イクラに牡蠣、海の幸は道内屈指!?るるぶキッチンASAKUSA エキミセで釧路町を丸ごと味わおう

イクラに牡蠣、海の幸は道内屈指!?るるぶキッチンASAKUSA エキミセで釧路町を丸ごと味わおう

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
海鮮料理 創作料理 北海道 バル 居酒屋 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

全国各地の「見る・食べる・遊ぶ」をガイドする『るるぶ』編集者が見つけた“おいしい”を味わえる『るるぶキッチン』。 9/1から「るるぶキッチンASAKUSA エキミセ」では、「北海道釧路町特集」としてフェアをスタート。釧路町は、北海道の東部に位置し古くから漁場として栄える、海の幸に恵まれた場所。同フェアでは、ふるさと納税の返礼品となる新鮮な海産物を通して、釧路町の食の魅力発信をしていきます。期間中は、ここでしか体験できないオリジナリティあふれる3品をご用意しています。

Summary

イクラのぷちぷち食感がたまらない!見た目も華やかなひと皿はスターターとして

北海道産のじゃがいもを使ったポテトサラダをキュウリで巻き上げ、北海道産のイクラをたっぷりとトッピングした「たっぷりイクラのぐるぐるポテトサラダ」600円。ホクホクしたじゃがいもと、弾けるようなイクラの食感。実は魚卵とじゃがいもはバツグンの組み合わせ。前菜としてもおつまみとしてもぴったりです。

釧路町名物の仙鳳趾産牡蠣を贅沢にサンド。絶品のアボカドソースでペロっといけそう

「仙鳳趾産牡蠣とアボカドの甘辛ライスバーガー」750円には、仙鳳趾(せんぽうし)の海流が育んだぷりっと身が引き締まった牡蠣を挟みました。ソースには森のバターであるアボカドを使用。海のミルクである牡蠣のうまみと相性もばっちりで、濃厚な味わいに仕上がっています。焼きおにぎりのような香ばしいライスバンズは食べ応えもたっぷり。

名産の昆布をマフィンにしました!ここでしか味わえないとっておきスイーツ

日本の昆布の約90%が生産されているという名産地、昆布森(こんぶもり)。そんな高品質な昆布を使ったユニークなスイーツが「昆布森産昆布のふんわりマフィン ~ちょこんぶを添えて~」550円。ほのかに昆布が香るマフィンは甘いものが苦手な方にも試してほしい一品です。昆布入り生チョコレートを付けながらいただきましょう。昆布の魅力を再発見できるかもしれません。

どれにしようか迷って決められないという方には、釧路の魅力をセットで楽しめる「3種セット」1650円がおすすめ。それぞれ単品で注文するより250円お得となっています。ぜひこの機会に、釧路町を丸ごと食べつくしに行ってみませんか。


【実施店舗】

■editor's fav「るるぶキッチンASAKUSAエキミセ」
・開催期間:2020年9月1日(火)~30日(水)
・住所:東京都台東区花川戸1-4-1 EKIMISE7階 
・電話:03-6231-7742
・営業時間:11~22時(21時30分LO)
・定休日:レストラン街に準じる
・アクセス:東武スカイツリーライン浅草駅直結、地下鉄銀座線浅草駅7番出口より徒歩1分、都営浅草線浅草駅A5番出口より徒歩3分

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。

Sponsored:釧路町

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

エディターズ紹介バナー

人気ランキング

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください