奄美大島へ行くなら、大自然を満喫できるネイチャーガイド5選!

奄美大島へ行くなら、大自然を満喫できるネイチャーガイド5選!

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
マリンスポーツ ダイビング・スキューバダイビング カヌー・カヤック リゾートホテル
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

自然あふれる奄美大島は鹿児島にある日本最大級の離島です。入り組んだ海岸線がたくさんの穏やかな湾をつくりだし、バラエティに富んだ地形と生物がいっぱいで、ダイビングスポットとしても理想的。奄美大島に行くならダイビングしないと、もったいない!

【中部 名瀬】アマニコガイドサービス

未経験者や子供も大歓迎!チャーターも可能
未経験者や子供も大歓迎!チャーターも可能
ほぼ手ぶらで参加OK!また“貸切案内、少数人数制、融通が利く”などのオリジナルツアーも作成可能です!マングローブ、シーカヤック、SUPだけでなく船釣り(釣った魚を居酒屋へ持ち込み可)やナイトツアー、話題のE-バイクツアーもあるので、まずは気軽に問合せしてみてくださいね。

◆アマニコガイドサービス
住所:奄美市名瀬朝仁町11-2
TEL:0997-58-7879
営業時間:9~18時(電話受付)
料金:サンセットマングローブカヌー税込6,600円 他【マングローブ関係】【シーカヤック】【SUP】【船釣り&ジギング】【ボートシュノーケル】【ナイトツアー】【E-バイク】※詳細は「アマニコ」で検索



【中部 名瀬】ガラパゴスアマミ

自由に組み合わせて海あそびしよう
自由に組み合わせて海あそびしよう

こちらは中心街(屋仁川通り)に隣接しているので、市街地、繁華街、ホテルが近いためレンタカー無しでも観光ついでに楽しめます。もちろんホテル~現地間の送迎もあります。ガイドツアーはキャンピングカーで案内してもらえるので、トイレや更衣室の心配がないのがうれしいですね。

◆ガラパゴスアマミ
住所:奄美市名瀬柳町10-1 1F
TEL:0997-57-1601
営業時間:9時〜19時
定休日:不定休
料金:サーフィン8,000円~、SUP8,000円~、ウェイクボード5,000円~、ガイド5,000円~

【南部 古仁屋】ダンデライオン奄美

奄美育ちのベテランガイドに何でも聞いちゃおう
奄美育ちのベテランガイドに何でも聞いちゃおう

奄美大島南部の瀬戸内町と加計呂麻島南部の美しい海を中心に、シュノーケリング、体験ダイビングなどを奄美育ちのベテランガイドが案内してくれます!星空撮影や団体・個人ボートチャーターも可能。奄美の海を大満喫出来ちゃいます!

◆ダンデライオン奄美
住所:大島郡瀬戸内町古仁屋大湊26-14
TEL:090-2519-3787
定休日:不定休 臨時休業の場合あり
料金:加計呂麻島満喫シュノーケリング/半日ツアー10,000円・1日ツアー15,000円~、 星空撮影ツアー/6,000円~ 他 ※詳細はHPにて


【北部 龍郷】ネイティブシー奄美

水中で記念撮影もできますよ!
水中で記念撮影もできますよ!

ビーチまでたったの2分!海を一望できる抜群のロケーションのダイビングショップ。体験ダイビングからシュノーケリング・サンセットクルージングなど、他のダイビングショップよりも幅広い体験ができます。系列の宿泊施設やレストランも揃っているのでゆっくり滞在しながら楽しめます。

◆ネイティブシー奄美
住所:大島郡龍郷町芦徳423
TEL:0997-55-4600
営業時間:ビーチシュノーケル(2時間コース) 8時30分~、12時~、15時~から選択/体験ダイビング(2時間半コース) 8時30分~、12時~、15時~から選択
定休日:無し


【北部 笠利】サンゴとヤドカリ

シュノーケリングでは98%の確率でウミガメに遭える!
シュノーケリングでは98%の確率でウミガメに遭える!
元水族館職員の代表ガイドが車の移動中も自然や風土、食べ物など、奄美ならではの魅力を紹介してくれます。おススメは、ガイド付きでしか行けないマングローブカヌー体験や、サンゴ礁を眺めるシュノーケリング体験です。アマミノクロウサギに約97%の確率で遭遇できるナイトツアーや金作原原生林探索もあります。

◆サンゴとヤドカリ
住所:奄美市笠利町節田1923-1
TEL:090-9941-6737
営業時間:9~18時
休み:不定休
料金:シュノーケリング(半日)大人6,000円/子供5,000円、シュノーケリングとマングローブカヌー(1日)大人12,000円/子供10,000円、亜熱帯の森ナイトツアー大人9,000円/子供7,000円※全て保険代及び税込での価格



●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は『るるぶ奄美 屋久島 種子島'22』に掲載した記事をもとに作成しています。

Sponsored:デイリー・インフォメーション九州

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください