横浜に期間限定オープン!”宇宙×アクアリウム”がテーマの『UNDER WATER SPACE』に潜入

横浜に期間限定オープン!”宇宙×アクアリウム”がテーマの『UNDER WATER SPACE』に潜入

水族館 宇宙 期間限定 るるぶ&more.編集部 デート 神奈川県
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

“宇宙を旅するアクアリウム”をコンセプトとした期間限定の水族館「アクアリウム宇宙旅行『UNDER WATER SPACE』」が、「横浜ワールドポーターズ」内に期間限定でオープン!多くのアーティストとコラボし、細部までこだわって作られた異次元のエンターテイメント空間をご紹介します。

Summary

第一線で活躍するアクアリウムアーティストGA☆︎KYOが手がける異空間

みなとみらい駅から徒歩5分の場所にある大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」。その一角に、2021年8月22日(日)までの期間限定で一風変わった水族館がオープンしました!そのコンセプトは“宇宙を旅するアクアリウム”。

館内を水の惑星に見立てて宇宙旅行をするイメージでフロアをまわっていくんです!

このアクアリウムを手がけているのは、数々の賞を総なめにしてきたアクアリウムアーティストのGA☆KYO MIYAZAWA氏。今回は、その奇抜なアイデアと数々のアーティストとのコラボレーションで幻想的な空間が誕生しました。

アイデアが生まれたのは、湿度の高さが新型コロナウイルスの感染対策につながるというニュースを見たときのこと。そこから、水を多く使うアクアリウムならこの状況下でも誰かを笑顔にできるんじゃないかと模索を始めたんだそう。

実際に館内では、通常の感染対策はもちろんミストを使った演出を多用するなどの工夫がされています。

第38惑星「UNDER WATER SPACE星」へワープ!

宇宙船の搭乗口に見立てた入り口から宇宙ツアーがスタート。ミストスクリーンに映し出されたAIがアテンドしてくれるから、ワクワクが倍増します♪

その先の「ワープゾーン」には、38番目の惑星「UNDER WATER SPACE星」をイメージしたアクアリウムも。ここで体を“バイオフィッシュ化”させて、いよいよ水の惑星へワープ!ここから先は、本当に自分が魚になっているような没入感で水の中の宇宙旅行を楽しみます。

アーティストとのコラボレーションで、“水の中の宇宙”を形に

まず現れるのは「アバンチュラの森」。ここはガラス造形アーティスト生田目礼一氏のカラフルなガラス細工と流木が融合したアーティスティックな空間。一気に世界観に引き込まれます。

円形水槽だから光の屈折で見え方が変わるうえ、流動的なガラス細工が相まってミステリアスな雰囲気。かわいくて危険な「宇宙魚」が多数生息しているので、点在する水槽をひとつひとつ覗きながら森を抜けていきます。

100万年に一度の水の惑星のパーティーナイトを宇宙魚と楽しもう♪

さらに進むと、いよいよ「UNDER WATER SPACE星」に到着。“水の惑星のディスコ”をイメージしたフロアで、100万年に一度開催されるパーティーナイトが開催されています。

ここでも、光と反射の空間作品を得意とするアート集団「MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)」や革新的な家具が魅力の「SIXINCH(シックスインチ)」、さらには個性豊かな天然石のジュエリーデザイナー「SUKES(スケズ)」とコラボして、さらにきらびやかな異空間を実現。

カラフルなライティングがアートに反射する光やミストを使った雲海の演出が、パーティーを盛り上げます!

宇宙×アクアリウムのエンターテイメント空間を最大限楽しめる工夫がたくさん!

そんな「UNDER WATER SPACE星」には、約100種類の「宇宙魚」が生息。球体水槽やライトアップで奥行きや立体感、さまざまなカラーがプラスされているから、いつの間にか魚自体が不思議なアート=見慣れない「宇宙魚」のように見えてきて想像力がかき立てられます。

ここでようやく気がついたのが、魚の名前などが掲示されていないこと。これは、固定概念にとらわれず、宇宙旅行を最大限楽しんでもらうための工夫のひとつなんです。

ここでは一般的な水族館のように、生息地域でコーナーを分けたり水草でその魚の住環境を再現したりする展示方法は避けられています。水槽内はあえて無機質に展示し、魚がより際立つよう工夫されているんです!今後は、スマホをかざすとその魚の詳細が見られるようなアプリの開発にも取り組んでいるそう。

ピカるペチーナ ネオンテトラ(地球でいうとブルーハワイ味) 550円(税込)
ピカるペチーナ ネオンテトラ(地球でいうとブルーハワイ味)550円

BARカウンターで、電球ボトルドリンクをゲットして飲みながら魚を見てまわることも可能!味によってカラーが違い、その色に似た魚の名前がついていて細部までのこだわりを感じるドリンクです。

本当に別世界へ迷い込んでしまったかのような小旅行を楽しんで

奥には、GA☆KYO MIYAZAWA氏渾身の流木アクアテラリウムも。仏像と流木を組み合わせ、千手観音をモチーフにした息をのむ作品です。

最後は、宇宙船に乗って地球へ帰還。走り去る水の惑星と近づいてくる地球の景色を楽しみながら、楽しい宇宙ツアーは終了です!

本当に異世界に入り込んでしまったかのような錯覚に陥る、壮大なエンターテイメント水族館。ぜひみなさんも、水の中の宇宙旅行を体感しに足を運んでみてくださいね。

■アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」
住所:神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ4F コスモワールド側
TEL:080-4689-2926
料金:大人1200円、小学生600円(ともに税込) ※小学生未満無料
開催期間:2021年8月22日(日)まで
営業時間:10時30分〜21時(最終入場20時)
定休日:なし

Text・Photo:河野未夢(vivace)

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●「カワスイ 川崎水族館」がニューオープン!世界の水辺を旅するように楽しむ
●アクアマリンふくしまがリニューアル!生きものを身近に感じる体験型水族館
●横浜の博物館・美術館 おすすめ7選!営業時間や展示会・イベントの最新情報を紹介!

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください