【パリ】名所たっぷりのオペラ・ガルニエ~ルーブル美術館を観光&おさんぽ◎

【パリ】名所たっぷりのオペラ・ガルニエ~ルーブル美術館を観光&おさんぽ◎

おでかけ 食・グルメ ショッピング るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

パリ20区の中心、1区はかつて国王の宮殿があり、その宮殿を利用したルーヴル美術館に、オペラ・ガルニエや老舗デパート、高級食材店などが集まっていて魅力満載!パリ旅行の街歩きにはぴったりです◎。おすすめの歩き方は、オペラ・ガルニエを見学後、マドレーヌ寺院と周辺のショップへ向かいサントノレ通りでウインドーショッピング、最後はパッサージュへ、というコースです。そんなお散歩で立ち寄りたいイチオシ8スポットをご紹介します!

Summary

バルカン半島のオリエンタルな料理の数々/イブリック

東欧からギリシア、中東にかかるバルカン半島をコンセプトにしたデリカフェは日本ではなかなか味わえない雰囲気です。写真のメニューはスパイス入りトマトソースに卵を落とした中東料理Shakshuka(シャクシュカ)(€14)。

こちらはギリシア製のマシーンで入れた特製コーヒー・イブリック(€5.5)。オリーブとスパイスの香り漂うオリエンタルな地中海料理とトルココーヒーで、異国気分に浸りましょう。

■イブリック
住所:43 Rue Laffitte 9e
交通:Le Peletier駅から徒歩2分
TEL:01 73 71 84 60
営業時間:10時30分~16時30分(土曜は11時30分~17時30分)
休み:日曜

庭園を眺める美しい回廊を歩こう/パレ・ロワイヤル

こちらは宰相リシュリューが建て、没後に王家へ寄贈した回廊。ルイ14世が幼少時代を過ごしパレ・ロワイヤル(王宮)と命名したそうです。その後オルレアン公が住み、庭園の周囲に回廊を建設して商店を誘致しました。

季節の花が咲く庭園はフランス革命が起こった歴史的な場所でもあり、庭園を囲む回廊には現在はアートギャラリーなどの店舗が入っています。ぜひぶらぶらしてみてください。

■パレ・ロワイヤル
住所:8 Rue Montpensier 1er
TEL:なし
営業時間:8時~20時30分(4~9月は~22時30分)
休み:なし
料金:無料

人気エピスリーが新店をオープン/メゾン・プリソン・サントノレ

小規模生産者も積極的に扱うフランス食材の宝庫「メゾン・プリソン・サントノレ」。マレ地区の1号店に続き、2018年にさらに拡張した2号店を開店したばかりなんです。食材や調味料の物販のほかカフェやレストランも併設しています。テラス席でゆっくりするのも、デリを買ってチュイルリー公園でピクニックをするのもおすすめです!

■メゾン・プリソン・サントノレ
住所:35 Pl. du Marché Saint-Honoré 1er
TEL:01 40 24 01 43
営業時間:9~17時(木~土曜は~22時30分)
休み:月曜

古代ギリシア神殿のような寺院/マドレーヌ寺院

こちらは1842年完成の高さ30m、円柱52本を配した壮大なキリスト教の「マドレーヌ寺院」。正面を飾るルメール作の『最後の審判』の彫刻やコリント様式の円柱など、キリスト寺院には珍しい造りとなっています。お散歩途中にパリの歴史を感じてみてください。

■マドレーヌ寺院
住所:Pl.Madelaine 8e
TEL:01 44 51 69 00
営業時間:9時30分~19時(ミサの時間は見学不可)
休み:なし
料金:無料

素材にこだわるベトナム食堂/ハノイ・コーナー

ベトナム出身の若いオーナー夫妻が現地のレシピを忠実に再現してくれるお店。上質食材を使ったメニューは価格もお手頃で、正午前から行列ができるほどの人気ぶりです。

写真左:パリNo.1バイン・ミー(ベトナムサンド)に選ばれた豚ひき肉入りサンドイッチ€7、右ボリューム満点の牛肉のボブン€93

挽きたて豆でいれるベトナムコーヒーもぜひ楽しんでみてください!こちらはベトナム産の豆を自家焙煎した特製コーヒー(€3)です。

■ハノイ・コーナー
住所:7 Rue Blanche 9e
TEL:06 19 26 47 95
営業時間:10~16時(土曜は11~18時)
休み:日曜

ロシアとフランスが優雅に融合/カフェ・プーシキン

こちらはマドレーヌ広場に位置する、モスクワで誕生したサロン・ド・テの新しい旗艦店。写真は朝食セットのエクスプレス(€9.5)です。うっとりするほど豪奢な店内でいただきましょう。

ロシアの王宮のような壮麗な空間で、珠玉のスイーツを味わえちゃいます!ボルシチやピロシキなど食事メニューも充実しているので、朝食以外にもおすすめですよ。

こちらはロシアの人形をイメージしたケーキ、「マトリョーシカ(€10)」。見た目のかわいさもうれしいです!フレーバーは季節ごとに変わるので、初のパリでもリピーターさんでもおすすめのお店。

■カフェ・プーシキン
住所:16 Pl. de Madelaine 8e
TEL:01 53 43 81 60
営業時間:8時30分~22時30分(日曜は10時~)
休み:なし

パリジェンヌが作るデザイン雑貨/ツェツェ・アソシエ

アイディアいっぱいの花瓶や照明、カラフルなグッズを生み出す女性ユニットのショップです。パリジェンヌのアパートのようなディスプレイは、インテリアの参考にもなります。写真のアイテムはカラフルな掛け時計(€79)。一気にお部屋がかわいくなりそうです◎。

ツェツェのコレクションが描かれたプチスカーフ(€39)はパリらしさ満点!アーティストのオブジェなども飾られている店内もチェックしてみてください。

■ツェツェ・アソシエ
住所:7 Rue Saint-Roch 1er
TEL:01 42 61 90 26
営業時間: 11~14時、14時30分~19時
休み:日曜

パリ最古の歴史的なアーケード/パッサージュ・デ・パノラマ

1799年から始まった雰囲気たっぷりのパッサージュは、日本でいう商店街です。古切手や版画などを扱う専門店が軒を連ね、細い路地の両側にショップが並ぶ様子は当時の面影のままだそうです。

思わず入ってみたくなるクラシカルなエントランスはつい写真を撮りたくなっちゃいます。アンティーク関連のショップとレストランが多く並んでいるので、のんぴり散策してみてください。

■パッサージュ・デ・パノラマ
住所:11 Bd. Montmartre 2e
TEL:店舗により異なる
営業時間:店舗により異なる
休み:店舗により異なる

掲載した情報をはじめ、パリについてもっと知りたい方は、『パリ完全版』をご覧ください。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『パリ完全版』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください