千葉/カフェ

千葉の海&山を満喫!自然派カフェ5選

千葉県 カフェ 海カフェ コーヒー 絶景 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

海あり、山ありの千葉の外房エリアでは、風を感じながら落ち着けるカフェが点在しています。日本の原風景を望む里山カフェと南国気分満点の絶景カフェを5選でご紹介します。気分に合わせて選んでみてくださいね。

Summary

テラス席から眺める絶景棚田にうっとり♪

※テラス席はテイクアウト利用のみ(写真は特別に店内用の食器で掲載しています)
※テラス席はテイクアウト利用のみ(写真は特別に店内用の食器で掲載しています)

房総を代表する棚田・大山千枚田に隣接して立つ食事処&カフェ「古民家レストランごんべい棚田カフェ」。店内の座敷や、すぐ近くにある棚田倶楽部のテラス席で飲食ができるほか、一部メニューはテイクアウトも可能です。

米を使った麺に、地元の野菜と肉味噌がのる千枚田みそ米麺もぜひ。

古民家レストランごんべい棚田カフェ

住所:千葉県鴨川市平塚546-1
時間:10~16時
休み:火曜(祝日の場合は翌日)
アクセス:JR安房鴨川駅から車で20分

竹林に囲まれた陶芸工房併設のカフェ

「Café SASAYA」は夫婦で営むカフェ&ギャラリー。奥様が作る上品でやさしい味わいのカフェメニューを、主人制作の素敵な器で楽しめます。併設された工房で、陶芸体験や銀ねんど体験も可能です(要事前予約)。

おすすめは抹茶の粉がアクセントのモチモチスイーツのモッフル あんこサンド495円。

海風が心地いいオンザビーチの特等席

「Dining Bar RAGTIME(ダイニング バー ラグタイム)」は、まさにオーシャンレストラン!といった雰囲気。テラス席に出ると、目の前に真っ白なビーチが広がっています。夜はジャズが流れる大人の空間に。定期的にジャズライブも開催しています。

勝浦の郷土料理・ネギヤキがモチーフのネギ焼きピッツア950円をぜひ。

Dining Bar RAGTIME

住所:千葉県勝浦市部原1928-32
時間:11~14時LO、17~21時LO
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
アクセス:JR勝浦駅から車で5分

大パノラマの一面窓!全席から海を望める

「Banzai Café(バンザイカフェ)」は松部漁港前に立つ白い外観が目印。1階はカウンター、2階はテーブル席で、2階の一面窓から望む大海原が自慢です。営業時間外にヨガレッスン1500円(ワンドリンク付き)を開催しています。

ピリ辛ソースがやみつきになるBanzai風タンタンパスタ980円はランチにどうぞ。

大自然に囲まれて過ごす癒しのひととき

「café En(カフェ エン)」は、鴨川自然王国・藤本敏夫記念館にある自然派カフェ。自家農園で作るとれたての無農薬有機野菜や米、大豆を使ったランチやスイーツを楽しめます。人気は王国野菜のパスタプレート1200円など。お店は土・日曜のみの営業です。

ナチュラルなインテリアな店内でいただきたい、王国の米と野菜、旬の山菜や野草などを使った、王国季節のランチプレート1100円。

図書購入はこちら!

https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-202012131404-000/

掲載した情報をはじめ、千葉・房総についてもっと知りたい方は、『るるぶ情報版千葉 房総22』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『るるぶ情報版千葉 房総22』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください