小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

おせんべい・おかきの老舗「小倉山荘」の本店「小倉山荘 竹生の郷」に行ってみた!

和スイーツ・和菓子 パフェ チョコレート 京都府 京都みやげ るるぶ情報版(国内)編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

おかき・せんべいなどの米菓で全国に知られる老舗「小倉山荘」。発祥の地である長岡京市には、本店「小倉山荘 竹生の郷」があります。そんな小倉山荘 竹生の郷には、おかきの販売はもちろんのこと、スペシャルメニューが味わえるカフェや、和菓子店、チョコレート店まで併設されているんです。その様子をばっちりお届けします。

Summary


いざ潜入!美しい日本庭園がお出迎え

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

小倉山荘 竹生の郷は、阪急長岡天神駅から車で10分ほどの、紅葉の名所として知られる光明寺にほど近い閑静な場所にあります。施設全体の敷地面積は、なんと約800坪もあるそう。前には無料駐車場も併設されているので、車で訪れる際も安心です。

入口の門をくぐると、まず出迎えてくれるのは広大な日本庭園。丁寧に手入れされた木々や緑は、心を穏やかにしてくれます。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

庭園のなかを歩いてみると、百人一首の歌が刻まれた石碑を随所に発見しました。というのも、こちらの日本庭園は小倉山荘が販売するお菓子のコンセプト「小倉百人一首の世界観」を表現しているのだとか。四季折々の自然美を感じる庭園を眺めながらのんびり過ごしたくなりますね。お買い物の合間に、ぜひ散策して癒されてみてくださいね。


定番のおかきがずらりと並ぶ本館

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

日本庭園を抜けた先にある本館に入ってみると、広々とした店内に小倉山荘の定番商品であるおかき・せんべいの商品がずらりと並んでいます!百人一首の世界観が表現された上品で美しい包装は、お礼やお中元、お歳暮などの贈り物にぴったりです。お盆前や年末になると、贈り物を買うために遠方から足を運ぶ人で行列ができるほどの人気だそう。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

数ある商品の中でも一番人気を集めるのが、定番の「をぐら山春秋 」(486円~)。小倉百人一首の世界をイメージした8種類のあられが入るシリーズです。リーズナブルな価格にもかかわらず、たしかな味と上品な包装で、誰に送っても喜ばれるとリピートする人が多いそう。四季それぞれのパッケージがあるので、季節感を出したいときにもおすすめですよ。


ファームダイニングカフェで絶品スイーツを

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

ショッピングを楽しんだあとは、本館1階に併設されているダイニングカフェ「小倉山荘 ファームダイニングカフェ」でひと休みしましょう♪

カフェでは、小倉山荘が自社農園で丁寧に育てたお米と、旬の食材を生かした食事や甘味メニューを味わうことができます。店内は広々とした開放的な空間。大きな窓からは光がたっぷりと差し込み、美しい日本庭園を眺めながらゆったりくつろげます。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

まず注文したのは、抹茶パフェ(990円)。ふわふわのクリームのなかに、宇治抹茶のアイス、カステラ、ゼリーなどがたっぷり入った抹茶づくしの贅沢なパフェです。なかでも、抹茶ゼリーは一からお店で作っているそう。

早速食べ始めてみると、なにやらサクサクとしたものが入っていることに気づきました。その正体はなんと、おせんべい!「パフェにおせんべい?」と意外に思うかもしれませんが、甘いクリームやアイスなどに、香ばしいおせんべいが良いアクセントを加えてくれるんです。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

次に頼んだのは、京きなこのわらび餅(770円)。つるんとしたわらび餅に、きな粉と黒蜜をたっぷりかけていただきます。本わらび粉を使用したわらび餅は、もちもちとした食感で、口のなかで優しくとろける! 香ばしい京きな粉と、黒蜜のコク深い甘さのハーモニーがたまりません。プラス275円でドリンクとセットにすることもできますよ。


良質な和菓子が勢ぞろい 明月菓寮

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

本館を出て、隣接する別館に向かいます。まず訪れたのは1階にある和菓子ブランド、「明月菓寮 」。「良質な日本のお菓子を味わう」をコンセプトに、2015年にオープンしました。店内の壁や梁は金色に塗られていて、高級感のある華やかな雰囲気。棚の上やショーウィンドウのなかには、カステラや饅頭などのお菓子がずらりと並びます。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

悩んだ末に明月菓寮で購入した商品の一つ目は、一番人気の鈴カステラ(15個入り411円)。ころんとした可愛らしいビジュアルが目を引くこちらのお菓子は、かつて都として栄えた長岡京の遺跡から出土した鈴がモチーフとなっているそう。長い歴史をもつ長岡京市らしいお菓子で、お土産としてもぴったりですね。口に入れると、ほどよい弾力がありつつしっとりとした食感で、優しい甘さがふんわりと口のなかに広がります。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

二つ目に購入したのは、チーズブッセ(1個195円)。卵をたっぷり使用したふわふわ食感のスポンジと、チーズ本来の塩味をほんのりと感じるクリームのハーモニーが楽しめます。冬~春にかけては、季節限定のいちごブッセ(1個216円)が登場するので、こちらもおすすめですよ。


米菓とチョコのコラボレーション リ・オ・ショコラ

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

金色のゴージャスなエントランスが特徴的なのは、小倉山荘リ・オ・ショコラ。2015年春に別館の2階にオープンした、小倉山荘が手がけるチョコレートブランドです。

店名は、あられ・おかきの原料である「お米」と「チョコレート」の融合を意味した言葉だそうで、その名の通り米菓とチョコレートを組み合わせた個性的な商品が揃います。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

数ある商品のなかから、今回はペカンナッツショコラ 和三盆と、をぐら山春秋 ARARE&CHOCOLATを購入しました!

ペカンナッツショコラ 和三盆(627円:手前)は、ペカンナッツをくちどけのよいチョコレートで包み込んだ人気商品。和三盆、抹茶、キャラメル、ココアの4種類のフレーバーがありますが、今回は和三盆を選びました。上品な甘さのまろやかなホワイトチョコレートと、サクッと香ばしいペカンナッツがクセになる商品です。

をぐら山春秋 ARARE&CHOCOLAT(6袋入り810円〜:奥)は、あられとチョコレートを同時に楽しめる商品。しょっぱいあられと濃厚な甘さのチョコレートが相性抜群で、ついつい食べ過ぎてしまいそう。こちらは箱や缶などでも販売されているので贈り物としてもおすすめです。

小倉山荘の本店、小倉山荘 竹生の郷に行ってみた!

小倉山荘の本店「小倉山荘 竹生の郷」いかがだったでしょうか。贈り物選びはもちろん、カフェで一服したり、お庭を眺めたりと、さまざまな楽しみ方ができますよ。また、今回紹介した商品はいずれもオンラインショップで購入可能なので、ぜひ利用してみてください!

小倉山荘 竹生の郷
住所:京都府長岡京市今里蓮ケ糸45
時間:10~18時(小倉山荘ファームダイニングカフェは10時~17時30分、17時LO)
休み:年中無休(年末年始を除く)
アクセス:阪急長岡天神駅から車で10分
駐車場:あり

https://www.ogurasansou.co.jp/shop/default.aspx


●この記事内の表示価格はすべて税込みです。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください