当時の情景がよみがえる!「太陽の塔」の内部に広がる岡本太郎ワールド

当時の情景がよみがえる!「太陽の塔」の内部に広がる岡本太郎ワールド

おでかけ アート 建築 限定グッズ プロジェクションマッピング 行列
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

万博記念公園のシンボル、太陽の塔。その内部は岡本太郎氏が手掛けた不思議なアート空間になっているのはご存知でしょうか?2018年3月19日に復元・再生したその内部が48年ぶりに一般公開されました!

s

プロジェクションマッピングを駆使したプロローグ空間

1970年に開催された大阪万博で建造された岡本太郎の代表作「太陽の塔」。頂部と正面、背面に3つの顔を持つ特徴的な外観は、誰もが一度は目にしたことがあるはず。今回48年ぶりに内部が公開されるということで、早速行ってきました!

中心の展示スペースまでの通路には、太陽の塔の設計ラフが展示されています。岡本太郎がどんな構想を経て太陽の塔を建造したのかがよく分かります。

さらに進むと大きな「地底の太陽」がお出迎え。外観の3つの顔に続く第4の顔と呼ばれていて、万博会当時は地下に展示されていたそうですが、50年近く経った今での行方が分からないとのこと。現在展示しているのは当時の資料を元に復元されたものです。

人類誕生までの進化の軌跡を展示でたどる!

幻想的な照明と音楽に包まれた展示スペースでは、そびえ立つ生命の樹の周りを階段で登りながの鑑賞です。原生類時代、三葉虫時代、両生類時代など上に向かって時代が進んでいく展示方法になっているので、生命の進化を感じることができます。

最初に見えてくるのは、ウミユリやポリプなどの単細胞生物が展示された原生類時代。生命が誕生したと言われる約40億年前が目の前に広がっていると思うと、タイムトリップしたような不思議な感覚になりました。

アンモナイトや恐竜など、迫力満点の「いきもの」たちから生命の力強さが感じられます。音楽や照明の演出も加わり、時を忘れて魅入ってしまいます。

太陽の塔限定!おみやげをチェック

ルートの最後にあるミュージアムショップでは、マグカップやiPhoneケース、フィギュアなどの太陽の塔グッズが購入できます。内部への入館は予約が取りづらい状況ですが、ミュージアムショップは予約不要なので気軽に立ち寄ることができます。

太陽の塔マグカップ2375円、花ひらくマグカップ2915円

太陽の塔の内部は、外観からは想像できないほどどこを切り取っても不思議な異空間でした。48年ぶりに生まれ変わった太陽の塔で、独創的な岡本太郎ワールドにどっぷり浸りましょう。

text:嶋野茉実

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

●太陽の塔内部の見学は予約制です。詳しくは公式HPを参照ください。
taiyounotou-expo70.jp/

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください