• るるぶ&more.
  • アートの街ニューヨークで見つける『パブリックアート』7選
アートの街ニューヨークで見つける『パブリックアート』7選

アートの街ニューヨークで見つける『パブリックアート』7選

アメリカ合衆国 おでかけ フォトジェニック インスタ映え アート ウォールアート(壁) るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

メトロポリタン美術館やMoMAなど、世界的にも有名な美術館が多くあるニューヨークでは、もっと日常的にアートを感じられる『パブリックアート』が街なかにたくさんあるんです。メッセージ性の強いものや象徴的なもの、カラフルなものやシンプルなものなど、個性あふれるパブリックアートを7つご紹介します。街全体がまるで美術館のようなアートの街、ニューヨークで新しくて身近なアートを楽しんでみてください。

Summary

社会に向けたメッセージを発信/ゲイ・リベレーション

同性愛者の権利運動の発端となった1969年のストーン・ウォール事件を記念する、ジョージ・シーガルによる作品です。ゲイが集まるグリニッチビレッジの象徴的存在になっています。

■ゲイ・リベレーション
住所:Sheridan Sq.


存在感抜群!数字のオブジェ/ザ・レッド・ナイン

高層ビルの谷間に真っ赤なオブジェが鮮やかなアイヴァン・チャマイエフの作品。ソロー・ビルの所在地である9 W. 57th St.の住所の数字「9」がモチーフになっています。

■ザ・レッド・ナイン
住所:9 W. 57th St.


イタズラ好きな子犬が子どもたちを元気に/スポット

ハッセンフェルト小児病院の前に設置された高さ11.5mの像。ダルメシアンが実物大のイエロー・キャブを持ち上げているのがインパクト大です!夜はライトが点灯し、雨天時はワイパーが動くなど、遊び心満載です◎。

■スポット
住所:住所:434 E.34th St.


街なかアートのアイコン的存在/ホープ

ロバート・インディアナ作。インターナショナル・ホープ・デー(国際希望デー)に合わせて2014年9月に設置されたこちらのオブジェは、見たことがある方も多いのではないでしょうか?記念撮影はマストです!

■ホープ
住所:200 W. 53rd St.


街に突如現れるマイケルの巨大壁画/マイケル・ジャクソンの壁画

建物に描かれた、巨大なマイケル・ジャクソンの壁画。レインボーカラーのダイヤモンドをコラージュして描かれていて、それぞれ幼少期と大人の姿がわかりますね。2018年8月に完成した作品ですが、最近でもたびたび話題に上る名所です。

■マイケル・ジャクソンの壁画
住所:176 1st Ave.


なんと回転も!愛称は『キューブ』/アラモ

トニー・ローゼンタールの1967年の作品。重さ約820kg、約2.50m四方の立方体の鉄鋼彫刻で、回すことができるデザインが斬新です!待ち合わせ場所としても地元でも有名なのだそう。

■アラモ
住所:Astor Pl.


足が生えたような形がユニーク!/ソウリエン

IBMビル横に堂々と現れる真っ赤なアート。モビールの発明でも知られる彫刻家アレクサンダー・カルダーの抽象彫刻で、1975年に作られたものです。

■ソウリエン
住所:590 Madison Ave.


掲載した情報をはじめ、ニューヨークについてもっと知りたい方は、『せかたびニューヨーク』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『せかたびニューヨーク』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください