天空体験でリフレッシュ!新オープン「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」宿泊レポ!

天空体験でリフレッシュ!新オープン「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」宿泊レポ!

東京都 おでかけ 宿泊 ホテル 女子旅 絶景ホテル
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

思うように旅に行けない日々が続いていますが、こんなときだからこそ、都内の素敵なホテルに泊まってリフレッシュしてみるのはいかが? 2020年8月10日にオープンした「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」は、部屋やロビーの窓から東京ベイサイドや都心の摩天楼をパノラマビューで楽しめると話題!非日常感たっぷりの宿泊レポをお届けしちゃいます♪

Summary

銀座から10分、豊洲市場やららぽーと豊洲も近い好立地

ホテルは「ららぽーと豊洲」と直結
ホテルは「ららぽーと豊洲」と直結

「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」は銀座エリアから約10分、東京メトロ有楽町線の豊洲駅直結、リムジンバスを使えば羽田空港から20分という好立地にあります。豊洲市場や、キッザニア東京、大型商業施設ららぽーと豊洲など、観光スポットへのアクセスも抜群。豊洲に来ると驚くのが、空の高さと海の近さ。絶賛開発中の未来都市らしく、都心と比べて建物が密集していないので開放感たっぷりです!

さっそくホテルの建物に入ります。36階のホテルロビーへと続く1階エレベーター前のアプローチは、海底から天空への旅をイメージさせるデザインが自慢。否が応でもホテルへの期待感を高めてくれますね…!水中から水面を見上げた様子を、照明が表現。天井と足元に映る光と影や、ガラスの彫刻が豊洲の夜の海辺を彷彿とさせます。

地上165m!圧巻の東京ベイサイド・パノラマビュー

エレベーターで、ロビーに到着!地上165mのホテルロビーには、豊洲の天空だからこそ楽しめる、東京ベイサイドのダイナミックな風景が待っています!レインボーブリッジや、晴れた日には富士山まで見渡せる絶景です。

36階のホテルロビーからの眺望
36階のホテルロビーからの眺望

都会にいるのに、まるで空を飛んでいるような開放感。日頃たまったストレスが吹き飛んでいくような、気持ちの良い風景にうっとり…!

夕方から夜になると、徐々に周りのビル群に明かりがともり、ムードたっぷりのロマンチックな夜景を見ることができます。この時間帯のチェックインもいいかもしれません。

まるで空飛ぶ船!? 海中から天空へ誘うお部屋にお泊り

「エグゼクティブビューバスコーナーツイン」(1泊1部屋:3万5400円~)
「エグゼクティブビューバスコーナーツイン」(1泊1部屋:3万5400円~)

お部屋の多くは、東京ベイサイドのパノラマビューが望めるように設計されています。ブルーカラーの落ち着いたインテリアや、雲や水の流れを思わせる抽象画が、ホテルのコンセプトである「空に突き抜ける東京の旅」を演出していて素敵…!44.4㎡と最も広い面積の部屋「エグゼクティブビューバスコーナーツイン」からは、2面に張り巡らされた大きな窓から東京スカイツリーやゲートブリッジ、晴れた日にはディズニーランドまで見渡せるんですよ!

「デラックスビューバススコーナーキング」(1泊1部屋:2万7000円~)
「デラックスビューバススコーナーキング」(1泊1部屋:2万7000円~)

こちらのお部屋も、東京の街を見下ろすような景色が圧巻です。コロナ禍の今夏は、かなりお得に泊まれるそうなので、気になる人は料金を公式サイトなどをチェック!

「エグゼクティブビューバスコーナーキング」(1泊1部屋:3万2700円~)
「エグゼクティブビューバスコーナーキング」(1泊1部屋:3万2700円~)

もちろん部屋からの夜景も最高!水色やモノトーンが基調のインテリアが、類まれなるパノラマ夜景をより一層引き立てます。

眺望を楽しみながら入浴できる、「ビューバス」を楽しめる部屋も人気なので、ぜひぜひ狙ってみてくださいね。

「モデレートダブル」(1泊1部屋:1万1800円~)
「モデレートダブル」(1泊1部屋:1万1800円~)

リモートワークなどに集中したいなら、東京ベイサイドではなく、美しい空中庭園に癒やされる「モデレートダブル」というお部屋がオススメ。唯一ワークデスクがある部屋なので、仕事がモリモリはかどりそうです。

「スーペリアビューバスキング」((1泊1部屋:2万1700円~)
「スーペリアビューバスキング」((1泊1部屋:2万1700円~)

そして、今回宿泊させてもらったのが、最もスタンダードなお部屋「スーペリアビューバスキング」。ワイドなベッドの上に飛び乗ると、目の前はこちらのナイスビュー!大きな窓がベッドの正面にくるレイアウトは、まさにこの絶景を楽しむためのもの。泊まる部屋によっては写真のようにレインボーブリッジが正面に見えます!何時間だって見ていられる光景です…!

部屋の灯りを消し窓から撮影した豊洲の夜景がこちら。立ち並ぶ高層ビル群はまるで宝石のよう。東京で頑張る日々を、静かに祝福されているような気分になります。

各部屋のバス以外に、共有の大浴場もあります。海からの風を感じる外湯からは夜景が一望できます。営業時間は6時から9時、15時から翌1時なので、朝と夜、2回入浴してみたいですね。

女性の大浴場にはパウダールームも!ゆっくり支度できるのがうれしいなあと感じました。

モーニングは豊洲市場の食材が自慢のイタリアンレストランで!

モーニングは、ホテル内にあるイタリアンレストラン「THE PENTHOUSE with weekend terrace」にていただきます。厳選した豊洲市場の食材が、ライブキッチンで調理される活気溢れる店内に、朝からテンションMAX!窓の外にはレインボーブリッジ、テラス席からは東京タワーが。

 朝食の「洋食プレート」宿泊者は2200円、一般2400円
朝食の「洋食プレート」宿泊者は2200円、一般2400円

朝食は和食と洋食プレートから選べて、どちらもフリードリンク付き。現在は感染症対策でビュッフェではなく、個食スタイルになっています。

豊洲市場がすぐそばという立地を活かし、洋食プレートなら「白身魚とオリーブのズッパ・ディペッシェ」や「豊洲タコのハーヴソテー」、和食プレートなら「漁師風 刺身漬け お出し、梅干し、味付け海苔」や、「秋刀魚の甘露煮」「ワタリガニとしじみの味噌汁」など、新鮮な魚介類が並ぶ豪華な朝食です(※メニューは取材時のものであり、変更になる可能性があります)。

洋食のメインディッシュ「白身魚とオリーブのズッパ・ディペッシェ」は、フレッシュな酸味の効いた濃厚トマトソースが、白身魚にからみ美味しかったです!

和洋どちらにも付いている「7種の野菜と海藻サラダ」
和洋どちらにも付いている「7種の野菜と海藻サラダ」

フリードリンクの種類が豊富なのもうれしいところ。「黒酢ぶどうベリーミックスデトックスドリンク」(写真)や、「野辺山ジャージー牛乳」、「北アルプスあづみ野湧水」など、いろいろ試してみたくなる個性的なラインナップです。

「ムール貝のマリニエール」1800円
「ムール貝のマリニエール」1800円

レストランは朝食だけでなく、ランチ、ディナー、バーの利用も可能です。豊洲市場直送の野菜を使ったアンティパスト、旬の魚介を丸ごと煮込んだアクアパッツァや本格的な窯焼ピザ、手打ちパスタなどが楽しめます。

レストランの外には、常時250種類のアルコールや季節のフレッシュカクテルなどをそろえたバーがあります。とってもムード満点でドキドキ!極上の景色×おいしいドリンクで、大人な夜を過ごせそうです。

「海と空の旅」がテーマ!館内アートを探そう

「渡り鳥」(36階のロビーテラス)
「渡り鳥」(36階のロビーテラス)

「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」では、館内アートにもご注目を。館内のいたるところで、「海と空の旅」をモチーフにした個性的なアートたちと出合うことができるんです。

「旅の道具の旅」(35階エレベーターホール)
「旅の道具の旅」(35階エレベーターホール)
「上昇の兆し」(地下1階エレベーターホール)
「上昇の兆し」(地下1階エレベーターホール)

例えば35階のエレベーターホールには、豊洲の発展を支えた造船の歴史をイメージしたフロアアート「旅の道具の旅」が。地下1階と1階は「水」、上層階には「空」をイメージした作品を中心に展示されています。爽やかで癒されるテーマに、自然と心が洗われます。

エレベーターホールから絵画のように見える東京ベイサイド
エレベーターホールから絵画のように見える東京ベイサイド

都会の喧騒から地上高く離れた部屋から東京ベイサイドを見渡したり、部屋のソファに座りビール片手に摩天楼の夜景にうっとりしたり…近場の都内ホテルのはずなのに、まるで遠くへ旅にきたようなリフレッシュ感たっぷりのホテルステイとなりました。遠出ができない今だからこそ、極上の東京ステイを楽しんでみませんか?

■「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」
住所:東京都江東区豊洲2-2-1 豊洲ベイサイドクロスタワー33~36階
電話番号:03-3534-3931
チェックイン:15時~
チェックアウト:~11時

「THE PENTHOUSE with weekend terrace」
電話番号:03-6910-1820
営業時間:朝食6時30分~10時(最終入店 9時30分)、
ランチ11~15時(最終入店14時30分)、ディナー17時30分~23時(最終入店22時)、金・土・祝前日 は17時30分~23時30分(最終入店22時30分)
バー17時30分~23時(最終入店22時30分)、金・土・祝前日は17時30分~23時30分
※ディナーとバーの営業時間は現在、東京都の要請により~22時

Text:mogShore

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください