京都・築100年の町家カフェで楽しむ、手作りキッシュランチ!

京都・築100年の町家カフェで楽しむ、手作りキッシュランチ!

京都府 町家カフェ キッシュ ランチ タルト カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都市営地下鉄・四条駅から仏光寺を目指して徒歩5分ほど。「タルト&キッシュ」の文字が描かれた町家が「cafe marble(カフェマーブル)」です。入口のガラス戸に映るのは、鮮やかなターコイズブルーのカウンター。吹き抜けの壁一面にのびのびと彩る大きなクマと紳士の絵も楽しげに、店内は焼きたてのキッシュやタルト、コーヒーの香りに包まれています。

Summary

なつかしくてスタイリッシュ!昔ながらの町家でほっこりと

「タルト&キッシュ」と描かれたかわいいクマの看板が目印。胸をときめかせながらガラス戸を開けると、あざやかなターコイズブルーのカウンターが迎えてくれます。

築100年以上の歴史をもつ町屋をカフェに改装したのは2007年のこと。昔ながらの趣を大切に残した店内には、アンティーク調のインテリアがゆったりと配されています。

カフェをプロデュースするMarble.coのデザイナーが吹き抜けの壁一面に描いた絵のクマはお店のトレードマーク。なつかしさとスタイリッシュさがほどよくとけ合った、ちょっぴり不思議な空間です。

お店は1・2階があり、店内にはゆったりくつろげるソファが配されています。1階の一番奥にある一人用の丸いテーブルは、ガラス戸越しに小さなお庭が見える特等席。のんびり読書をするお客さんもいるそうです。まるでおばあちゃんの家に遊びに来たような感覚で、ゆるゆると肩の力が抜けていきます。

こちらはオープン10周年のリニューアルを機に、新たに登場したドリンクカウンター。ドリンクのオーダーが通ると、ここでつくってホールスタッフへ。コーヒーや自家製ジャムソーダはもちろん、ビール&おつまみもオススメです!

もともと事務所として使っていた2階フロアも、客席として開放。1階と同じテーブル席に加え、広々とした座敷は気の置けない仲間や女子会の集まりにも好評です(※予約可)。

marbleの原点!毎日食べたくなるキッシュ

季節野菜のキッシュプレート 950円(※日替わりは1000円)
季節野菜のキッシュプレート 950円(※日替わりは1000円)

これを楽しみにリピートするというファンも多い、自慢のキッシュ!サクサクの自家製パイ生地に季節野菜がゴロゴロ入った定番のほか、タンドリーチキンやスモークサーモンなどの日替わりも根強い人気です。

みずみずしいグリーンサラダ、にんじんサラダ、お豆のデリサラダ、スープが付いた「キッシュプレート」は圧巻のボリューム!「キッシュBOX」としてテイクアウトできるのもうれしいですね(BOXは870円)。

季節のフレッシュフルーツタルト 950円
季節のフレッシュフルーツタルト 950円

香ばしく焼き上げた特製のタルト生地に季節のフルーツをぜいたくに!毎日キッチンで手づくりするタルトもまた、足を運ぶ楽しみのひとつです。カスタードクリームをたっぷり使った月替わりのタルトから、根強い人気の「キウイの焼きタルト」や「ナッツのタルト」まで、あれこれ迷うのも至福のひとときですね。

入り口横、カウンターのガラスケースに並ぶタルトを見ながら、テイクアウトも1カットからOKです!

お買い物も楽しい!オリジナルグッズやテイクアウトも

手ぬぐい 900円
手ぬぐい 900円

母体がデザイン会社ということもあって、オリジナルグッズも多彩なラインナップ。かわいいピンバッジや手軽なポストカード、手ぬぐいは京都みやげにもおすすめです!

ポストカード 150円
ポストカード 150円
ふわふわのメレンゲ菓子もすべて手づくり。プチプレゼントにも人気です!
ふわふわのメレンゲ菓子もすべて手づくり。プチプレゼントにも人気です!

手づくりキッシュのランチから、フルーツたっぷりのタルトとお茶、時にはちょっと一杯だって自由自在。なつかしくてほっこりする和空間は、思い思いの過ごし方が似合う場所。京都を訪れた際にはぜひ足を運んでみて。

text:外園佳代子(ウエストプラン)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください