夢のコラボが実現!老舗バターブランドと凄腕シェフが生み出す、本格フランススイーツ

夢のコラボが実現!老舗バターブランドと凄腕シェフが生み出す、本格フランススイーツ

アートのようなスイーツ イケメン ケーキ スイーツ デザート フランス
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「Pâtisserie PAROLA」は、2020年11月1日にオープンしたばかりのスイーツ専門店。フランスの老舗バターブランド「ボルディエバター」とのコラボレーションを実現し、スイーツ好きのおしゃれ女子から注目を集めています。今回は、そんな「Pâtisserie PAROLA」を目指して、日比谷に行ってきました!

Summary

イケメンシェフが生み出す本場のフランスデザートにうっとり

「Pâtisserie PAROLA」は本格的なフランスのデザートを楽しめる専門店で、国産のフレッシュなフルーツを使いアート作品の様に美しいスイーツを生み出しています。絶品のメニューを手掛けているシェフはアレクシ・パロラさん。フランスブルターニュ地方で生まれ、パリ、ベルリン、スコットランドの一流店で腕を磨いた後、2016年に来日しました。「カッコよくて、結構お茶目なんですよ~」とスタッフさん。イケメン好きの方は要チェックです!

そんな「Pâtisserie PAROLA」は、イートイン、テイクアウトどちらのメニューも充実しています。まずイートインで提供しているのは「PAROLAのプレート・デセール・コース(ペアリングドリンク付)」3800円(税抜)。 内容は「季節のフルーツ&シャンパーニュゼリー」からスタートし、「レモンのスペシャリテ」、「季節のフルーツ&岩手県『しあわせ牧場』よりグラスフェット生クリームを使用したデセール」と続きます。

メインのデセールでは季節のパフェをご用意。後々は、ケーキの提供も考えているそうです。ちなみにペアリングドリンクはコーヒー、紅茶、花茶から選ぶことができますよ!

テイクアウトでは「カヌレ」300円(税抜)が一押し。「カヌレ」はフランスの伝統的なお菓子で、小麦粉、卵、牛乳、砂糖、ラム酒、バターを合わせた生地を焼き上げて作られます。そのおいしさの秘密は、後でじっくりお伝えします~。

さて、ここからはオススメスイーツのご紹介。今回は「レモンのスペシャリテ」と「カヌレ」をピックアップしました!

レモンとミントの風味を纏った、こだわりのスペシャリテ

「レモンのスペシャリテ」は、レモンをモチーフにした可愛いスイーツ。外側はホワイトチョコレート、中にはレモンムースと、レモン&ミントのジュレが隠れています。 メニューについて詳しく聞いたところ、「シェフのこだわりが詰まっています!」とスタッフさん。

外側のホワイトチョコレートには、カカオバターを混ぜており「チョコレートだけだと、どうしても味わいが重たくなってしまうので、カカオバターを合わせてソフトなテイストにしているんです!」と教えてくれました。

続いてレモンムースは、生クリーム、ホワイトチョコ、レモン果汁から作られており、ポイントは外と内を優しくつなげるために、少し甘めに仕上げていること。 そして、一番内側に詰まっているのがフレッシュな酸味が効いている、レモン&ミントのジュレ。「実は、レモン果汁は全て手搾りしているんです!」とスタッフさん。

時間が経つと果実の爽やかさが逃げてしまうので、毎朝手作業で作っているそうです。 手間暇をかけて作られる「レモンのスペシャリテ」は、外から内に向かっての甘酸っぱさのグラデーションが絶妙。レモンとミントの風味を纏った絶品スイーツを、ぜひ味わってください!

最高品質の食材が、洗練された大人タイムを演出

ここからは、風味が魅力の「カヌレ」をご紹介。「Pâtisserie PAROLA」のこだわりは、なんといっても老舗バターブランド「ボルディエバター」を使っていること。「ボルディエバター」は、バターが特産のブルターニュ地方のなかでも最高品質のバターとして有名で、フランスの三ツ星レストランや一流ホテルでも採用されています。

カヌレは一口食べると滑らかなコクと豊潤な香りが広がり、バターの風味が上品な大人タイムを演出。また国内で出回っているカヌレと比べて、ラム酒を多めに入れていることもポイントです。外はカリカリ、中はふわトロ、洗練された本場の味わいを、ぜひ店頭で!

「Pâtisserie PAROLA」の食材へのこだわりは、「ボルディエバター」だけではありません。岩手県しあわせ牧場で作られている「グラスフェット生クリーム」を使っていることも、特徴のひとつです。 「Pâtisserie PAROLA」ではパフェやケーキに使用しており、魅力は香りとコクと口当たり。

ミルキーな風味と濃厚なコクを合わせもっていますが、質感は想像以上に軽やかです。脂肪分47%の生クリームでも重たい印象はなく、後味はサッパリ! フレッシュなフルーツを滑らかに包み込む、自然の恵みを感じる素材です。

イケメンシェフが作る、こだわり抜かれた本場のスイーツを味わいたい方は、「Pâtisserie PAROLA」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

■Pâtisserie PAROLA
住所:東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷 OKUROJI
TEL:03-6807-5622
営業時間:12~20時
定休日:水曜

text:松本俊朔(エフェクト)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください