• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • ダイニング利用もおすすめ!ヨーロピアンモダンな「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」【Go Toトラベル対象】
ダイニング利用もおすすめ!ヨーロピアンモダンな「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」【Go Toトラベル対象】

ダイニング利用もおすすめ!ヨーロピアンモダンな「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」【Go Toトラベル対象】

東京都 泊まる ホテル 宿泊 ステイ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

都内で落ち着いたオトナの雰囲気を楽しみたい時は、銀座がおすすめ。そこで今回おすすめするのが、ヨーロッパのような洗練されたホテルでのステイと食事を楽しむことができる「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」です。こちら、2020年夏に日本初上陸したホテルブランド!お部屋とダイニングをルポします!

Summary


ヨーロッパルーツの洗練されたデザインとサービス

東京メトロ東銀座駅や銀座駅からすぐ、昭和通りに面した便利な立地にあって、モダンでシックな雰囲気の「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」。2020年7月9日にオープンしたマリオット・インターナショナルによる日本初進出ブランドのホテルです。

“ACホテル・バイ・マリオット“のACは、スペインの有名ホテリエだったアントニオ・カタラン(Antonio Catalan)から来ていて、ヨーロッパがルーツ。洗練されたデザインやサービスは、こんなルーツにいろいろ秘密があるよう。

たとえば、ゲストはまず1階のロビーで、食前酒か食後酒を「パートドフリュイ」というお菓子にかけていただく、素敵な「EUROPEAN ARRIVAL」というおもてなしを受けます。(この時期なので、そのまま小袋に入れてお部屋へ持って帰るのも可能)。

チェックイン時には、スタッフから歓迎の気持ちを込めたこんな手書きのメッセージを入れたカードが手渡されます。カードデザインも数種類あって、スタッフが一枚一枚に心を込めて書くのだそう。パーソナルなおもてなしがとてもうれしいですね。

同じく1階にある広々した「AC Lounge/ Library」は、ちょっとワークしたり、静かな時間を過ごしたりできる多目的スペース。ここには、銀座の歴史を象徴するモチーフが飾られています。こちらの天秤は、ビジネスの街でもあるかつての銀座を表現したもの。その土地の歴史を大事にするところも、伝統を重んじるヨーロッパらしいですね。

モダンアートを楽しむ上質空間

各階のエレベーターホールを飾るのは、斬新なモダンアート。ブロンズで作られた円だったり、日本の先端文化と折り紙文化が融合したミウラ折りの作品だったり。どこか日本を感じさせる上質な空間を創りあげています。

14階のプレミアムフロアにある50㎡のプレミアムキングの障子が入ったような窓からは銀座を望めます。選び抜かれたデザインのお茶器、コーヒ―は豊かなクレマが楽しめるネスプレッソの最新システムのヴァーチュオが置かれています。バスタイムは、ゆったりしたバスタブで寛ぎ、フランスのガルニエ・ティエボーの黒いバスローブを纏って非日常な時間に浸れそう。

こちらは13階のスーペリアキング。30㎡の広さは機能的で居心地もいい広さで、スタイリッシュでありながら温かみのある空間が広がります。キングはフォレストシャワーなどのシャワールーム、ツインにはバスタブも。10階以上には、ギリシャの上質なアメニティ「KORRES」です。

ロビーでは、ゲストが自分でラベンダーを詰めてピロー用のサシェを作ることができます。お部屋に持ち帰れば、ラベンダーの香りに包まれて眠りにつくことができる素敵なサービスですよね。

斬新なタパスをスタイリッシュにいただく

1階にあるレストラン&バーはウォークインも可能。ホテル内の上質で落ち着いた雰囲気があってオトナ使いにぴったり。テラス席のあるダイニングで、ゆっくりと食事を楽しむのもおすすめですし、ゆったりと座れるカウンターのあるお洒落なバー「AC Lounge」は、夜になるとカウンターが照明で浮かび上がる雰囲気が素敵です。

シグニチャードリンクの「ACジントニック」は、スペインのジンとこだわりのトニックを使って、ローズマリーや丁字のボタニカルでとてもよい香りが漂います。今はやりのクラフトジンも多種揃っています。

メインの前に、まずはスペイン由来のACホテルらしくタパス料理がおすすめ。タパス料理は素材の生産地などへのこだわりも感じるメニューが並びます。まずは、ACスタイルと書かれたオリジナルの2品をいただいてみました。

こちらの彩りピンチョス盛り合わせは3種1200円、7種2500円。7種をオーダーすると何やらスモークと共に登場。試験管にはガスパチョやフルーツを使ったものなど季節のスープが!驚きの演出がディナータイムに彩りを添えます。フォアグラのマカロンやポークリエットの竹炭サンドイッチ、穴子の鮨仕立てなど、一品一品が他に類がない工夫されたピンチョスばかり。

お次は、ジャガイモの中に入ったフライドポテトにチューブをそえてサーブされる「熟成ジャガイモの"パタタス・ブラバス"燻製パプリカ風味」(1200円)。2年間じっくり熟成させたジャガイモをフライドポテトにしてピリ辛ソースをかけて仕上げています。甘みのあるポテトにチューブに入った自家製のアリオリソース(ニンニクソ―ス)や燻製したパプリカをつけながらいただきます。お酒との相性もバツグンです。

銀座にあって、ヨーロッパにあるモダンなホテルのような雰囲気を漂わせる「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」。ステイだけでなく、ランチ、ディナーなどゆっくりと美味しいお食事を楽しむことができるので、知っているとちょっと自慢できる注目のホテル&ダイニングです。

■ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
住所:東京都中央区銀座6−14-7
TEL:03-5550-0102
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
アクセス:東京メトロ日比谷線東銀座駅から徒歩3分、銀座駅から徒歩5分

text:小野アムスデン道子

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


\ Go Toトラベルの対象施設検索はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください