生や魂を削って、必死に書かれたもの。この世の中にある本すべて、一冊一冊が大切なラブレターのようなものです。

本を読む人生と読まない人生では全然違うと思います。自分が放つ言葉も、受け取る言葉も、自分で学んだ言葉以外ってちゃんと聞こえないんですよ。大人になる度に言葉ってどんどん大切なものになっていくんです。赤ちゃんや犬や猫みたいに黙っていても愛されるわけじゃないし、術を知らないといけない。年を取るにつれて、守られる側から守る側に変わっていく機会が増えます。その中で、「伝え方」「受け取り方」という2点は人生を大きく変えていきます。「相手の気持ちを考える」「想像力」に直結してくるものだと思うんです。

そして、本をたくさん読んでいて気づいたのが、昔の偉人たちは共通して「お散歩が好き、お散歩が息抜き」だということでした。
それを真似してみよう!と思ったのがお散歩好きになったきっかけ。行き詰まっているときも、雨でも、思い立ったときに、音楽を聴きながら歩く。次々と発想が浮かんでくるときや、どうしようもなく虚しかったりする日もあるけど、自分の心を素直に聞ける時間で、かなしいんだな、おこってるんだな、と受け止めると楽になることがあったりします。

…と、落ち着いた真面目なことを書いていますが、たまには「全部いやだー!!!」と取り乱し、ウイスキーをロックで飲み続けたりもしているので、心身共に健康な人間には程遠いのでした…笑

さて、お散歩していると、ふと綺麗なお花が咲いていました。「しあわせは気づいた数だけ訪れる」。そんなことを景色の中から感じとれる人生でありたいな。
そんなこんな言ってる間に「代官山 蔦屋書店」が目の前に…!

「代官山 蔦屋書店」の絵本コーナーがとても好き

皆さんご存じ、「代官山 蔦屋書店」。コンシェルジュと呼ばれるプロが、本選びはもちろん、売り場づくりやイベントまでをデザインしています。人文・文学、アート、建築・デザイン、クルマ、料理、旅行という6つのテーマからなる1階は、もともと「50歳以上の大人が本当に必要とするもの」を求めに来る場所として作ったという、この書店ならではのセレクトですよね。

わたしが大好きなのは、1号館2階にある絵本コーナー。ここに住みたい…
珍しい海外の絵本や、小さい頃によく読んだ童話など、今も語り継がれるような絵本が多く置かれています。蔦屋書店の方にお話を伺うと「意識して」そうされているのだそう。おじいさんおばあさんからその孫まで、3世代に読まれる名作を、古いもの、新しいものが共存する世界観の中に置いています。昔読んだ絵本や童話を「大人になった自分」がどう感じるのか、物語って、その時その時の心によって、全然ちがう色をしているんですよね。

「今日はどれを読もうかな?」手に取る本に「読んであげたい相手」を思い浮かべたりします。
「代官山 蔦屋書店」のこだわりでもある、家のような居心地の中での本選びは、心がとっても落ち着き、時間を忘れて過ごしてしまいます。

「絵になるなぁ…」と言ってもらっていいですかね(笑)。
こんなにぎっしり本が並ぶ光景は、本好きのわたしにとっては天国です。

蔦屋書店のコンシェルジュさんのオススメ、「世界を変えた100人の女の子物語」。すっごく面白かった!
実際の話って何よりすごく勇気をもらうし、行動力の源になる。「自分にもできるかもしれない。」そう思うことから。「できない、やらない」じゃなくて「できる、やる」へ。それだけで世界は変わっていくような気がしますね。

3号館2階には、音楽のスペースもあります。レコードやCDだけではなく、アーティストさんが書いた書籍やグッズが置かれていて目を惹きます。絵や言葉は"努力"と言われる部分があるのですが、音楽は"才能"に尽きると言われていて、ある意味わたしは一番興味深い分野です。

ゆっくり過ごすなら、2号館2階にあるラウンジ「Anjin」もおすすめ。上質なイスやテーブルがとってもお洒落で、背景のアートも素敵で、落ち着く空間です。読んでいるのは、「世界で最も美しい書店」という本。もちろん、「代官山 蔦屋書店」も日本で唯一選ばれています。大好きな本を手に、おいしくて可愛いドリンクを一杯。最高!

*おまけ*わたしの愛する私物。

尊敬する人にもらったスリランカのお土産。ライオンとゾウのデザインです。とっても愛らしくて、カラフルで、見ているだけで元気になるし、化粧ポーチや、ちょっとした小物入れとして毎日持ち歩いています。カバンや服は割とシンプルで、柄物とかはほとんど着ないし持っていないんだけど、持ち歩くものとか小物は、派手なものがいいな。

次回もみてね!!

■代官山 蔦屋書店(だいかんやま つたやしょてん)
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
TEL:03-3770-2525
営業時間:1階:7時~翌2時、2階:9時~翌2時、Anjin:11時~翌2時
定休日:なし

Text:くらたまみ
Photo:中田浩資
ヘアメイク:アオタマユミ
スタイリスト:遊井美紀

  • 【プロフィール】
  • くらたまみ(イラストレーター・タレント)

    2018年、Amazonプライム「バチェラー・ジャパン シーズン2」出演。
    2019年、ゲッターズ飯田著「開運レッスンIII」 の表紙・中共にイラストを担当。また同年、自身の絵の個展「素直展」を開催。その他、イラスト・執筆・芸能で活動中。
    リトルトウキョウプロダクション所属(http://littletokyo.jp)
  • <最新情報>
    2020年10月〜11月
    タクフェス第8弾「くちづけ」
  • 埼玉(プレビュー)、愛知、東京、大阪にて出演決定!
    詳細は、http://takufes.jp/kuchiduke2020/


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください