コスメ×カフェ×足湯まで!“命の洗濯”ができる新宿の体験型ショップ「YUBUNE」

コスメ×カフェ×足湯まで!“命の洗濯”ができる新宿の体験型ショップ「YUBUNE」

コスメ 足湯カフェ 足湯 和スイーツ・和菓子 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

日々の生活でたまっていくストレス…。そのストレスを、さまざまな角度からデトックスしてくれる体験型ショップが誕生しました。「命の洗濯」をコンセプトに掲げ、個性的なコスメショップや、足湯を楽しめるカフェが併設された「YUBUNE(ユブネ)」は新宿の注目スポット。心身をデトックスできるメディテーション体験をしてきました!

Summary

日本を代表する建築家が手掛けた、唯一無二の幻想的な空間

東京メトロ・新宿三丁目駅から徒歩3分の所にある、体験型ショップ「YUBUNE(ユブネ)」。外観からは何のショップだろうと覗いてしまいたくなる、洗練された雰囲気が漂います。

「YUBUNE」は、1階にコスメショップ、地下に足湯カフェが併設されています。

店内に入ると、まず驚くのがこのオーロラフィルム!光が差し込むと、ゆらゆら煌めく幻想的な空間です。

こちらは、「金沢21世紀美術館」を設計した、日本を代表する建築家・西沢立衛氏が手掛けた空間で、商品がまるで美術品のように陳列されています。

「YUBUNE」のコスメは、肌はもちろん環境にも優しいバスプロダクツをはじめ、スキンケアラインやフレグランスまで全25品が揃っています。

世界のあらゆる都市を天然香料で再現した、髪にハリとコシを与える「シャワージェル」(240ml 3300円)は、「ニューヨーク」「ヴェルサイユ」「バイブリー」などのネーミングも素敵です。

オーガニックの米ぬかオイルや、水だけでつくられたクレンジングなど、独自の原料や製法で開発されたスキンケアラインや、フレグランスなどのアイテムもずらり。

どれも「YUBUNE」オリジナルアイテムなので、自分使いはもちろんギフトとして購入する方も多いとか!

ふんわりと良い香り。都会の真ん中で、癒しの時間を堪能

「YUBUNE」ならではのコスメをチェックした後は、足湯カフェへ…!1階で注文をし、地下に下りると、こちらもまた幻想的な空間が広がります。

珊瑚と貝殻を原料とする建材で形作られた足湯は、『人と人の「和」をイメージした円形で、他人という概念は存在せず、偶然の重なりで生まれる人との繋がりを感じる…』ことをイメージして作られたそう。

ロッカーやタオル、足洗い場も完備してあるので、ふらりと立ち寄っても安心です。

足湯に入ると、少し白濁したお湯から心休まる香りがふんわりと漂います。

こちらは、高野山の高野槇をイメージした香り「KOYAMAKI」。澄み渡る空気を感じるような、凛としたウッディノートです。

1階で購入できるフレグランスにも同じ香りがあり、日本人調香師がデザインしたフレグランスは、日本で生まれ育ったからこそ感じる、どこか懐かしく、そして癒しの香りなんです…!

足湯に入りながらじっくり味わえる!本格的なドリンク&和菓子

「抹茶ラテ」900円、「練り切り(寒牡丹)」500円(ともに税抜)※足湯の利用はワンオーダー制
抹茶ラテ 900円、練り切り(寒牡丹)500円(ともに税抜)※足湯の利用はワンオーダー制

今回注文したのは、「抹茶ラテ」と「練り切り」の2点。大きなカップに入った「抹茶ラテ」は、抹茶のほろ苦いおいしさに、ミルクの自然な甘みがマッチした大人の味。甘みが欲しい方は「黒蜜」をつけてもらえるので甘党さんも楽しめます。

かわいい寒牡丹の「練り切り」は、お店でひとつひとつ手作りしているこだわりよう!数に限りがあるので、すぐ完売になることも多いとか。

優しい甘みの「練り切り」とほろ苦い「抹茶ラテ」は相性抜群で、本物のおいしさに触れられ胸がいっぱいに。

今回は特別に「抹茶ラテ」を作っているところを見学させていただきました!

オーダーを受けてから、一杯一杯ていねいに茶筅で抹茶を立てて作られます。ふわふわに泡立てたミルクをたっぷり加えて完成です!

この他にもカフェメニューは、ほうじ茶や玉露、コーヒーや季節のスムージーまで豊富な種類がそろっていますよ。

SNS映えも計算済み!不思議な構図のシャッターチャンス!

足湯の天井には大きな鏡があります。足湯が鏡に写ることで、空間が広く感じられるだけではなく、この鏡を使ってSNS映え写真を撮影することができるんだとか…!

その写真がこちら。天井の鏡に向けて撮影すると、まるで上から足湯を覗いているような素敵な写真を撮ることができちゃうんです。

なかなか無い不思議な構図は、SNS映え間違いなし!

店員さんの制服にも注目。
和服をモードなデザインに落とし込んだ、丸みのあるシルエットが特徴の制服は、かつて英国王室しか使うことを許されなかった、最高級の「シーアイランドコットン」を使用しているんだとか。

「YUBUNE」は、コスメの中身にこだわっているブランドなので、それと差ができないように、おもてなしする制服や、カフェのメニューまでも徹底的にこだわっているんだそう。

「YUBUNE」に訪れた人は、都会の喧噪から離れ、新しい気持ちで日常へと戻ることができます。

気づかぬうちに溜まったストレスを、コスメやカフェ、足湯で洗い流す“命の洗濯”。疲れたあなたにぴったりな癒しのスポットです。

■YUBUNE(ゆぶね)
住所: 東京都新宿区新宿5-10-1 2SKY BLDG 1F
TEL:03-4546-1773(月〜土曜10〜18時)
営業時間:11時30分〜18時30分
定休日:月・火曜

Text:守屋美希(vivace)

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●下北沢「由縁別邸 代田」で温泉旅行!思い立ったらすぐ行ける!都内で本格温泉気分♬
●京都・嵐山で人気上昇中!かわいすぎるお花いっぱいの足湯体験
●箱根の全室半露天付き高級ホテルが素敵すぎ…「HAKONE NICA」を徹底解剖!

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください