京都/わらび餅

ぷるぷるつるん!京都でみつけた本格わらび餅4選

京都府 わらび餅 和カフェ 和スイーツ・和菓子 甘味 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都の甘味で根強い人気を誇るのがわらび餅。本わらび粉を練り上げて、独自の食感を追求した本格派のわらび餅を厳選してご紹介します。ぷるぷるっとして、つるんとしたわらび餅はひと口いただけばもうトリコになること間違いなしです。

Summary

ねっとりととろけるような口当たり

徳屋のわらび餅1200円
徳屋のわらび餅1200円

「ぎおん徳屋」は舞妓さんも愛する人気店。わらび餅をはじめ厳選素材を使った甘味を目当てに常に行列ができています。夏のかき氷、冬のぜんざいも人気です。
わらび餅はきな粉との相性を考えて調合された黒蜜と、練り込まれた和三盆の上品な甘さが決め手です!

もちもちつるん!の独特食感にうっとり

わらび餅1300円
わらび餅1300円

あずき処「宝泉堂」が手がける「茶寮 宝泉(さりょう ほうせん)」。丹波大納言小豆を使った商品や国産本わらび粉のわらび餅が人気です。美しい日本庭園に面したくつろげる座敷があります。
注文後に練り上げるわらび餅は、独特な弾力と透明感が特徴。甘さ控えめの黒蜜と絶妙にマッチします。

そのまま&きな粉をかけて二度おいしい♪

草わらび餅720円
草わらび餅720円

「高台寺 洛匠(こうだいじ らくしょう)」は、老舗茶舗「宇治丸久小山園」の上質な抹茶を使用した草わらび餅が看板商品。敷地約200坪、庭園を望む数寄屋造りの屋敷で味わうことができます。
老舗茶舗の抹茶を練り込んだわらび餅は、旨みを味わうため、まずはきな粉をかけずに食べてみて。

イメージを一新する“むっちり感”

わらび餅3個入り650円~
わらび餅3個入り650円~

高瀬川の目の前に佇む素朴な菓子店「本家月餅家直正(ほんけつきもちやなおまさ)」。素材に妥協せず作るわらび餅はイメージを覆す逸品で、売切れ御免の人気甘味です。お持ち帰りのみ。
わらび餅は本わらび粉を使用しています。やわらかく練り上げた生地をきな粉に転がし、こし餡を包んで丸型に。

図書購入はこちら!

https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-201902157151-000/

掲載した情報をはじめ、京都のごはんについてもっと知りたい方は、『京都で食べたい100のもの』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『京都で食べたい100のもの』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください