関東の梅の名所おすすめ7選!例年の見頃や2021年の梅まつり開催有無もチェック!

関東の梅の名所おすすめ7選!例年の見頃や2021年の梅まつり開催有無もチェック!

おでかけ 春におすすめ お花見 公園 城・城郭 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「関東三大梅林」をはじめとする関東(1都6県)で人気の梅の名所を、各県1スポットずつ、計7スポットご紹介。例年の見頃時期が2月中旬から3月下旬までのスポットがあり、2021年の梅まつりは残念ながら中止のところが多いですが、見学のみ可能となっている場所もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

Summary

【東京都】湯島天満宮(湯島天神)

湯島天満宮
湯島天満宮

梅の名所として江戸時代から有名な湯島天満宮。菅原道真公を祀っていることから学問の神様として知られ、境内に咲く「湯島の白梅」とともに、毎年春には多くの合格祈願者や観梅者が訪れる。境内の梅園には加賀梅など約20品種300本の梅が植栽されている。2021年は、新型コロナウィルスのため「梅まつり」は中止されるが、参拝は自由。
アクセスは、公共交通の場合は東京メトロ湯島駅3番出口から徒歩3分、またはJR御徒町駅北口から徒歩8分。
例年の見頃時期は、2月中旬~3月上旬となっている。

【神奈川県】曽我梅林

関東三大梅林の一つで、小田原の約7km北東に広がる梅林の総称。箱根連山や富士山を背景に3万5000本の梅が花を咲かせる。曽我梅林と小田原城址公園との「小田原梅まつり」は、2021年は「梅の里さんぽ」と名称を変更。広大な梅林を気軽に散策してもらうことをテーマに2021年2月8日(月)~28日(日)開催した。周辺にはみどころも多く、子宝や縁結びに御利益がある瑞雲寺、曽我兄弟の菩提寺、城前寺、旧六ケ村の総鎮守宗我神社などがある。
アクセスは、公共交通の場合はJR下曽我駅から徒歩15分。
例年の見頃時期は、2月中旬~3月上旬となっている。

■曽我梅林
住所:神奈川県小田原市曽我地区
TEL:0465-20-4192(一般社団法人 小田原市観光協会)
営業時間:散策自由(売店等は10~16時頃)
定休日:期間中無休
料金:入場自由
アクセス:公共交通:JR下曽我駅→徒歩15分
駐車場:あり/有料駐車場1日500円(9~15時頃まで)

【埼玉県】越生梅林

関東三大梅林の一つで、九州太宰府から天満宮を分祀された時に植えたのが起源とされる。樹齢650年の古木など、1000本余りの梅が咲き揃う。梅まつりは、規模を縮小して2021年2月13日(土)~3月21日(日)開催。新型コロナウィルス感染拡大の影響及び開花状況により、開催期間は変更する場合もある。
アクセスは、公共交通の場合は東武越生駅・JR越生駅から川越観光バス黒山行きで13分、バス停「梅林入口」下車、徒歩すぐ。
例年の見頃時期は、2月中旬~3月下旬となっている。

【千葉県】坂田城跡梅林

ふれあい坂田池公園に隣接する坂田城跡の梅林。千葉県最大級の、約1000本以上の巨木が純白の花を咲かせる。梅まつりは、例年2月下旬~3月中旬(毎年期日の変動あり)に開催されるが、2021年は新型コロナウィルス感染拡大の影響により中止。
アクセスは、車の場合は千葉東金道路松尾横芝ICから県道62号経由5km10分。
例年の見頃時期は、2月下旬~3月中旬となっている。

【茨城県】偕楽園

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つである。天保13年(1842)、徳川斉昭によって造園され、民と偕(とも)に楽しむ場にしたいという願いから偕楽園と名付けられた。広々とした園内には約100品種3000本の梅が植えられている。梅の木が咲き誇る園内を存分に楽しめる。
アクセスは、公共交通の場合はJR水戸駅北口から茨城交通バス偕楽園前行きなどで20分、バス停「偕楽園・常磐神社前」下車、徒歩すぐ。
例年の見頃時期は、2月下旬~3月中旬となっている。

【栃木県】観音山梅の里梅園

約4万㎡の梅園に、白加賀や紅梅など5種類、約3000本の梅の花が咲く。園内は遊歩道や駐車場も備えられている。また、例年の「観音山梅の里梅園梅まつり」では、歌謡ショー、地元商店による模擬店など、多彩なイベントを開催。2021年は、新型コロナウィルス感染拡大により、イベントなどは中止になっているが、梅園の見学は可能。
アクセスは、公共交通の場合は真岡鐵道市塙駅から徒歩20分、または車5分。
例年の見頃時期は、3月上旬~中旬となっている。

【群馬県】榛名梅林

高崎市の「箕郷梅林」、安中市の「秋間梅林」とあわせて「群馬三大梅林」のひとつに数えられる。榛名山を望む丘陵地に、白加賀を中心に梅林が広がっており、地域全体では12万本にもなるという一大産地。花の咲いた風景は遠くから望めば榛名山の麓を白い霞がたなびいているよう。
アクセスは、公共交通の場合はJR高崎駅から群馬バス、または高崎市内循環バスぐるりんで50分、バス停「エコール入口」下車、徒歩10分。
例年の見頃時期は、3月上旬~下旬となっている。

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください