京都の玄関口JR京都駅で、秋冬限定の栗とお茶の“和の三層パフェ”がお出迎え!

京都の玄関口JR京都駅で、秋冬限定の栗とお茶の“和の三層パフェ”がお出迎え!

京都府 食・グルメ NEWS カフェ パフェ 和スイーツ・和菓子
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2020年10月1日(木)から、JR京都駅中央口2階にある『茶寮FUKUCHA』に、1日数量10食限定の秋の新作「宇治茶のマロンパフェ」が登場!イートインでき、手土産にもなる秋限定のお菓子も登場しています。

Summary


栗×宇治茶の透明の層で上下にわかれる美しいパフェ

JR京都駅中央口2階にある『茶寮FUKUCHA』は、京都の老舗茶舗「福寿園」がプロデュースする日本茶とお茶を使ったお菓子が楽しめるカフェ&ショップ。駅構内ですが、改札内ではないので、きっぷを買わなくても利用できます。

抹茶マロンパフェ(左)、ほうじ茶マロンパフェ(右)各1200円  販売期間:10月1日(木)~2021年1月5日(火)予定、提供時間10~18時
抹茶マロンパフェ(左)、ほうじ茶マロンパフェ(右)各1200円
販売期間:10月1日(木)~2021年1月5日(火)予定、提供時間10~18時

その『茶寮FUKUCHA』から秋限定のパフェ「抹茶マロンパフェ」と「ほうじ茶マロンパフェ」が登場。グラスの間を透明な水まんじゅうが上下を分ける美しいパフェ。どちらも、栗の素朴さを引き立てるつくりになっていて、抹茶味には白桃、ほうじ茶味にはいちじくが忍ばせてあります。ほかにもわらび餅や赤えんどう、白玉などの和菓子の素材がたっぷり入り、京菓子の秋を存分に堪能できます。1日各10食限定、かつ、年始までの期間限定商品です。

イートインも手土産にも!秋限定のお菓子

栗ほうじ茶最中350円(イートイン、テイクアウト対応)
栗ほうじ茶最中350円(イートイン、テイクアウト対応)

秋限定はパフェだけではありません。『茶寮FUKUCHA』の顔ともいえるお花の最中種に栗、こだわりの粒あん、香り豊かなほうじ茶のチョコレートクリームを合わせたあんがたっぷり詰まった「栗ほうじ茶最中」もこの秋限定。

お茶薫モンブラン600円(イートイン、テイクアウト対応)
お茶薫モンブラン600円(イートイン、テイクアウト対応)

そして、秋のお菓子の定番モンブランも『茶寮FUKUCHA』が作ればほのかにお茶の香りがする「お茶薫モンブラン」に。和栗とフランス産栗をバランスよく組み合わせたモンブランクリームに、抹茶のほのかな苦味と風味がアクセントになる『FUKUCH』ならではのパティシエ自慢のモンブランです。

抹茶甘酒しるこ700円(イートイン、テイクアウト対応)
抹茶甘酒しるこ700円(イートイン、テイクアウト対応)

肌寒い日にほっこりあたたまる甘酒しるこも秋仕様。自然な甘さの甘酒に抹茶の風味をプラスし、和のお菓子と相性の良い栗やサツマイモ、黒豆や水まんじゅうと合わせて、素朴でコクのある甘酒に仕上がっています。

少しずつ、活気が戻りつつある秋の京都。駅に到着したら、まず『茶寮FUKUCHA』の秋のおもてなしでほっこりひと息入れませんか?

■茶寮FUKUCHA(さりょう ふくちゃ)
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル中央口2階
電話:075-744-0552
営業時間:8時30分~21時(LO.20時30分)
※2020年9月23日現在、19時閉店(ラストオーダー18時30分)に短縮営業中
定休日:不定休

Text : 小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください