横浜/ホテル/ホテルニューグランド

カラフルなフードと店内にキュン!横浜・桜木町で楽しむ本格モダンメキシカン

神奈川県 メキシコ料理 5000円以下ディナー お酒 メキシコ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

桜木町から歩いて5分ほど、昔ながらの居酒屋が軒を連ねる野毛エリアでひと際目立つカラフルなお店がモダンメキシカンダイナー「アフロタコス」です。色とりどりの野菜を使ったタコスや、フレッシュなフルーツたっぷりのカクテルなど堪能してきました!

Summary

おもちゃ箱のようなカラフルな店内

扉を開ける前から心躍るようなお店の外観に描かれたイラストは、横浜出身のアーティストのもの。

店内もアフロタコスワールド全開!中南米をイメージしたブルーの壁は、イラストが映えるようにと、オープン時にオーナー自ら塗ったそう。

スタッフの方は明るく気さくで、一人でも安心して訪れることができます。カウンター上のスペイン語のメッセージ「VIVA LA VIDA(人生最高!)」がぴったり。

メキシコで生まれ変わりの象徴とされるガイコツが、至る所に。

1階にはカウンター席とテーブル席、2階にはテーブル席があります。ユニークな飾りやイラストが随所にあるので、子どもも楽しめそうです。

彩りあざやかなメキシカンフード

アフロタコスでいただけるのは、タコスやメキシカンライスなど、メキシコにインスパイアされたフードと、フレッシュミントや搾りたてのフレッシュフルーツなどを使ったこだわりのドリンク。

生地の種類や具材を選べるタコスは1piece580円(税込)から。シェアする場合は、ハーフカットしてくれます。具材は、プルドポーク、牛ハラミステーキとパイナップル、ガーリックシュリンプなど6種類からチョイス。

「タコス 5piece 2475円(税込)」

特に人気なのが、プルドポークにアボカド、トマト、オニオン、ハラペーニョ、パクチーをトッピングした「CARNITAS」。ジューシーな豚肉とピリッと辛いハラペーニョ、個性の強いパクチーを、アボカドがまろやかにまとめてくれています。
個人的に一番気になったのは、食用サボテンと豚ひき肉、ピクルストッピングした「NOPAL」。サボテン自体は、塩味があり味にクセがなく、アロエのような食感がいいアクセント!

殻まで食べられるソフトシェルシュリンプを使った「レッドホットペッパーシュリンプ」930円(税込)。スパイシーでビールが進みます。

トマトで煮込んだライスにワカモレ、チーズ、お肉をトッピングした「メキシカンライス」1150円(税込)。

旬のフルーツをたっぷり使ったオリジナルカクテル

ドリンク一番人気は、フレッシュミントと旬のフルーツを使った「シーズナルモヒート」850円(税込)。4月頃までは、ストロベリーフレーバーを提供予定です。

商品の一部は、テイクアウトやデリバリー対応もしているので、おうちでメキシコ気分を味わってみて。

AFRO TACOS (アフロタコス)

住所:横浜市中区野毛町2-72-2
電話:045-341-4321
営業時間:12〜20時(酒類の提供は19時まで)
定休日:火曜
HP:https://kulakula.info/afrotacos/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間等変更になる場合があります。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください