• るるぶ&more.
  • 【パリ】老舗も個性派も◎ 本場の実力派ビストロ5選
【パリ】老舗も個性派も◎ 本場の実力派ビストロ5選

【パリ】老舗も個性派も◎ 本場の実力派ビストロ5選

フランス共和国 食・グルメ フレンチ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

世界屈指の美食の街、パリ。そんなパリの食通たちをも唸らせる評判のビストロ5つを厳選してご紹介します!パリのビストロとは、装いも豪華な高級レストランに対し、町の食堂的なイメージ。どこかレトロさを感じる気軽な雰囲気の店が多いですが、セレブや食通も足しげく通うお店や、有名シェフの名店、地元のパリっ子が集う人気店などが揃います。美食都市パリで、現地のグルメたちも認める本場の味を堪能してみましょう!

Summary

パリを感じるセレブ御用達のアドレス/ル・ヴォルテール

昼夜共通のアラカルトとして、前菜に卵とマヨネーズの前菜「ジェームス」(€10.90)、メインに「ひな鳥のロースト エストラゴン風味野菜添え」(€44)、デザートに「チョコレートムース」(€19.50)が楽しめます。

シックな雰囲気のレストランと、朝から夕方まで営業のビストロからなる1939年創業の老舗。古きよき時代を感じさせるレトロな店構えと料理がセレブに評判で、故シラク元大統領、マドンナなども常連客だそう!

■ル・ヴォルテール
住所:27 Quai Voltaire 7e
TEL:01 42 61 17 49
営業時間:12時~14時30分、19時30分~22時30分(ビストロは12~17時 ※L. O. 14時)
休み:日・月曜

食のプロたちが通う大御所ビストロ/ビストロ・ポール・ベール

星付き店のシェフやレストランジャーナリストなども常連さんというこちらのビストロ。内装も料理も昔ながらのよさを残していて、どの皿もボリュームたっぷりです。

夜のコース(€41)の内容は、燻製ニシンのフィレ いくらのクリームソース(前菜)、牛肉のフィレ、ポテトフライ添え(メイン)、ラズベリーのマカロン(デザート)。良質な素材使いと味に定評があります。

■ビストロ・ポール・ベール
住所:18 Rue Paul Bert 11e
TEL:01 43 72 24 01
営業時間:12~14時、19時30分~23時
休み:日・月曜

予約殺到の名ビストロがデザインホテルに出店/ラ・レガラード・コンセルヴァトワール

ビストロブームの草分け的存在、14区にある「ラ・レガラード」の3号店。シンプルな伝統料理をベースに展開するお料理は味付けが軽く、どれも絶品です!

昼夜共通のプリフィクスメニュー(€41)として、前菜に「イカ墨のクリームリゾットとエビのロースト ニンニクとエスプレット村の唐辛子風味クリームチーズの泡ソース」、メインに「カリっと焼いた豚の胸肉 トマトとモッツァレラ、バジルのグラタン添え」、デザートに「ブルーベリーと木苺、メレンゲのパヴロヴァ」が楽しめます。

デザインホテル内に出店しているこの店舗は、モダンな内装も素敵なポイントです。夜遅くまでオープンしているから観劇後の食事にもおすすめ!予約をしておくのがベターです!

■ラ・レガラード・コンセルヴァトワール
住所: Hôtel de Nell, 7-9 Rue du Conservatoire 9e
TEL:01 44 83 83 60
営業時間:12時~14時30分、19時~22 時30分
休み:なし

名店で修業したシェフの料理をリーズナブルに◎/ピルエット

こちらは、パリとNYの有名店で経験を積んだシェフの料理が楽しめるお店です。写真はメイン料理の「鶏の胸肉、大根の冷製仕立て ジロール茸添え」です。

こちらはデザートの「フロマージュ・ブランのクリームとキャラメルのアイス、弾けるムース」。前菜の「カニの身と白桃緑野菜のマヨネーズ」も絶品です!

コンセプトは「新鮮な食材と高い技術をもって、美食料理をリーズナブルに」ということもあり、ランチは前菜+メインで€22とお手頃価格です。カジュアルモダンな内装でくつろぎながらいただきましょう。

■ピルエット
住所:5 Rue Mondétour 1er
TEL:01 40 26 47 81
営業時間:12~14時、19時30分~22時
休み:日曜、夏期に3週間

並んでも食べるべし!ビストロノミーの絶品料理/ル・コントワール・デュ・ルレ

ホテル・クリヨンの総料理長を務めた有名シェフが腕を振るう人気店。写真のメイン料理「タコのロティとクロゼ(そば粉のパスタ)」(€20)の、見た目も美しいイチオシメニューです。

昼夜共通のアラカルトには、前菜の「ブルターニュのカニとカリフラワーのピュレ ライム風味」(€16)や、デザートの「ヴァシュラン 生クリームとイチゴのメルバ風」(€9)などがあります。

昼は行列のできるブラッスリー、夜は予約が難しい高級ビストロと、昼と夜でスタイルが異なり、違った雰囲気を楽しめます。フランス産ワインの種類も豊富です。平日夜のみ要予約なのでご注意ください!

■ル・コントワール・デュ・ルレ
住所:9 Carrefour de l'Odéon 6e
TEL:01 44 27 07 97
営業時間:12~18時、20時30分~22時30分(要予約)、 土・日曜は12~23時(7・8月、ほか祝祭日を含む長期休暇期間は毎日12~23 時)
休み:なし

図書購入はこちら!
https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-201910762120-000/

掲載した情報をはじめ、パリについてもっと知りたい方は、『せかたびパリ』をご覧ください。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『せかたびパリ』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください