【開催期間変更】「チームラボ 偕楽園 光の祭」水戸で3月1日から開催!梅が3000本咲き競う日本三名園へ

【開催期間変更】「チームラボ 偕楽園 光の祭」水戸で3月1日から開催!梅が3000本咲き競う日本三名園へ

茨城県 おでかけ NEWS 期間限定 チームラボ デジタルアート
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

茨城県水戸の観光名所、日本三名園「偕楽園」で「水戸の梅まつり」に合わせ、2021年3月1日(月)〜3月31日(水)の期間『チームラボ 偕楽園 光の祭』を開催。梅が咲き渡る春の「偕楽園」を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変化させる夜のアートイベントです。

Summary

長期間に渡って梅の花が咲き誇る梅の名所「偕楽園」

水戸の「偕楽園」は、国の史跡及び名勝に指定された江戸後期(1842年)の池泉回遊式庭園で、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ「日本三名園」のひとつ。庭園には約100品種、3000本の梅が植えられ、梅の名所として広く知られています。

さまざまな品種があるので、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長い期間梅の開花が鑑賞できるのも特徴。

そんな由緒ある「偕楽園」で、120年以上の歴史をもつ「水戸の梅まつり」に合わせて『チームラボ 偕楽園 光の祭』の開催が決定しました。

チームラボの演出で「偕楽園」の自然そのものをアート空間へ

今回のアートプロジェクト『チームラボ 偕楽園 光の祭』は、「Digitized Nature」という、非物質的であるデジタルテクノロジーによって、「偕楽園」の自然を破壊することなく「自然そのものが自然のままアートになる」というコンセプトで夜の園内を演出。

チームラボが、梅咲き渡る「偕楽園」を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間へといざないます。

チケットは、 2021年2月15日(月)〜3月31日(水)の期間、展覧会公式チケットサイト https://kairakuengarden.teamlabticket.com/ で販売されます。昼間とは雰囲気が違う夜の「偕楽園」を、チームラボの演出で楽しんでみませんか。

■チームラボ 偕楽園 光の祭
開催期間:2021年3月1日(月)~2021年3月31日(月)
※茨城県独自の緊急事態宣言の延長を受けて、2月13日(土)〜3月21日(日)に予定されていた会期が変更されました。
開催場所:偕楽園(茨城県水戸市常磐町1丁目)
時間:18時~20時30分(最終入場20時)
料金:1500円
交通:JR常磐線水戸駅下車、北口から偕楽園行きバスで終点下車約20分 ※梅まつり期間中はJR偕楽園臨時駅が開設予定
TEL:029-243-4111(茨城放送イベント事業部:平日10時~17時30分受付)

Text:TAKAKO

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください