自転車初心者も好きになる!「星野リゾート BEB5土浦」で気軽にハマる輪泊体験!【後編】

自転車初心者も好きになる!「星野リゾート BEB5土浦」で気軽にハマる輪泊体験!【後編】

泊まる 茨城県 趣味 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

みなさん、こんにちは!るるぶ&more.編集部のかなごんです。2020年10月22日に、茨城県土浦市に「星野リゾート BEB5土浦」がオープンしました。なんでもこのホテル、テーマは自転車、合言葉は「ハマる輪泊」。日本有数のサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」の首都圏からの窓口として、自転車の街土浦を盛り上げていくために作られたホテルです。自転車は近所のスーパーに行くときにしか使わない私ですが、そんな初心者でも絶対に楽しめるということで、さっそく宿泊してきました♪

Summary


館内施設も大充実!サイクリストも初心者も共存できる空間づくり

「サイクルルーム」以外にも、とても素敵な客室が2種類用意されています。1つ目は、全34部屋あるヤグラルーム。広々としたソファでは、ゆったりくつろいでお菓子パーティができちゃいます。

ロフト部分がベッドルーム。屋根裏部屋にいるような気分に浸れて楽しい!カップルならより距離が縮まりそうですね♪

もう一つが「ダブルルーム」。ひとり旅やビジネス出張なら、こちらのお部屋もおすすめです。シンプルかつ、木のぬくもりたっぷりで癒される空間。収納スペースなどが充実していて、仕事もはかどりそうです。

また、「サイクルスペース」と呼ばれるこちらは、愛車のメンテナンスのほか、サイクリストたちの情報交換の場でもあります。自転車メンテナンスの器具も充実していて、どこまでも自転車ファーストを感じますが、そうかと思えば、珍しい器具が壁にレイアウトされている様子がSNS映え!ということで写真スポットにもなっているそう。サイクリストも自転車初心者も一緒に楽しめる空間づくりが、とても心地いいんです。

朝ごはんは「PLAYatre TSUCHIURA」で。アトレ内のショップも名店ぞろい

朝食は、ホテルの入っている「PLAYatre TSUCHIURA」内の3店舗から選べます。私は今回、おいしいパンのお店「Couronne」でいただくことにしました。

じゃーん!こちらが「Couronne」の朝食プレート。大きなクロックムッシュのほかに、ソーセージの入ったパンやミニサラダ、ドリンクもつくので、ボリュームも申し分なし!クロックムッシュはチーズがたっぷり入って、ハムとパンとの相性も最高!食べれば食べるほど食欲がわき、元気が出てくるおいしさでした。

TULLY’S COFFEEの朝食
TULLY’S COFFEEの朝食
SLOW JET COFFEE Cookieの朝食
SLOW JET COFFEE Cookieの朝食

その他にも、「PLAYatre TSUCHIURA」内にある「TULLY’S COFFEE」、「SLOW JET COFFEE Cookie」でもおいしい朝食を食べられます。メインのパンメニューがそれぞれ違うので、その日の気分に合わせて選んでみてくださいね。

「PLAYatre TSUCHIURA」は、2019年4月に全館リニューアルし、自転車をテーマにした施設に生まれ変わりました。2、3階に広がる「ステーションロビー」は、駅を利用する人が「1時間早く駅に来たくなる日本一の駅の待合室」がテーマで、カフェやレストラン、コワーキングスペースなどが入居しています。私が訪れた日も、仕事をするビジネスマンや、お一人できているおばあさんなどがカフェで一服している様子を発見。美味しいコーヒーをお供に1時間早く仕事を開始するの、いいかもなぁと感じました…!

「BOOK&TABLE」のエリアは、茨城県のおみやげが購入できる場所で、県南エリアの人気店が集結しています。例えば、茨城県かすみがうら市発祥のさつまいも専門店「蔵出し焼き芋かいつか」には、茨城みやげにしたいお芋スイーツがいっぱい!駅ナカでちゃんとその土地のおみやげを選べるのって助かりますよね。「天狼院書店」は22時まで営業している利用勝手のよい書店で、定期的にイベント等も行われています。

1階、地下1階のBIKE BASE 「りんりんスクエア土浦」は、サイクリスト向けのサービス提供するフロア。サイクリングコンシェルジュが常駐し、コースの案内はもちろん、土浦の観光スポットや街の楽しみ方などの情報も提供してくれます。地下1階の駐輪場には、レンタルバイクも30台ほど用意が。自転車を持ってきていない場合も、ここで借りられます。

そして驚いたのが、駐輪場スペースに、朝5時~翌1時まで使える男女別のシャワールームがあること!300円で利用でき、早朝や夜遅くに駅まで戻ってきたサイクリストにもとてもうれしいサービスです。

いかがでしたか?「星野リゾート BEB5土浦」は、自転車やサイクリング好きの皆さんはもちろん、私のような初心者でも「自転車と過ごす日常、いいかも」と思わずにはいられない仕掛けがいっぱいでした。24時間好きなように過ごせる「TAMARIBA」で、仲間と一晩中語り合うのもとっても魅力的。もし語りすぎて朝寝坊しても大丈夫。ルーズに過ごすというコンセプトの通り、チェックイン時間も「だいたい11時」でいいんです。さらに、宿泊者全員が29歳以下の若い世代なら、1室12000円が365日変わらない「エコひいきプラン」にも注目!週末やゴールデンウイーク、お盆でも高くならないので、思い立ったらすぐに旅に出られます。自転車愛にたっぷり浸れて、ホテルのなかだけで過ごしても非日常を感じられる「星野リゾート BEB5土浦」。みなさんぜひ行ってみてくださいね~!

■星野リゾート BEB5土浦
住所:茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦3階
TEL:0570-073-022
チェックイン:15時~
チェックアウト:~だいたい11時
料金:1泊6000円~(2名1室利用時1名あたり、税別、食事なし)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください