• るるぶ&more.
  • 遺跡から象乗りまで!タイの世界遺産都市”アユタヤ”でできる3つのこと
遺跡から象乗りまで!タイの世界遺産都市”アユタヤ”でできる3つのこと

遺跡から象乗りまで!タイの世界遺産都市”アユタヤ”でできる3つのこと

タイ王国 おでかけ 世界遺産 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

タイの世界遺産都市アユタヤには、遺跡へと姿を変えた壮麗な寺院や仏像たちがたくさん!1350年から約400年の間繁栄したアユタヤ王朝の栄華と、隣国から何度も侵略を受けてきた歴史を同時に感じられるこの都市には、世界じゅうから観光客が集まります。そんなアユタヤでできることを3つ、おすすめのスポットとともにご紹介いたします!バンコクから日帰りもできるので、タイ旅行の際にはぜひ訪れてみてくださいね。

Summary

世界遺産の遺跡をめぐれる!

アユタヤには街の至る所に遺跡が点在しており、歴史ある雰囲気は情緒たっぷり!アユタヤを代表する遺跡のなかでも、見ごたえ満点のワット・チャイ・ワッタナーラームは必訪です!アユタヤのなかでもきわ立って華麗だったと伝わる寺院で、修復作業も進んでおり、当時に近い姿を目にすることができる、数少ない遺跡のひとつでもあります。

■ワット・チャイ・ワッタナーラーム
営業時間:8~18時(ライトアップ19~21時)
休み:なし
入場料:B50

高さ5m、全長28mもの巨大な涅槃仏が有名なこちらの遺跡も必見!この姿は入滅した際の仏陀を模しているという説もあります。また、涅槃仏の背後には、かつて存在していた寺院が遺跡となって残っているので、姿がすべて見えるよう、少し離れたところから拝んでみましょう。

■ワット・ロカヤ・スター
営業時間:24時間(ライトアップなし)
休み:なし
料金:寄付(心付け程度)

ワット・プラ・マハタートは14世紀を代表する仏教寺院の遺跡で、今では壊された仏塔や壁が残されるのみとなっています。なかでも神秘的な一番のみどころは、侵攻の際に切り落とされた仏像の頭が、自然に木に覆われたもの。記念撮影は、自分の頭が仏像の頭より高い位置にならないよう注意しましょう。神聖な信仰の場でもあるため、マナー違反に気をつけて。

■ワット・プラ・マハタート
営業時間:8~18時(ライトアップ19~21時)
休み:なし
料金:B50

タイの王様気分で象乗りが体験できる!

タイに行くならば叶えたい夢のひとつが、象の背中に揺られてのお散歩!アユタヤでは、歴史ある遺跡たちを眺めながら、かつての王様気分を味わいつつエレファント・ライドが楽しめます!

象に乗りながら遺跡を鑑賞した後は、象をモチーフにしたグッズが数多く並ぶおみやげショップをチェックしましょう。

■アユタヤ・エレファント・パレス&ロイヤル・クラール
営業時間:9~17時
休み:なし
料金:ワット・プラ・シー・サンペット往復…1人B400(20分)/王宮跡往復…1人B500
(30分)

ご当地グルメを堪能できる!

独自の食文化が楽しめるのもアユタヤの魅力です。写真は、「バーン・マイ・リム・ナム」 の川エビのグリル(1匹B500~)。

豊富な水資源に恵まれたアユタヤが誇る名産品が川エビ。ふんわりとした身とともに、ミソも上品で繊細な味わいです。他にも、水上マーケットやご当地スイーツのお店など、さまざまなグルメスポットがあるので要チェックです!

■バーン・マイ・リム・ナム
住所:43/1 Uuthong Pratoochai, Ayutthaya
TEL:086-135-1171
営業時間:10時30分~21時30分
休み:なし

図書購入はこちら!
https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-202001146036-000/
掲載した情報をはじめ、タイについてもっと知りたい方は、『るるぶタイ’21』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『るるぶタイ’21』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください