農泊イメージ画像

鎌倉にある古民家でおひとりワーケーション【琥珀-AMBER-】

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
るるぶ&more.編集部 農泊 ワーケーション
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

美しい海と山に囲まれた古都・鎌倉は、東京から約1時間半とアクセスがよく、いまワーケーションで人気のエリア。気分転換を含め、思い切って都心から近いリゾート、鎌倉にひとりで宿泊して、リモートワーク。仕事の合間で触れる、鎌倉の海と波の音、現地の人との交流が心を癒やしてくれます。

おすすめワーケーション


古民家の宿で仕事。海のアクティビティも体験しましょう


宿泊施設の材木座海岸の古民家「琥珀-AMBER-」は、ワンルームで個人利用ができるので、ひとりでのワーケーションにおすすめ。また、仕事の前後や合間に、目の前の海でのSUP体験、山で鎌倉野菜の収穫体験などができるプランもあり、鎌倉ならではの自然体験やアクティビティを楽しむことができます。周囲のレストランやカフェで地元の食を味わって、都心そばの町でゆっくりとくつろぎましょう。

リモートワークできる宿泊施設

古民家を改装したシックな空間でお仕事
琥珀-AMBER-(ワーケーション&宿泊)

農泊イメージ画像

材木座海岸からすぐの「琥珀-AMBER-」にチェックインしたらリモートワーク開始。築100年の古民家の外観はそのままに、内装は和テイストを活かした形でリノベーション。仕事をする空間は、30帖を超える広々としたワンルームリビングのみ。机が2つあり、ソファに座って仕事をするスタイルの環境です。最大10名まで宿泊できる一棟貸しとなっているので、ひとりでの仕事だけではなく、この施設でチームミーティングを開くことも可能です。自炊用のキッチンもあるので、長期滞在でのワーケーションにも向いています。Wi-Fiは完備されており、落ち着いた雰囲気の中で、オンラインミーティングも順調に進むことでしょう。

農泊イメージ画像

靴を脱いで上がる居間と2つのベッドルームは間仕切りのない開放的なレイアウトになっています。それぞれのベッドルームにはシャワーブースとトイレを設置。ベッドルームと居間の間にはロールスクリーンが用意され、グループで利用する場合にはゆるやかなプライバシーが確保されます。ジャグジー付きのバスルームとキッチンは土間にあります。

農泊イメージ画像

滞在型のワーケーションならではなのが、朝の過ごし方。海岸そばで、車の通りもまだ少なく、周囲が静かなときに、少し早めに起床。早朝、まだ人の少ない材木座海岸を散歩しながら、当日の仕事に備えて、頭と心の準備をしてみてはいかがですか。

農泊イメージ画像

早朝散策のあとは朝食。「鎌倉市農協連即売所」で買った鎌倉野菜を、味噌汁、野菜スティック、浅漬け、お浸しに。簡単でヘルシーな和朝食の完成です。新鮮な地元野菜をたっぷり摂って、ワーケーション中の体調管理も万全。「琥珀-AMBER-」近くには食材を購入できるところがないので、自炊をしない人は、鎌倉駅周辺のスーパーやコンビニで買い物をしておくのが安心です。

農泊イメージ画像

宿泊施設の玄関前の様子。路地に入ったところにある古民家です。

農泊イメージ画像

リモートワーク用のリビング。複数人でのリモートワークにもおすすめです。

農泊イメージ画像

リノベーションされたキッチンの様子。自炊ができる空間です。

【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市材木座6-4-4
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅からバスで約8分、材木座下車1分、またはJR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩20分
チェックイン:15:00~22:00
チェックアウト:10:00
料金:平日30,000円、休日60,000円(税・サービス料込み) ※1泊2名までの料金、3名以上は1泊1名につき8,000円追加

※料金は2020年12月中旬時の料金となります。

<ワーケーションお役立ちリスト>
インターネット(Wi-Fi)
日中の個室利用 〇(リビング)
机・椅子 〇(ソファ・ローテーブル)
キッチンスペース
会議ができるスペース

<新型コロナウイルス対応>
スタッフ対応 ・手洗い・うがい・マスク着用
・定期検温を実施
除菌対応 ・定期的な館内の除菌清掃
・客室の除菌清掃
換気対応 ・定期的な館内の換気
・定期的な館内共用部分の換気
(一棟貸しの宿なので宿泊客が対応)
客室対応 ・消毒液の設置
・空気清浄機の設置
・マスクを設置または配布

<近隣施設一覧>
食堂 ・Rich Life(カフェバー):隣併設
・木こり食堂:徒歩2分
・そば処土手:徒歩5分
・ミルコーヒー&スタンド(カフェ):徒歩3分
・材木座テラス:徒歩15分
・徒歩圏内に八百屋・魚屋あり
スーパー ・萬屋商店:徒歩30秒
・クリエイトSDドラッグストア:徒歩10分
コンビニ ・ローソン:徒歩15分
温泉 ・稲村ケ崎温泉:車で15~20分
病院 ・鎌倉ヒロ病院(総合病院):車で10分


リモートワークの合間や前後に楽しむ体験・スポット

心を落ち着かせる写経を体験しましょう
浄土宗大本山 光明寺(写経体験)

農泊イメージ画像

材木座海岸の近くにある光明寺。仕事前や合間に少し気持ちを整えるため、写経体験はいかかでしょうか。鎌倉時代の寛元元年(1243年)に創立されたこの名刹は浄土宗の大本山で、1階が和風、2階が中国風の造り、さらに、堂々たる山門は鎌倉の寺院の門のなかでも最大級の格式。

農泊イメージ画像
農泊イメージ画像

説教師さんの法話を聞いてから、お手本をなぞって阿弥陀経の一部を書き写します。口で唱える読経と同じく、写経でも功徳(善行に対する報い)が得られます。静けさのなか、筆先に集中して写経するうちに雑念が消えていきます。阿弥陀経は40近くの場面に区切られ、すべての写経を終えるまで3年以上、定例写経に通う人もいるといいます。

農泊イメージ画像

写経のおつとめを終えて境内を出ると、目の前には心が洗われるような青い海がみられます。天気のよい日は雄大な富士山を望める風光明媚な場所です。

体験ポイント

写経の為書(ためがき)には、誰のために、何のために書いたかを付記します。先祖や亡くなった人の供養である回向(えこう)、または家内安全や商売繁盛などの祈願を記しましょう。毎月第2水曜に実施をしているので、写経体験に合わせて、ワーケーションの日程を決めてみましょう。


【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅東口からバスで約10分、光明寺前下車1分、またはJR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩25分
参拝時間:6:00~17:00(4月1日~10月14日)、7:00~16:00(10月15日~3月31日)
寺務所受付:9:00~16:00
料金:写経冥加料1,500円
<写経について>
開催日:毎月第2水曜(行事が重なる場合は変更あり、要問合せ)
開催時間:受付10:00~10:30、法話10:30~11:00、写経11:00~12:00
持参するもの:小筆(受付で販売、貸付あり)、回向する戒名(必要な場合)



滞在施設で自炊。地元の鎌倉野菜を入手しましょう
鎌倉市農協連即売所(鎌倉野菜を買う)

農泊イメージ画像
農泊イメージ画像

自炊用に地のモノを探しに直売所へ。ここは、近郊の農家が生産する農作物を自ら販売する「鎌倉市農協連即売所」で、地元では「レンバイ」の名で親しまれています。鎌倉エリアで生産される野菜を一般に鎌倉野菜と呼び、珍しい品種を含めて多品種を少量生産する農家が多いのが特徴。緑色が濃い小ぶりの大根、鮮やかな紫色の大根、細長い日野菜カブ、白や赤のラディッシュなど、まる一日かけて収穫したという新鮮な野菜が並びます。

体験ポイント

販売する農家の方に食べ方をたずねると、「ラディッシュや紫大根は生食用。日野菜カブは京都では漬物にして売ってるよ」などと詳しく教えてくれます。話を聞きながら、滞在施設先での自炊用に野菜を購入。買い物するなら野菜の種類が揃っている朝の時間帯がベストです。


【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅東口から徒歩3分
営業時間:8:00頃~野菜がなくなり次第終了
定休日:年始(1月1日~4日)



地元食材で作ったランチボックスを購入

ビストロ オランジュ(テイクアウトランチ)

農泊イメージ画像

鎌倉野菜、地元の魚介類、湘南豚、葉山牛など、地元名産の食材をフレンチで味わえる「ビストロ オランジュ」。パリのビストロのような店内で、オードブルとメイン料理のプリフィクスなど、手頃な値段のランチコースを提供しており、昼時にはテイクアウト用のランチボックスもあります。事前に予約して店頭で受け取ると待ち時間がなくてスムーズです。

体験ポイント

「ビストロ オランジュ」は、オードブルやメイン料理、サラダ、スープ、バゲットもテイクアウトが可能。ワーケーションの合間にテイクアウトを購入して、近くの海や公園などで食事するのがおすすめです。


【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市御成町2-13
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅西口から徒歩2分
営業時間:11:00~15:30(14:30ラストオーダー)、17:00~23:00(22:00ラストオーダー)、日曜は22:00閉店(21:00ラストオーダー) ※ランチBOXは11:00~14:30
定休日:月曜



晴れた日は鎌倉の海辺でランチと仕事を

材木座海岸(ランチ&散策)

農泊イメージ画像

宿泊先「琥珀-AMBER-」は食事がついていないので、テイクアウトを持って、材木座海岸でランチはいかが。ウィンドサーフィンや愛犬との散歩を楽しむ人たちを眺めながら、「ビストロ オランジュ」のランチBOXのバゲットサンドをほおばります。写真左はバゲットサンド2種(本日のポタージュスープ付き)1,080円(税込)、右は平日限定のキッシュランチBOX(バゲット付き)864円(税込)。キッシュの種類(写真はサーモンときのこ)や付け合わせの惣菜は季節によって替わります。

農泊イメージ画像

海風に吹かれて、仕事をするというのも気持ちがいいです。ただ、風が強い時は、砂などが舞ってパソコンの調子が悪くなることもあるので、メールチェックなど短時間で済ませられる仕事に限定しましょう。

農泊イメージ画像

水平線に落ちる夕日を見ながら過ごす贅沢もここ鎌倉ならではです。都会の喧騒から離れて、海辺で過ごすこののんびりとした時間は、ひとりならではの贅沢です。

体験ポイント

滞在先の琥珀から目の前の海岸までは歩いて1分もかかりません。仕事の休憩時間に散歩がてら海岸まで行って、海風にあたるだけで、気持ちをリフレッシュできて、仕事もはかどるはずです。



夜の波音を聞きながら地元食材づくしの定食に舌鼓

海沿いのキコリ食堂(地元食材の定食)

農泊イメージ画像

滞在先は食事がないので、夕食は「琥珀-AMBER-」から歩いてすぐの「海沿いのキコリ食堂」で、全部のせ切り株定食1,760円(税込)をオーダー。切り株のトレイに載せられた品々は、鎌倉野菜のかき揚げ、三崎マグロのレアカツ、湘南釜揚げシラスのミニ丼、藤沢産みやじ豚のトンテキと、地元食材づくしです。卵黄のポン酢がけをおかわりしたご飯にかけて完食間違いなしです。

体験ポイント

広々としたテラス席からみる鎌倉の夜の海は、寄せては返す波の音が一日の疲れをリセットしてくれます。日中は、波光きらめくオーシャンビューが見事でランチやカフェでの利用も良いです。定食のほか、テラスでの炭火バーベキューや鍋料理もおすすめです。


【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市材木座6-4-7 山ノ上ビル
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅東口からバスで約8分、材木座下車徒歩2分、またはJR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩20分
営業時間:お昼ごはん11:00~15:00、カフェとスイーツ15:00~17:00、晩ご飯とお酒17:00~22:00(LOフード21:00、ドリンク21:30) ※最新の営業時間はホームページを確認
定休日:不定休(公式インスタグラムまたは電話0467-81-4723で要確認)



海のアクティビティ、材木座海岸でSUPに挑戦

材木座海岸(SUP体験)

農泊イメージ画像

せっかく海がある町でワーケーションをしているのだから、仕事の合間や仕事の後に、海のアクティビティを楽しみましょう。鎌倉の海でのおすすめはSUP。SUPとはスタンド・アップ・パドルボードの略で、サーフボードよりひと回り大きなボードに乗り、パドルを漕いで水面を進んでいくマリンスポーツです。

農泊イメージ画像

教えてくれるのは「琥珀-AMBER-」のホスト、富永忠男さん。サーフィン歴50年以上、サーフボードのシェイパーとして知られるベテランサーファーです。最初はボードに座っておそるおそる漕いでいた人も、20分もするとボードの上に立てるようになることも。バランスを崩して何度か海に落ちながらも、立ったままスイスイと進めるようになって、とても楽しいひと時が味わえます。

体験ポイント

SUP体験は通常8:00~10:00。ウェットスーツ(夏季以外)、ボード、パドルなどの道具一式は用意してくれます。水着とビーチサンダルを持参しましょう。


【DATA】
所要時間:約2時間
料金:1名7,000円
※宿泊施設の「琥珀-AMBER-」で事前予約



見晴らしのいい丘の農園で鎌倉野菜を収穫

山森ファーム(鎌倉野菜の収穫体験)

農泊イメージ画像

「琥珀-AMBER-」では、事前に予約をすれば、時期によって鎌倉野菜の収穫体験ができます。体験場所は、車で30分ほど藤沢方面に走った丘の上にある体験農園「山森ファーム」。SUPを教えてくれる富永さん夫妻が野菜を育てており、この日は大根、紫大根、ブロッコリーを収穫。「鎌倉野菜は色がきれいで味が濃い。自分で作った野菜は旨いですよ」とのこと。

体験ポイント

自分で収穫した野菜は持ち帰れます。レシピも教えてくれるので、滞在先での自炊や自宅で料理ができます。大根の葉をごま油で炒め、じゃこや桜エビを加えて、めんつゆで味付けするのがおすすめのレシピだそうです。


【DATA】
予約先:琥珀-AMBER-
所要時間:約1時間30分
※宿泊施設の「琥珀-AMBER-」で事前予約。時期や金額等詳細は要問合せ。



材木座海岸の小さなカフェでランチがてら仕事を

sea gleam coffee(ランチ&ワーク)

農泊イメージ画像

長期滞在の場合、仕事ができそうな食事スポットを見つけるのも大事です。おすすめは、マリンスポーツの拠点として利用されている会員制の鎌倉マリーナのラウンジ内に併設されたカフェ「sea gleam coffee」。自然光が入りやすい設計の明るい空間のカフェです。

農泊イメージ画像

マリーナドッグとカフェラテで軽めの食事。マリーナドッグのバンズは、鎌倉の学校給食でおなじみの老舗パン屋「日進堂」が「sea gleam coffee」のために作るオリジナル。素朴な味わいのバンズにイベリコ豚のフランクフルトが相性抜群です。フードメニューはほかに、チキンオーバーライス980円、スパイシードライカレー1,050円を用意しています。

体験ポイント

「sea gleam coffee」は2020年6月にオープン。オーストラリアやニュージーランドのカフェ文化をイメージした、ローカルであたたかみのある店造りが魅力です。バリスタの店長が丁寧に淹れてくれるエスプレッソやカフェラテはもちろん、パウンドケーキやプリンなどの自家製スイーツも評判です。


【DATA】
住所:神奈川県鎌倉市材木座6-15-18 鎌倉マリーナ1F
交通:JR・江ノ島電鉄鎌倉駅東口からバスで約10分、飯島下車徒歩1分、またはJR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩27分
営業時間:10:00~17:00(土・日曜・祝日は8:00~17:00) ※天候により変更あり
定休日:火曜



※営業時間等が変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。



Sponsored:楽天株式会社

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください