ティラミスラボ商品画像

東京・原宿に「ティラミスラボ」がオープン!韓国スタイルの食べ歩き新スイーツに注目

東京都 NEWS ニューオープン スイーツ フォトジェニックスイーツ 食べ歩き
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京・原宿に本格的なティラミスをワンハンドで楽しめるティラミス専門店『TIRAMISU LABO(ティラミスラボ)』が2021年3月19日(金)オープン。極上のなめらかさがハマる“飲めるティラミス”が登場します。

Summary

日本では珍しい韓国スタイルのカップティラミス専門店「ティラミスラボ」

日本で「ティラミス」といえば1990年代に流行したスイーツですが、近年韓国では、フルーツなどをトッピングしたカップティラミスが、フォトジェニックなスイーツとして人気を集めています。

『ティラミスラボ』は、日本では珍しい韓国スタイルのカップティラミス専門店としてオープン。

店内は白を基調とし、韓国をイメージしたネオン管でつくられたパステルカラーのロゴをお店の中心にレイアウト。フォトスポットとして、カップティラミスやドリンクと一緒に写真撮影が楽しめちゃいます。

開放的なテラス席は屋根付きなので、雨の日も安心して利用できます。

定番オリジナルティラミスをはじめ、いちご、抹茶、オレオなど全6種類ラインナップ

韓国スタイルのカップティラミスは6種類。

イタリアンレストランで長年経験を積んだシェフが、クリーミーでコクが強いイタリア産マスカルポーネチーズと北海道産生クリームを厳選し、卵の黄身だけを使用した濃厚さと滑らかな食感を実現。“飲める”のような滑らかな食感が特長。

まずおすすめしたいのが「オリジナルティラミス」500円。“飲めるティラミス”はクセになりそう。

「いちごティラミス」680円は、フレッシュないちごをそのままトッピングした見た目もかわいらしいティラミス。

オレオのサクサク食感と心地よい苦味がティラミスと絶妙にマッチした「オレオティラミス」600円。

「ブルーベリーティラミス」680円は、フレッシュブルーベリーの甘さと酸味がマスカルポーネと相性抜群。

チーズクリームと濃厚チョコレートクリームを重ねた、甘いもの好きにはたまらない「ショコラティラミス」650円。

「抹茶ティラミス」580円は、抹茶のほろ苦さとティラミスの甘味が引き立て合うおいしさに。どれもお酒を使っていないので、誰でもおいしく食べられます。

イラストとロゴの入ったかわいすぎるクラフトカップで提供してくれるので、気軽にテイクアウトして食べ歩きができますよ。

SNSで話題の韓国発祥のドリンク「ダルゴナミルク」も味わえる

「ダルゴナミルク」500円
「ダルゴナミルク」500円

ドリンクは2種類。
SNSで話題の韓国発祥、大人気ドリンク「ダルゴナミルク」は、牛乳にキャラメル風味でサクっとした食感のダルゴナをトッピング。

「自家製ラボレモネード」400円
「自家製ラボレモネード」400円

ティラミスラボ特製「自家製レモネード」は、ソーダ割りと水割りから選べるさわやかなドリンク。

ふわふわとろとろの生ティラミスを味わってほしいと、その日に販売する分だけを調理している「カップティラミス」。韓国へ行けない今、原宿で新感覚ティラミスを味わってみませんか。

■TIRAMISU LABO(ティラミスラボ)
住所:東京都渋谷区神宮前1-15-4 Barbizon76
TEL:03-6721-1129
時間:10~20時
休み:無休

Text:TAKAKO


●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください