ときめきいっぱいの松江・出雲へ冬の女子旅!1泊2日でパワースポットや歴史をおしゃれに楽しもう

ときめきいっぱいの松江・出雲へ冬の女子旅!1泊2日でパワースポットや歴史をおしゃれに楽しもう

島根県 おでかけ 女子旅 着物 神社 温泉
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

山陰地方の中でも歴史スポットが多い、島根県の松江&出雲。国宝の松江城や、八百万の神々が集う出雲大社への旅は、冷たい空気が張り詰めた凛とした冬も雰囲気満点!道中には、和菓子バーや有名窯元など、女子がときめく注目スポットも充実しています。着物体験、ご利益参拝、スイーツにおしゃれアイテムも目白押しのメモリアルな冬旅をどうぞ。

For


【1日目】

伝統柄からモダンまで充実!松江城下にある着物レンタル
【松江着物レンタル 堀川小町】

10:00~ 好きな着物に着替えてフォトジェニック城下町へGO!

風情ある松江城周辺は、着物での散策がおすすめ。堀川小町から徒歩すぐの塩見縄手(しおみなわて)とよばれる通りは、松江城の内壕に沿って、ギリシャ生まれのアイルランド人作家・小泉八雲(こいずみやくも)の記念館や松江藩の武家屋敷などが立ち並ぶ定番の撮影スポットです。お堀沿いを歩きながらグッとくるアングルを探してみて。

今回着物をレンタルしたのは、松江城北側にある人気店「松江着物レンタル 堀川小町」。店内にはシックな伝統柄から大正モダンなものまで、多彩な模様の着物や帯、袴などがずらり。髪飾りやバッグ、シンプルなヘアセットも料金に含まれているので、気軽に着物体験ができます。

■松江着物レンタル 堀川小町 まつえきものれんたる ほりかわこまち
住所:島根県松江市奥谷町316-2
TEL:0852-23-7937
営業時間:9~17時 ※繁忙期は延長の場合あり
定休日:無休
料金:着物レンタル1日4400円ほか 

徒歩約10分 
⇓ 

松江城堀川沿いにできた最新テイクアウトカフェ
【Café&Sweets Matsue Chatté】

11:30~ 茶筅で点てる抹茶の風味豊かなラテでほっこり♪

2020年7月に松江城大手前広場にオープンしたテイクアウトカフェへ。堀川遊覧船の船着き場に併設されていて、城郭やお堀を眺めながらゆっくりドリンクやスイーツが楽しめます。島根県産の季節のフルーツが味わえる松江城ホリデー(850円~)や、出雲ぜんざい(600円)など、ご当地感あふれるメニューも見逃せません。

お抹茶ラテHOT450円
お抹茶ラテHOT450円

温かいメニューで評判なのが、松江の老舗・加島茶舗(かしまちゃほ)のラテ専用抹茶で作る「お抹茶ラテ」(450円)。注文を受けてから1杯ずつ茶筅で点てた抹茶に大山白バラ牛乳のスチームミルクを注ぐ一杯で、濃厚な抹茶のコクと、マイルドなミルクの口当たりがクセになっちゃいます。

■Café&Sweets Matsue Chatté かふぇあんどすいーつ まつえ ちゃって
住所:島根県松江市殿町 堀川遊覧船大手前乗船場内
TEL:0852-40-9214
営業時間:9~17時(冬季営業時間変更あり)
定休日:水曜

徒歩すぐ 
⇓ 

松江城の多彩な水景を望む約50分の船旅
【ぐるっと松江堀川めぐり】

12:00 松江城下を船で散策するお堀クルージングへ

全国に現存する12の天守のひとつでもある国宝・松江城のお堀を、船頭さんのガイド付きで一周する遊覧船に乗船。3つの乗船場があり、今回は中心にあたる大手前広場の乗船場から乗りました。そばで見られるお堀の石垣や、木製の名橋・宇賀橋(うがばし)など、みどころ満載!途中下船もOKです。

こちらの遊覧船の魅力は、冬期になると席がコタツ仕様になること。足元が暖かくってとても快適です。「Café&Sweets Matsue Chatté」のドリンクは持ち込みOKなので、先ほどのお抹茶ラテを片手にぬくぬく♪

コース内には橋をくぐる場所もあり、橋桁の低いところでは屋根がグンッと下がります。アトラクションのようなスリリングさもお楽しみのひとつです。

■ぐるっと松江堀川めぐり ぐるっとまつえほりかわめぐり
住所:島根県松江市殿町(堀川遊覧船大手前乗船場)
TEL:0852-27-0417
営業時間:9~17時(7月・8月15日は~18時、10月11日~2月末は~16時)
定休日:無休(荒天時運休、またはコース変更あり)
料金:乗船(一日乗船券)大人1500円、小人800円

\ お着物散策以外にも!島根にはときめきスポット盛りだくさん/

徒歩約3分 
⇓ 

宍道湖の恵みとおいしい地元ご飯を堪能
【季節の風 藏】

しじみ丼 
シジミ丼 1540円


13:00~ ランチは宍道湖の名物・大和しじみを丼ぶりで!

全国で7番目に広い宍道湖(しんじこ)は海水と淡水が混ざる汽水湖で、名産のしじみは国内の漁獲高日本一!宍道湖で獲れる大和しじみという品種は、粒が大きくまるっと肉厚なのが特徴です。
和食処の「季節の風 藏(ときのかぜ くら)」では、そんなしじみをふんだんに使った丼ぶりが食べられます。厳選した宍道湖産のしじみで作るこだわりの丼ぶりは、ご飯もしじみのだしで炊いているからうま味も抜群!

「季節の風 藏」は米穀店直営のお店で、シジミ丼のほか、シラス丼(1100円)や、島根和牛ステーキ丼(3190円)など、ブランド米・奥出雲産コシヒカリを使用するメニューはどれも絶品。着物姿でゆっくりくつろげる和モダンな店内でどうぞ。

■季節の風 藏 ときのかぜ くら
住所:島根県松江市東本町1-64
TEL:0852-21-2270
営業時間:11時30分~14時LO、18時~20時30分LO(日曜、祝日は11時30分~14時)
※2020年12月現在、夜は予約のみの営業
定休日:水曜

徒歩約10分 
⇓ 

黄綬褒章を授与された職人さんが待つ和菓子茶房
【松江歴史館 喫茶きはる】

14:30~ 日本庭園を望む広々とした大広間で和菓子ティータイム

松江の歴史が分かる資料を展示する松江歴史館。館内には和菓子茶房があり、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)受章、厚生労働大臣賞「現代の名工」受賞の経歴を持つ伊丹二夫(つぎお)氏が手がける創作上生菓子を堪能できます。実演スペースを兼ねた和菓子バーで、職人の技を見学しながら、目にも美しいお菓子をじっくり選んでください。

松江和菓子1個370円
松江和菓子1個370円

伊丹氏が手がける練り菓子は、松江のシンボルをモチーフにしたものや、四季を表現したもの。名工の洗練された技術で作られる和菓子は、うっとりしてしまうほど美しいものばかりです。お気に入りの詰め合わせをぜひおみやげに。

イートインでおすすめの席は、日本庭園のパノラマと松江城天守を望む約30畳の大広間。松江和菓子とお飲み物(抹茶・珈琲・りんごジュースから選択/820円)が人気のセットで、和の風情いっぱいのティータイムを気軽に楽しむことができます。城下町・松江を存分に味わえる瞬間!

■松江歴史館 喫茶きはる まつえれきしかん きっさきはる
住所:島根県松江市殿町279
TEL:0852-32-1607
営業時間:10時~16時30分(土・日曜、祝日は~17時)、閉店30分前LO
定休日:第3木曜(祝日の場合は翌日)

車で約5分 
⇓ 

宍道湖の夕景も素敵な水がテーマの美術館
【島根県立美術館】

16:00~ 「日本の夕陽百選」に選出されている湖畔の絶景を鑑賞

「水」をテーマにした多くの作品を所蔵する宍道湖湖畔の美術館へ。水を画題とする絵画、日本の版画、国内外の写真、木を素材とした彫刻、島根の美術をメインとして常設展、企画展でアートの魅力にふれることができます。写真の『宍道湖うさぎ』は代表的な作品で、湖から2番目のウサギ像には特別なパワーが秘められているとか!? 山陰地方では良縁のシンボルとして親しまれているウサギにぜひあやかってみて!

宍道湖は「日本の夕陽百選」に選ばれるほどの美しさで、湖畔にはさまざまな夕日スポットが点在しています。島根県立美術館も代表的なスポットの一つで、無料開放されている前面ガラス張りのロビーでじっくり鑑賞できる夕日はきっと素敵な思い出に。

※展示観覧の際は、HPから日時指定をお願いします。
※2021年5月下旬~改修工事のため1年間休館予定

車で約15分 
⇓ 

総檜の浴槽が自慢の天然温泉の宿
【出雲・玉造温泉 白石家】

18:30~ 宿泊は名湯・玉造温泉で。松江自慢の“美肌の湯”を存分に♪

松江での宿泊は『出雲国風土記』に“神の湯”と記されている温泉地で。2016年の温泉総選挙で最高賞(環境大臣賞)を受賞した湯は、硫酸イオンがお肌に潤いを与え、塩分要素による保湿作用も抜群、弱アルカリ性温泉でクレンジング効果もあるなど、美肌への期待大♪ 今回は2つの大浴場を擁す「出雲・玉造温泉 白石家(しらいしや)」をチョイスしてみました!

白石家には、総檜の湯舟の「織姫」と、黒御影石の湯舟の「彦星」という大浴場があり、ともに広々としていて庭園露天もばっちり。四季折々の風情が感じられるのも魅力です。朝5時の入れ替え制だから、宿泊すれば両方楽しめちゃいます。翌日の出雲散策に向けてゆっくり体を癒しましょう。

■玉造温泉 白石家 たまつくりおんせん しらいしや
住所:島根県松江市玉湯町玉造44-2
TEL:0852-62-0521
チェックイン・チェックアウト:IN15時/OUT10時
料金:1泊2食付き1室2名平日利用時1名1万9800円~

\ 女子旅にぴったり!松江・出雲へ旅に出よう!/

【2日目】

縁祈願で有名な日本屈指のパワースポット
【出雲大社】

10:00~ まずは年間250万人が訪れる古社でご利益ゲット!

出雲エリアへは松江から車で約1時間ほど。到着したら早速、出雲大社へ!大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)=だいこくさまを祀る神代創建の古社で、男女の縁のほか、仕事、友人などあらゆる縁を結ぶ神として多くの人の信仰を集めています。美しく神々しい二の鳥居をくぐって境内へ。まっすぐ進むと拝殿と御本殿があり、“二礼四拍手一礼”でお参りをします。

出雲大社で有名なみどころといえば、境内の西側にあり日本最大級の注連縄(しめなわ)が迫力満点の神楽殿(かぐらでん)。長さ約13.6m、胴囲約8m、重さ約5.2tという巨大さ!絶対に写真に収めたい場所はここです!お見逃しなく。

徒歩すぐ 
⇓ 

ギネスに登録された巨大つるし雛を展示
【ねがい雛ミュージアム 島根県出雲市 IZUMONO-en】

11:30~ ねがい雛を作って次回のギネス記録更新に参加!

願いや感謝の気持ちを込めて作る小さなうさぎの“ねがい雛(びな)”を集め、2019年11月に2万1911個をつないだつるし雛シンボルタワーが完成。その数で世界ギネス記録にも認定されました。ねがい雛ミュージアムはそのツリーの展示のために建てられた施設で、ねがい雛にまつわるグッズも販売しています。

「うさぎの恩返し」制作体験900円(入館料込み・美肌茶付き)
「うさぎの恩返し」制作体験900円(入館料込み・美肌茶付き)

館内では、「うさぎの恩返し」というねがい雛作り体験のプログラムがあり、3万個のツリー製作を目指してチャレンジ中!予約なしでできて作り方も簡単なので、ぜひ参加してみてください。願いを込めた大切な一つが、次の記録更新の一歩になるなんてワクワクします!

顔に目、耳を付けて、巾着とあせれば完成。仕上げにお化粧もできるんです♪体の中に、願いや感謝の言葉を書いた紙を入れて納めます。いつ頃3万個に到達するか楽しみですね。

■ねがい雛ミュージアム 島根県出雲市 IZUMONO-en ねがいびなみゅーじあむ しまねけんいずもし いずものえん
住所:島根県出雲市大社町杵築南馬場西769
TEL:0853-25-7491
営業時間:9時30分~17時(7~9月は~18時)
定休日:水曜(3~11月は無休)
料金:入館500円、小学生未満無料

\ この冬のおでかけにぴったり!松江・出雲へ旅にでよう!/

車で約25分 
⇓ 

生活に寄り添う窯元を中心にショップ&カフェが点在
【出西くらしのvillage】

12:30~ ランチとショッピングで焼き物の魅力にふれる

柳宗悦(やなぎむねよし)、バーナード・リーチなどの思想から大正時代に広まった民藝運動。その生活工芸品に「用の美」を見出そうという考え方を受け継ぐ窯元・出西窯(しゅっさいがま)を中心とした複合施設「出西くらしのvillage(しゅさいくらしのビレッジ)」へ。見晴らしのよい敷地内には窯と展示販売館、ベーカリー&カフェ、ショップがあり、多角的に焼き物の魅力に触れることができます。

カレープレート2種あいがけ(サラダ付き)1300円
カレープレート2種あいがけ(サラダ付き)1300円

ベーカリー&カフェの「ル コションドール出西」では、出西窯の器を使ってメニューが提供され、使い勝手を感じながら自慢のパンやフード、ドリンクを味わうことができます。ランチで人気なのはスパイスカレー。地元食材を使った手作りカレーは、食材のおいしさがダイレクトに堪能できるナチュラルな味わい。

併設のベーカリーコーナーでは、ハード系を中心に焼きたてのパンを取り揃え。安心安全をベースに素材、製法にこだわったパンは地元でも大人気。おみやげにもおすすめです。

展示販売館「無自性館(むじしょうかん)」には、出西窯の焼き物がずらり。素朴でありながらおしゃれなフォルム、土を感じる風合いと手触りが特徴です。価格もリーズナブルで、つい欲しくなってしまいます。普段使いしたくなる一品にきっと出会えますよ。日常に寄り添い、長く親しまれる洋服や雑貨を展開する神戸発のショップ「Bshop」も併設。ぜひ立ち寄ってみてください。

■出西くらしのVillage しゅっさいくらしのびれっじ
住所:島根県出雲市斐川町出西3368
TEL:0853-72-0239
営業時間:無自性館9時30分~18時、ル コションドール 出西9時30分~17時30分(カフェは~17時)、Bshop10~18時
定休日:無自性館・Bshopは火曜、ル コションドール 出西は火曜、第2・4水曜

車で約20分 
⇓ 

江戸・明治期の商家が軒を連ねる伝統的町並み
【木綿街道】

14:00~ ノスタルジックな歴史街道をおさんぽ

宍道湖からの水路を活用した物資の流通と、木綿産業で栄えた平田地区へ。江戸末期以降の建物が軒を連ねるL字型の街道は「木綿街道(もめんかいどう)」と称され、当時の雰囲気を今に伝えています。ノスタルジックな風情が残る、木綿街道交流館や造り酒屋などをめぐれば、タイムスリップしたような散策が魅力的です。

■木綿街道 もめんかいどう
住所:島根県出雲市平田町
TEL:0853-62-2631(木綿街道交流館)
営業時間:散策自由
定休日:散策自由
料金:散策自由

徒歩すぐ 
⇓ 

リノベーションカフェでコーヒーソムリエの一杯を
【coffee stand 李庵】

14:30~ アットホームなリノベ空間で温かいこだわりラテを

木綿街道の路地を入った場所にある、旧酒蔵を改築したレトロな商業施設「酒石橋(さかいしばし)」に、コーヒーソムリエの資格を持つご夫妻が営業する「coffee stand 李庵(コーヒースタンド リアン)」がオープン。梁や柱を生かしたリノベーション空間で、湧き水、最高ランクの豆、温度にこだわったスペシャルなコーヒーを提供しています。

マシュマロチョコレートラテ660円、クリームブリュレ330円
マシュマロチョコレートラテ660円、クリームブリュレ330円

「うちの大人気メニューで、冬におすすめです」といただいたのが、写真のマシュマロチョコレートラテ。チョコとマシュマロのほのかな甘さが、上質なエスプレッソの風味をより引き立てます。小ぶりなマシュマロの食感も楽しい一杯です。クリームブリュレはお手製で、ご主人の自信作。とろけるようなカスタードと、パリパリ焦がしキャラメルのほどよい甘さがベストマッチ!

■coffee stand 李庵 こーひー すたんど りあん
住所:島根県出雲市平田町新町831-3(商業施設 酒石橋内)
TEL:0853-88-9019
営業時間:11~17時(16時30分LO)
定休日:水曜

いかがでしたか?冬の松江・出雲旅。出雲大社や地元グルメにパワーをいただいて、出西窯の食器で気分も一新!新しい一年をいい感じにスタートできそうです。

\ 島根県の素敵なおでかけスポットがもっと知りたい方は!/

text:8ビートフジタ
photo:小川康貴

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Sponsored:島根県

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

Model Course

冬の女子旅におすすめ!1泊2日!お茶文化と歴史をおしゃれに楽しむ松江・出雲旅

10:00

堀川小町

11:30

Café&Sweets Matsue Chatté

12:00

堀川遊覧船

13:00

季節の風 蔵

14:30

喫茶きはる

16:00

県立島根博物館

18:30

玉造温泉 白石家

10:00

出雲大社

11:30

願い雛ミュージアム IZUMONO-en

12:30

出西くらしのVillage

14:00

木綿街道

14:30

coffee stand 李庵

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください