【パリ】芸術家に愛された丘の街『モンマルトル』の歩き方

【パリ】芸術家に愛された丘の街『モンマルトル』の歩き方

おでかけ 食・グルメ ショッピング るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

パリの北側、小高い丘に広がるモンマルトルは、ピカソやユトリロなど多くの芸術家たちが暮らした街です。せっかくのパリ旅行、古きよきのどかな風景が残る石畳の小径をパリジェンヌ気分で散策してみませんか?今回は、そんな散策におすすめのスポット7つをご紹介いたします。石畳の坂が多いエリアなので、歩きやすい靴がおすすめです。観光用の周回バスを利用するのも◎!

Summary

映画のロケ地として一躍有名に/カフェ・デ・ドゥー・ムーラン

この写真を見て気づいた方もいるのではないでしょうか?こちらは2001年公開の大ヒット映画『アメリ』で主人公が働いていたカフェなんです。たばこ売り場はないものの、内装は映画とほぼ同じ。店内には映画『アメリ』のポスターが飾られています。

劇中にも登場するアメリの好物クレーム・ブリュレは€9.90です。映画の主人公気分でカフェタイムを楽しみましょう!

■カフェ・デ・ドゥー・ムーラン
住所:15 Rue Lepic 18e
TEL:01 42 54 90 50
営業時間:7時30分~翌2時(土・日曜は8時~)
休み:なし

ゴッホゆかりの場所を訪れよう/ゴッホの家

ルピック通り54番地は、ゴッホが弟テオを頼りオランダからやってきて、1886年から2年間共同生活を送ったアパルトマンとして有名な場所。建物にはその証となるプレートが飾られています。ブルーの扉とプレートを探してみてください!

■ゴッホの家
住所:54 Rue Lepic 18e

オーナーのセレクトにセンスが光る/スプリー

ロベルタとブルーノのクリエイティブなカップルによる、おしゃれなギャラリー・ブティック。モノトーンなスポーティー&シックの服が評判です。

「アンティパスト」のソックス(各€35)は、日本ではなかなか見ないかわいらしくてヨーロピアンなデザインです。

刺繍が施された「カルヴェン」のスウェット(€170)はとっておきの自分みやげにぴったり◎!洋服やアクセサリー、バッグのほかに、家具も扱っているんです。

■スプリー
住所:16 Rue la Vieuville 18e
TEL:01 42 23 41 40
営業時間:11時~19時30分(日・月曜は15~19時)
休み:なし

ピンク色のロマンチックな建物/ラ・メゾン・ローズ

「バラ色の家」という名のカフェレストランは、かつてユトリロが描いた家としても有名です。晴れた日にはテラス席で、カフェオレ(€5)やデザート(€7~9)を楽しみましょう。ピンクとグリーンの外観は撮影スポットとしても人気です。

■ラ・メゾン・ローズ
住所:2 Rue del'Abreuvoir 18e
TEL:01 42 64 49 62
営業時間:11時~23時30分(月・木曜は12時~、水曜は18時30分~)
休み:火曜、水曜の昼

こぢんまりとした静かな教会/サン・ピエール教会

サクレ・クール寺院の隣に立つ、12世紀建造のモンマルトル女子大修道院の一部です。1923年に歴史的建造物に指定されています。ローマ時代の神殿があった場所で、当時まま残っている大理石の柱も要チェック!パリで最も美しい教会のひとつとして知られています。

■サン・ピエール教会
住所:2 Rue du Mont Cenis 18e
TEL:01 46 06 57 63
営業時間:9~18時
休み:なし
料金:無料

17世紀に活躍した画家のアトリエ/モンマルトル博物館

画家ユトリロの母が借りていた住宅を改装した博物館で、ルノワールの絵画や昔のキャバレーのポスターなど、モンマルトルにまつわる作品を展示しています。ルノワールやデュフィもここに暮らしたそうです。

■モンマルトル博物館
住所:12 Rue Cortot 18e
TEL:01 49 25 89 39
営業時間:10~19時(10~3月は~18時)
休み:なし
料金:€12

画家たちが一堂に会する名物広場/テルトル広場

19世紀半ばまでは静かなモンマルトル村の中心でしたが、現在は小さな広場の中心で画家たちが自らの作品や似顔絵を描いて売る、古きよき雰囲気を感じられる場所のひとつとなっています。

風景画や静物画など多彩な絵画がたくさん並んでいます。エッフェル塔などパリらしいモチーフのものもあります。似顔絵を描いてもらう場合は値段交渉をしましょう。

■テルトル広場
住所:Pl. du Tertre 18e

掲載した情報をはじめ、パリについてもっと知りたい方は、『パリ完全版』をご覧ください。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『パリ完全版』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください