• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • カリッとジューシー、無花果クレームブリュレ【kyoko_plusのレシピ&テーブルコーデvol.24】
カリッとジューシー、無花果クレームブリュレ【kyoko_plusのレシピ&テーブルコーデvol.24】

カリッとジューシー、無花果クレームブリュレ【kyoko_plusのレシピ&テーブルコーデvol.24】

&mores kyoko_plus レシピ 簡単レシピ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

朝晩めっきり冷え込むようになり、あの暑かった夏が嘘のようですね。大好きな季節の到来です!(どの季節もそれぞれ好きですが…)おいしい秋、食いしん坊の秋(笑) 今回は、見た目もフォトジェニックな無花果(イチジク)を使って、簡単クレームブリュレを作ってみました。全卵を使って、レンジで簡単に作れるカスタードクリームも必見です。

Summary

希少品種「蓬莱柿」のヒミツ

今回のメイン食材は、島根県出雲市の「多岐イチジク」。別名「蓬莱柿(ほうらいし)」とも呼ばれるこちらの無花果は、300年以上前に中国から伝わった、珍しい品種です。

産地である多岐町は温暖な気候で、無花果にとって大敵の「霜が降りる」心配がなく、ぎゅっと甘みの詰まった無花果が収穫できます。

写真の通り、ぎっしり詰まった果肉に思わず歓声!
無花果というと、うすらぼんやりした、はかない甘さが特徴ですが、こちらはしっかりと甘みが感じられる、濃い無花果でした!

【レシピ】無花果クレームブリュレ

【無花果クレームブリュレ】材料/かき氷カップ2杯分

卵…1個
グラニュー糖…大さじ2
薄力粉…大さじ1
牛乳…150ml
バニラオイル…5振りほど
バター…5g
☆ 無花果…お好きなだけ
☆ ブラウンシュガー…適量(なければグラニュー糖でも)
☆ シナモンパウダー…適量


レンジ使用可能な、耐熱性のうつわを準備します。

最後のキャラメリゼの際、バーナーを使えば簡単ですが、お持ちでなければ魚焼きグリルやトースターでも作れます。


ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、卵白のこしを切るようにしてよく混ぜます。


薄力粉をふるいながら加えて、だまが残らないようにしっかりと混ぜます。


牛乳を少しずつ加え、その都度混ぜます。
バニラオイルを入れてさらに混ぜます。

☆豆知識☆
バニラエッセンスは冷たいお菓子、バニラオイルは加熱するお菓子に向きます。


600wのレンジで2分加熱し、取り出して混ぜてから、さらに2分加熱します。
(お使いのレンジで時間は調整してください。)


バターを加えてなめらかになるまで混ぜます。


カスタードを漉します。
ちょっと面倒ですが、この工程を飛ばすと舌触りが悪くなってしまいます。


ラップでぴっちりと包んで、冷蔵庫で冷やします。
余ったクリームはパンに乗せたり、ホイップクリームと混ぜてデザートにしたりとアレンジ可能です。


無花果を半分にカットして、カスタードを乗せます。


ブラウンシュガーを振って、バーナーでキャラメリゼします。
バーナーがない場合は、焦げ目がつくまで魚焼きグリルやトースターで焼いてください。


お好みでシナモンを振って完成です!

アンニュイな秋のスタイリング

絵画のような雰囲気を演出するために、紫系を基調にして撮影してみました。

テーブルクロスはあえて皺を寄せて、陰影を出して。
丸のままの無花果と断面を見せたものを並べるのもポイントです。

表面のパリパリと、クリーミーなカスタード、ぷちぷちした無花果の食感がおもしろいこちらのスイーツ。
無花果の皮はそのまま食べても大丈夫。

キャラメリゼしたらすぐに召し上がってくださいね。

text&photo:kyoko_plus

●掲載の内容は記事制作時の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください