南房総/カフェ/海/山

南房総でゆっくりランチ&ティータイム!海カフェ&山カフェ5選

千葉県 海カフェ ランチ カフェ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

美しい自然に出会える南房総でのおすすめは潮風を感じながらのランチ&カフェタイム。 きらめく海を眺めながらのひとときは時が経つのを忘れてしまいそう。緑に包まれた山カフェも要チェックです。今回はゆっくりとくつろげる海カフェ&山カフェを5選でご紹介します!

Summary

波穏やかな館山の海が目の前に広がる

館山の「海辺のダイニングKUMFA」は、北条海岸に面した建物の2階にある多国籍料理の店。店内はバリ島などから取り寄せた、木の温もりが感じられるインテリア で統一されています。バルコニー席からは海に沈む夕日が見える絶好のロケーション。多国籍料理と豊富なドリンクメニューが魅力で、夜はバーとしての利用もおすすめ。

バリの高級リゾートを思わせる重厚感のある店内。ランチにはナシゴレン1100円(ランチセット)を。味わい深いインドネシア風のチャーハンにスープやドリンクが付きます。

海辺のダイニングKUMFA

住所:千葉県館山市北条2674-11
時間:11時30分~14時、18~22時
休み:水曜
アクセス:JR館山駅から徒歩10分

オシャレ&ヘルシーなくつろぎ空間

館山にあるフィットネスクラブを併設する珍しい形態のカフェ「SEA DAYS」。海での時間を楽しむためのリビングのような空間で、身体にやさしい ヘルシーなカフェメニューを提供しています。2階には館山湾を一望できるテラスも。ティータイムにおすすめはハワイ発のヘルシーデザートのアサイーボウル890円を。野菜やフルーツがたっぷり入ったグリーンスムージー680円などもあります。

SEA DAYS

住所:千葉県館山市北条2307-52
時間:10時~16時30分LO
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
アクセス:JR館山駅から徒歩5分

アメリカンな手作りカフェ

千倉にある「Strawberry Pot(ストロベリーポット)」は海と畑を見渡す建物の2階、手作りの素朴さを感じさせる癒しのカフェ。テラスのカウンター席からは、畑越しに千倉の海を一望できます。料理はアメリカのブランド、ファイヤーキングの器で提供されます。店内にはオーナーがセレクトした器や手作りグッズなどの販売コーナーも。

Strawberry Pot

住所:千葉県南房総市千倉町549-1
時間:11~16時
休み:火曜(変動あり)
アクセス:JR千倉駅から車で10分

古民家で味わう素朴な田舎料理

歴史ある卵農家が営む食事処「百姓屋敷じろえむ」は館山に。お膳に並ぶのは、平飼い鶏の有精卵や目の前の畑でとれた有機野菜や有機米など大切に育てた素材ばかり。舌もカラダも喜ぶ極上な田舎料理が味わえます。明治17年(1884)建築という茅葺きの長屋門が出迎えてくれます。

ランチの昼食セット1650円はお膳が基本でおまかせのみ。550円きざみで2品ずつ料理がプラスになり、料理内容は収穫によって変わります。

木々に囲まれた一軒家カフェ

館山の山の中腹にたたずむ遊び心いっぱいの隠れ家カフェ「grass-B(グラスビー)」。敷 地のいたるところにハーブが植えられ、アンティークな調度品が並ぶ店内にはさわやかな香りが充満。料理やケーキ、ドリンクにも、自家製ハーブをふんだんに使っています。ウッドデッキのテラス席はペットと一緒に過ごせます。

ジェノベーゼピッツア1000円は、自家製バジルソースにニンニクをきかせた定番メニューです。

図書購入はこちら!

https://books.jtbpublishing.co.jp/book/60001-202012131404-000/

掲載した情報をはじめ、千葉・房総についてもっと知りたい方は、『るるぶ情報版千葉 房総22』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
●この記事は『るるぶ情報版千葉 房総22』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください