東京タワーや東京湾まで一望。「東京エディション虎ノ門」はまるで天空に浮かぶオアシス!

東京タワーや東京湾まで一望。「東京エディション虎ノ門」はまるで天空に浮かぶオアシス!

東京都 宿泊 ホテル アート 食・グルメ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

世界のセレブから支持されていて、最高級と名高いホテルブランド「エディション」が日本に初上陸!世界11カ所にある「エディション」はホテルが立地する土地の文化や美学が施設内のデザインやサービスに落としこまれているのも特徴です。ここ東京ではどのようなホテルになるのか…とホテルフリークを中心にオープンを心待ちにする人が大勢いたそう。気になる内装や客室、サービスの魅力をご紹介します。

Summary

グループ最高級のグレード。日本初上陸の「エディション」って?

2020年10月に日本に初上陸した「東京エディション虎ノ門(トウキョウ エディション トラノモン)」。世界的ホテルグループ、マリオット・インターナショナルで最高級グレードに位置するホテルブランドです。

「ブティックホテルの生みの親」と称されるイアン・シュレーガー氏が手がけたという「エディション」は、ラグジュアリーで一流のホスピタリティがありながらも個性の光るブランド。ニューヨークやロンドンなど世界11カ所にある「エディション」はどれもアートやデザイン、音楽などすべてが洗練されており感度の高いセレブ達に愛されているのです。

東京メトロ日比谷線神谷町駅から直結の「東京エディション虎ノ門」は東京ワールドゲート内神谷町トラストタワーの31階〜36階にあり、“都会の中のリゾート”がコンセプト。設計には隈研吾氏を迎えて地上140mに癒しの空間を構えました。

ラグジュアリーだけど心地いい。天空のアーバンリゾート空間

31階のレセプションは地上からは予想できないオアシスのような空間。まず圧倒されるのは、このグリーンの数!このフロアだけで500もの植栽があるのだとか。また、ソファには着物などが掛けられインテリアのアクセントになっています。

このフロアにロビーのほかレストラン、スパ、ジムなどの施設が集約されています。そう設計した理由は、ロビーを寺院の境内に見立ててその他のセクションが放射線に広がる様子を取り入れたのだそう。天井部分も寺院の境内のような造りとなっています。

東京のスカイラインをひとりじめ…!気になるお部屋をCHECK

「ロフトテラス」80000円〜(税・サ別)
「ロフトテラス」8万円〜(税・サ別)

「東京エディション虎ノ門」には全206室あり、全ての客室から東京のスカイラインが楽しめます。テラス付きのお部屋が15室あり、なかでもこの「ロフトテラス」には広々としたテラスがあります。

モダンでおしゃれな家具と、尾形光琳のレプリカの絵画などの和のアイテムが絶妙にマッチ。「Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン)」のBluetoothスピーカーもありました。

夜には都心の夜景をひとりじめ。この上ない贅沢時間を過ごせますよ。

全ての部屋にキッチンが備え付けられているのも特徴です。ミニバーには日本産のクラフトビールやジン、スナックも用意され、定番品から知る人ぞ知る銘柄までが揃っていました。さすが「エディション」。

お風呂や洗面台周りのアメニティは人気フレグランス「LE LABO(ル ラボ)」のもの!「エディション」を象徴する香りで、エントランスでゲストをおもてなしする香りも実は同じ香りなのだとか。シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションは気に入ればホテル内のスパで購入可能だそうです(90mlボトル4本セット/7000円・税別)。

サスティナブルを意識したアメニティが多く、歯ブラシやヘアブラシも竹や木でつくられたもの。

ルームウォーターも紙パックで提供されていました。ルームキーも竹素材でかわいいんです♩

世界レベルのエンターテインメントを体感!アーバンな夜を楽しんで

夜はキャンドルを灯し、より一層エキゾチックなムードに。ニューヨークで伝説的人気を誇ったナイトクラブを仕掛けたイアン氏ならではの、スパイスの効いたラグジュアリーを体感できます。ロビーは社交場とワークスペースにも利用可能ですが、夜はお酒を楽しんだりとフレキシブルに使えますよ。

「Lobby Bar」
「Lobby Bar」

こちらの「Lobby Bar(ロビー バー)」で、ビールやワイン以上に力を入れているのがカクテル。国産のスピリッツを多彩に揃えています。お昼からはアフタヌーンティーも楽しめます。

「The Blue Room」
「The Blue Room」

メインレストランである「The Blue Room(ブルー ルーム)」。鮮やかな青がなんとも美しいこの空間で朝食やディナーが楽しめます。天井が高く、窓も広いので、窓から東京タワーの足元からてっぺんまでを眺めるなんて貴重な体験もできます。地上140mのフロアは展望もよく、お台場や東京湾の水平線まで一望。天気のいい日にこの景色を見ながら朝食を楽しめたら…と思わず妄想してしまいます。

2021年には、1階に「Gold Bar at EDITION(ゴールド バー アット エディション)」と31階にテラスもあるレストラン「The Jade Room + Garden Terrace(ジェイド ルーム + ガーデン テラス)」をオープン予定。レストランには世界のグルマンに愛されるトム・エイキンズをシェフに招きます。一世紀前の料理方法を取り入れたというユニークな調理スタイルを日本で味わえるのはまだココだけ!

その他テクノジムの最新マシンを揃えた「ジム」、ジャグジーコーナーもある「プール」など、おこもりステイでも充実した時間を過ごせそう。

「Bioprogramming」 や「Absolution」の製品を使用し、ここにしかないメニューで、施術する「The Spa at The Tokyo EDITION, Toranomon」。東京産の塩と日本酒を使用して行うというフットバスも気になります!

東京タワーを見ながらののラグジュアリーステイ。非日常空間で日頃の疲れを癒してみてはいかがですか?

■東京エディション虎ノ門(とうきょう えでぃしょん とらのもん)
住所:東京都港区虎ノ門4-1-1
電話番号:03-5422-1600
チェックイン:15時〜
チェックアウト:~12時
料金:6万円〜(税・サ別)

Text 日高沙織(vivace)

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●都心に広がる別世界!文豪が愛した老舗「山の上ホテル」でクラシカルな空間を満喫
●東京初の水上ホテルが天王洲に誕生!都内にいながら気軽に海外気分を満喫
●”暮らせるホステル”が東京ミズマチ内に2021年1月9日オープン!テレワークにもおすすめ♩

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください