広島県おすすめ美術館10選!アート巡りで一味違う観光を!展覧会&イベント情報も紹介♬

広島県おすすめ美術館10選!アート巡りで一味違う観光を!展覧会&イベント情報も紹介♬

広島県 おでかけ 週末おでかけ 美術館 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島といえば、厳島神社や原爆ドームといったスポットが有名です。ステレオタイプじゃない広島に出合いたいなら、アートにフォーカスした広島観光はいかがでしょうか。館内で作品鑑賞する美術館はもちろん、瀬戸内海の風景に溶け込んだアートプロジェクトまでユニークな展示に興味津々。これまでの広島のイメージが変わるかも!?

Summary

広島県立美術館

規模・内容ともに西日本最大級の美術館。小林千古[こばやしせんこ]や南薫造[みなみくんぞう]、平山郁夫など広島ゆかりの画家の作品、1920~30年代の美術、日本とアジアの工芸など約5000点を収蔵・展示しています。所要1時間。
※大広重展 「東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界 」2021年12月17日~2022年2月6日

大広重展 「東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界 」2021年12月17日~2022年2月6日

広島市現代美術館

広島市を見下ろす比治山の丘陵に立つ美術館。古代ヨーロッパのようなアプローチプラザと蔵のような三角屋根が印象的な外観。自然石、磨き石、タイル、アルミなどさまざまな素材が使われているユニークな建築物です。「主として第二次世界大戦以降の現代美術の流れを示すのに重要な作品」、「ヒロシマと現代美術の関連を示す作品」、「将来性ある若手作家の優れた作品」の3つのコンセプトで、美術品だけでなくデザインや建築など多彩なジャンルのアートを展示しています。

■広島市現代美術館
住所:広島県広島市南区比治山公園1-1
TEL:082-264-1121
営業時間:10~17時(最終入館は16時30分)
定休日:月曜(祝日、8月6日の場合は翌平日)
料金:一般300円、大学生200円、高校生・65歳以上150円、中学生以下無料、特別展の料金は展覧会ごとに異なる

尾道市立美術館

瀬戸内の多島美と情緒あふれる尾道の家並みを一望する、千光寺公園内にある美術館。年間を通して、国内外の美術や尾道ゆかりの美術を紹介しています。建物は建築家・安藤忠雄氏設計によるガラスを多用したモダンなデザイン。館内の喫茶コーナーやロビーからも市街を眺めることができます。

ウッドワン美術館

平成8年(1996)に木材建材メーカーのウッドワンが、所蔵する展示品約800点を展示するためにオープンした美術館。広島県北西部の標高600mの場所に位置し、豊かな自然環境のなか美術鑑賞を楽しめます。展示会も随時開催されています。館内にあるカフェでは、アンティークカップが展示され、アンティークカップ(マイセン)で提供されるコーヒーでひと息つくのもおすすめです。

泉美術館

株式会社イズミの創業者、山西義政のコレクションを展示する美術館。日本画、洋画、彫刻、古美術など多彩なジャンルの作品が揃っています。モダンななかに和風の意匠を凝らした館内や日本庭園は、建築家田中清によるものです。なかでも雪見障子越しに眺める小堀遠州風の庭園は必見。企画展も随時開催されています。

平山郁夫美術館

瀬戸田町出身の日本画家・平山郁夫氏の作品を収蔵する美術館。初期代表作『仏教伝来』の陶板画をはじめ、シルクロードをモチーフにした作品などを紹介しており、製作の様子がわかるよう、取材アルバムや下図なども展示しています。近くにある瀬戸田市民会館ベル・カントホールの緞帳『瀬戸田曼陀羅』は、平山氏の原画を元に制作したものです。所要1時間。

島ごと美術館

島を丸ごと美術館にするという構想により、瀬戸田地区には野外オブジェが点在しています。17点の作品は、ベル・カントホール、サンセットビーチなど、作家自らが設置場所を選び、イメージをふくらませて制作したものです。

ふくやま美術館

デ・キリコ、セガンティーニなど、イタリアを中心とした近現代美術の作品を展示。岸田劉生、安井曾太郎など日本の近代洋画家や瀬戸内ゆかりの画家の作品、刀剣なども紹介しています。

ひろしま美術館

広島市の中心部、緑に囲まれた広島市中央公園の一角にあるひろしま美術館は、昭和53(1978)年11月に広島銀行の創業100周年を記念して設立されました。「愛とやすらぎのために」をテーマに、ミレーやモネ、ルノワール、ゴッホ、マティス、ピカソ、シャガールといったヨーロッパ近代美術や、黒田清輝、浅井忠、藤島武二などの日本近代洋画、竹内栖鳳や横山大観などの日本画といったコレクションの中から、約90点を常設展示。年に数回特別展も開催しています。
※特別展「生誕120年記念 荻須高徳展」2022年1月3日~3月13日

奥田元宋・小由女美術館

三次市出身の日本画家・奥田元宋と、夫人で人形作家の奥田小由女の作品を集めた美術館です。自然との調和を目指し、満月の夜はコンサートなども開かれています。


●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。




Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください