静岡の茶畑にプライベートテラスが出現!絶景のなかでいただく特別な日本茶

静岡の茶畑にプライベートテラスが出現!絶景のなかでいただく特別な日本茶

静岡県 おでかけ 絶景 インスタ映え インスタジェニック カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今度のお休みは日帰りで行ける絶景スポットで深呼吸しませんか?好評発売中の絶景ガイド『東京から行く!日帰り絶景さんぽ2021-2022』。この本とコラボしてニューノーマルな絶景スポットを連載記事でご紹介します。第一回は茶どころ静岡。茶畑のなかでお茶を楽しめる貸切のプライベートティーテラス「茶の間」へご案内します。

Summary


雲の上から見下ろすかのような絶景をひとり占め!

茶どころ静岡の新たな試み「茶の間」。県東南部に6カ所あり、いずれも茶畑の中に設置されたテラスで、その土地のお茶をいただけます。完全予約制・持ち込み自由のプライベート空間なのも嬉しいポイント。そんな「茶の間」の中でも、群を抜く眺望のよさで注目を集めるのが「天空の茶の間」です。

山の風を感じながら極上のお茶タイム

標高350mの傾斜地にある茶畑に張り付くような絶景テラスで風を感じながらいただくお茶はまさに絶品!
2日前までに予約をしたら、当日はまず茶農家「豊好園(ほうこうえん)」にて受付を。豊好園では20種以上の日本茶を栽培しているそう。薫り高い季節のお茶がいただけるのも茶の間ならではです。

テラスまではお茶セットの入ったリュックとクッションを受け取り、茶畑を5分ほど登ります。いただけるのは2種類の季節の茶葉を使ったお茶。夏は冷茶の場合もあるそうです。持ち込みは自由なので、周辺でお茶請けを買っていくのもおすすめ!

■天空の茶の間
住所:静岡県静岡市清水区布沢270(豊好園)
TEL:054-251-5937(するが企画観光課)※予約はネット予約のみ(https://chajihen.com
営業時間:9時30分~11時、12時~13時30分、14時30分~16時(各回90分)
定休日:水曜、雨天時(前日に中止の判断あり)
料金:1人3000円(2日前までの予約制)

茶の間とセットで巡れる絶景スポットはこちら

極上のお茶タイムを終えて、山間部から海沿いに降りていくと、ここにも風光明媚な景勝地・日本平が。富士山、駿河湾、三保松原という静岡を代表する3つの風景が揃いいつまでも浸っていた気分。

日本平ホテル(テラスラウンジ)

富士山や駿河湾、三保松原を眼下に望む日本平に立ち、「風景美術館」というコンセプト通り、季節や時間帯によって移ろう美景に浸ることができます。テラスラウンジでは全面のガラス越しにダイナミックな絶景が迫るよう。パティシエ渾身のアフタヌーンティーセットで優雅なひと時を。

■日本平ホテル(テラスラウンジ)
住所:静岡県静岡市清水区馬走1500-2日本平ホテル内
TEL:054-335-1157
営業時間:10~19時
定休日:無休

日本平夢テラス

標高370mに広がる景勝地・日本平山頂に生まれた展望施設。隈研吾建築都市設計事務所が手がけた施設では、日本平の歴史や魅力を展示で紹介しています。施設から続く1周200mの展望回廊からは富士山や南アルプス連峰、駿河湾、三保松原など360度を一望のもとに。


掲載した情報をはじめ、首都圏から日帰り圏内の絶景スポットについてもっと知りたい方は『東京から行く!日帰り絶景さんぽ2021-2022』をご覧ください。



●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は『東京から行く!日帰り絶景さんぽ2021-2022』に掲載した記事をもとに作成しています。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください