都心に広がる別世界!文豪が愛した老舗「山の上ホテル」でクラシカルな空間を満喫

都心に広がる別世界!文豪が愛した老舗「山の上ホテル」でクラシカルな空間を満喫

ホテル クラシックホテル 建築 レトロ クラシックなもの巡り レストラン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京都心にありながら、クラシカルな西洋建築を楽しめる「山の上ホテル」は多くの作家に愛されたホテルとしても有名です。2019年末の改修工事を経て、創業当時の姿が随所に再現されたことで改めて注目が高まっています。

Summary

創業以来多くの作家に親しまれたホテル

JR御茶ノ水駅より徒歩5分とアクセス抜群のエリアにある「山の上ホテル(やまのうえほてる)」。

創業者の吉田俊男氏の周囲に文学関係者が多かったことや、出版社の多い神保町や神田から近いことも相まって1954年の創業以来多くの作家に親しまれていきました。

川端康成、池波正太郎、松本清張など多くの文豪の常宿として知られ、「直木賞や芥川賞の受賞後、一作目を山の上ホテルで執筆するとヒットする」というジンクスも生まれたことで一層作家の集まるホテルとして有名になりました。

メールやファックスの無い時代には、たくさんの編集者がこのロビーで原稿の完成を待っていたこともあるそうです。

ロビーに置かれたライティングデスクは辞書も含めて利用できるので、訪れた際にはこの趣ある椅子にぜひ腰掛けてみてください。

館内の隅々まで行き渡った優雅なデザインは必見

改修工事を経て開業当時の姿が復元された館内。1930年代に人気を博したアール・デコ様式の特徴である直線や幾何学模様、シンメトリーのデザインが所々に取り入れられています。映画の舞台のようなクラシカルな空間は、足を踏み入れるだけで高揚感に包まれます。

ロビーから2階へ続く階段のタイルも、創業当時のデザインが再現されたもの。

階段を見下ろすと、地下一階まで続く美しい螺旋階段を一望できます。同様に、地下一階から天井を見上げるとまた違った迫力があるので上下ともに要チェックです。

荘厳なインテリアが目を引くこちらはスイートルーム、501号室の応接室。シャンデリアやソファーと共に歴史を感じる木製の家具が並ぶことで、華やかながらも居心地良い空間になっています。

全客室に置かれているライティングデスクは文芸家と縁のある「山の上ホテル」ならでは。

ベッドルームは柔らかい色で統一され、落ち着いて休める空間になっています。

ベッドサイドテーブルにある時計は、趣のあるレトロなデザインで密かに人気のポイントです。

バスアメニティーには高級スパブランドの「パンピューリ」が取り入れられ、バスタイムも優雅なひとときが続きます。

スタンダードツインには和室も用意されています。小上がり付きで足を伸ばして家のようにくつろげるため、作家の方に好評だったそうです。

他にも庭付きのスイートルームや、お一人様で楽しめるシングルルームなど多様ながらも、全35室のレイアウトが全て異なるのも山の上ホテルの特徴です。

客室だけではなくルームキーも必見。レトロな鍵と部屋番号の書かれたキーホルダーでクラシカルな気分をさらに盛り上げてくれるアイテムです。

「キーホルダー」1650円(税込)

心ときめくルームキーは、ミニチュアサイズのキーホルダーとなって「ホテルショップ ヒルトップ」にて販売されています。キーホルダー専用の箱は、原稿用紙をデザインしたペーパーで包装してもらえるので、おみやげにしても喜ばれそうです。

宿泊してなくてもOK!ホテル内のレストランで食も満喫

ホテル内にはレストラン、カフェ、バーも揃っておりホテルに滞在しながらお食事やお酒も堪能できます。宿泊していない方も利用できるので、ホテルの雰囲気を気軽に楽しむこともできます。

レストラン「てんぷらと和食 山の上(てんぷらとわしょく やまのうえ)」はホテルと同じ1957年創業で、池波正太郎のエッセイにも登場することで知られています。多くの料理人を輩出した伝統あるレストランで、旬の食材を活かした天ぷらと和食を楽しめます。

他にも中国料理・フレンチ・鉄板焼き、ワインバーと個性の異なるレストランが全部で4店舗あり、豊富な選択肢から選べるのも楽しみのひとつです。

「山の上ホテルのプリンアラモード」 1430円(税込)

軽食と喫茶「コーヒーパーラーヒルトップ」でぜひ注文したいのが「山の上ホテルのプリンアラモード」。昔ながらのプリンアラモードに白鳥のシューが添えられて、見ているだけでも幸せになれるスイーツです!

こちらはカウンター席が9席とコンパクトながらオーセンティックな雰囲気の「バーノンノン」。ホテルオリジナルカクテルをはじめ、様々なアルコールドリンクはもちろんノンアルコールドリンクも楽しめます。

宿泊してじっくりホテルの世界を満喫することも、レストランやカフェで気軽にクラシカルな雰囲気を楽しむこともできる「山の上ホテル」。日常を忘れられるほど落ち着いた優雅な時間を都心で満喫できます。

■山の上ホテル
住所:東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3293-2311(代表)
チェックイン:14時〜
チェックアウト:〜12時
料金:一泊1万9000円〜(大人一名)

■てんぷらと和食 山の上(てんぷらとわしょく やまのうえ)
TEL:03-3293-2831
営業時間:モーニング:7〜10時(当面の間ルームサービスのみ対応)
ランチ:11時30分〜15時(14時30分L.O.)
ディナー:17〜21時(20時L.O.)
定休日:無休

■コーヒーパーラーヒルトップ(こーひーぱーらーひるとっぷ)
TEL:03-3293-2834
営業時間:ランチ:11時30分〜14時(14時L.O.)
ティー:14〜17時(17時L.O.)
ディナー:17〜21時(20時L.O.)
定休日:無休

■バー ノンノン(ばー のんのん)
TEL:03-3293-2311(代表)
営業時間:17時30分〜22時(20時30分 料理のL.O.)
定休日:日、月曜(当面の間)

■ロビー&ホテルショップ(ろびーあんどほてるしょっぷ)※当面は物販のみ
TEL:03-3293-2311(代表)
営業時間:11〜19時30分
定休日:無休

Text&Photo:西山由佑子(vivace)

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●横浜「ホテルニューグランド」を徹底紹介!みなとみらいなど絶景を見渡せる客室に宿泊♬【Go To トラベル対象】
●クラシックで美しい「東京ステーションホテル」【旅ガールたじはるのホテルステイ10】
●日光のおみやげはこれでOK!パッケージがとにかくかわいい日光金谷ホテルのオリジナルギフト

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください