Go Toトラベルで沖縄へ!全室オーシャンビュー「星のや沖縄」で暮らすようにステイしてみました!

Go Toトラベルで沖縄へ!全室オーシャンビュー「星のや沖縄」で暮らすようにステイしてみました!

沖縄県 泊まる ステイ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

水色から藍色へ、美しい変化を眺めているだけで心癒される沖縄の海。読谷の海岸線に沿って立つ「星のや沖縄」では、全室でそんなオーシャンビューが広がります。かつてグスク(城)を護っていたような壁に囲まれたラグジュアリーリゾート。城壁の向こうでどんな滞在ができるのでしょうか。2回にわたってご紹介します。

Summary


過ごしやすいシーズンのビーチリゾートへ

冬でも温暖な沖縄へは、羽田からJALを利用して2時間40分。今はコロナ対策として、チェックインやセキュリティには手指消毒スプレーを設置され、ソーシャルディスタンスを保つ配慮も。搭乗前に置かれている袋は、機内で座席下に手荷物を置く際に重宝です。
マスク、手袋を着用してサービスされるドリンクをいただいて、あっと言う間の空の旅。


深海を思わせるレセプションから、オーシャンビュー客室へ!

那覇空港から車で沖縄自動車道を利用すると約60分。ほのぼのした読谷村のサトウキビ畑を過ぎると長い海岸線に沿って、昔のグスク(城)を護るような高い壁が見えてきます。この中が「星のや沖縄」。まずは、深海をイメージしたレセプションへ。

「星のや沖縄」は、自然の景観を活かした造りになっていて、ガジュマルの並木にそって1kmにわたって波打つような壁に囲まれています。門をくぐると広い敷地は、南国の緑と花に彩られ、ウッドデッキが各棟に向ってずっと続いています。

お部屋に入って、まずは大きな窓の向こうに広がる海の景色に息を呑みます。目の前をサップを楽しむ人や遠くには船が行き交い、見ていて飽きることのない美しさ。客室は、海への近さを実感できるよう2階までの低層になっていて、100室すべての部屋から絶景の海が見渡せるのです。
今回は3タイプある客室のうち、女子旅やカップルに人気の2タイプをご案内します!

客室タイプ「フゥシ」

床座リビングがあり、グループでのステイにもおすすめ。

3タイプあるどの部屋にも大きなダイニングテーブルのある「土間ダイニング」が設けられていて、簡単な調理の機能も。好きな時間にお料理を温めたり、ゆったりお茶を飲んだり、まるで海を望む別荘に来たように寛げます。

客室タイプ「ハル」

テラスリビングがあり、海をより近く感じることのできる客室。

テラスに広いソファが置かれたスペースがあるので、海風を感じながらゆっくりとおしゃべりを楽しむこともできます。ベッドは最大で4つ設定可能なので、女子旅グループにも実はおすすめなんです!また、お部屋のインテリアがとっても素敵なので、写真に撮りたくなるところばかりです。

紅型、ぶくぶく茶…沖縄文化を満喫

「星のや沖縄」では、そこそこに沖縄文化を感じるモチーフが散りばめられています。客室のベッドボードは沖縄紅型で沖縄の暮らしが描かれ、細かな絵柄の中にかわいいヤギの親子が隠れています。やんばるの山の中で迷うヤギの親子など読谷の伝説にものっとっていて、思わずヤギたちの姿を探してしまいます。そのほかにも「やちむん」「金細工(くがにぜーく)」などの工芸品がお部屋を彩ります。

「星のや沖縄」では、沖縄の集落で楽しまれているような遊びに触れることも。赤瓦の広々した「道場」では、海辺のひとときとして沖縄でふるまわれる「ぶくぶく茶」をいただいたり、島の手習いとして琉球空手の型を習ったり(有料プログラム)と、いろいろなアクティビティが開催されます。

珍しいぶくぶく茶は、古くから沖縄で親しまれた飲みもの。クリーミーな泡を立てながら、旅人に幸せな航海になるように願いをこめて振る舞われたとのこと。ありがたくおいしくいただきました。

圧巻のインフィニティプール、昼も夜も寛ぎたい

プールは海に続いていくかのようなインフィニティ。1年中、心地よく泳げる温度に保たれていて、24時間利用できます。子供が遊べる場所から大人が泳げる深さまでバリエーションがあって、水盤に椅子が配されたようなエリアやプールサイドにもソファやリクライニングチェアなどもあって1日中いても飽きません。夕暮れのサンセットから日が落ちた後のライトアップされたプールもまたロマンチック。

プールに面した「集いの館」は、常時、シークワーサージュースやさんぴん茶などのドリンクがちょっとしたスナックが置かれた寛ぎのスペース。夕刻には、琉球音楽や空手の演舞を披露する宵の座が催されます。琉球空手の美しい型と迫力ある演舞に魅せられました。


気がねなくお部屋でごちそう ギャザリングスタイルのディナー

「星のや沖縄」での夕食は、ダイニングで海の幸を楽しむシチリア島(イタリア)の料理のエッセンスを取り入れた「琉球シチリアーナ」、客室であらかじめ下ごしらえした料理を仕上げて食べる「ギャザリングサービス」などがあります。今回は眺めのいい部屋でくつろぎながら好きな時間に食事を楽しめる「ギャザリングサービス」をチョイス。まずはすぐに食べられる「旬魚のカルパッチョ タオルミーナ風」とサラダで乾杯。

2人分の和食・洋食のセットメニューやアラカルトがあって組み合わせも可能。セットを冷蔵庫に入れておいて、レンジなどで食べる直前に自分たちで仕上げます。動画での説明もあって簡単に出来るので驚き。ゲスト同志でプライベートに食事が楽しめるのが何より魅力です。

自然のままの海岸景観だからこその絶景が広がる「星のや沖縄」。サンセットを眺めながらのギャザリングサービスのディナーは楽しくてあっという間に時間が過ぎます。明日は、やちむんの里にも!後編に続きます。

■星のや沖縄
住所:沖縄県中頭郡読谷村儀間474
TEL:0570-073-066(星のや総合予約)
アクセス:那覇空港から車で約60分
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00

text:小野アムスデン道子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください