恵比寿の邸宅で楽しむ極上のアフタヌーンティー専門店「Atelier plein EBISU」がオープン

恵比寿の邸宅で楽しむ極上のアフタヌーンティー専門店「Atelier plein EBISU」がオープン

るるぶ&more.編集部 東京都 アフタヌーンティー 紅茶 アートのようなスイーツ 食・グルメ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

表参道、麻布十番でフレンチビストロの人気店を営む「PLEIN」の新業態のお店が、2021年3月恵比寿に「Atelier plein EBISU」としてオープンしました。そのコンセプトは邸宅で味わう、極上のアフタヌーンティー。星野リゾートで腕を磨いたシェフパティシエが作り上げるのは、繊細でまるでアートのようなスイーツやフードの数々。その絶品を心落ち着く一軒家で、ゆっくりと味わうことができるんです!どんなお店なのか、早速行ってきました!

Summary

閑静な住宅街に佇む一軒家で、至福のアフタヌーンティーを!

恵比寿駅ガーデンプレイス口から徒歩3分。ゆったりとした時間が流れる、閑静な住宅街のなかにオープンしたのが、アフタヌーンティー専門店「Atelier plein EBISU」です。白い壁に薄紫の色合いがかわいらしいこの一軒家が、丸ごとお店になっています。

一歩中に入れば、洗練されつつも、どこか落ち着く、まさに邸宅のような雰囲気が広がっています。お店は2時間の予約制になっているため、お店に人が行き来することもなく、ゆったりとした時間を過ごすことができるのです。

「Atelier plein EBISU」を運営する「PLEIN」が何より力を入れているのが、サスティナブルな取り組み。コロナ禍の緊急事態宣言中も野菜農家との取引を継続し、その野菜で作ったキッシュを医療従事者に配る「キッシュプロジェクト」も行っていました。

また天井に飾られたドライフラワーは、コロナ禍で各地のイベントが中止になったことで使われなくなった花を買い取り、作られたもの。このような優しさが、お店の空間にもあふれ、とても居心地のよいお店を作り出しています。

まるでアート!シェフパティシエが作り上げる繊細なアフタヌーンティー

アフタヌーンティー 5000円(税込)写真は2人前
アフタヌーンティー 5000円(税込)写真は2人前

「Atelier plein EBISU」が提供するメニューは、アフタヌーンティー(ドリンクフリーフロー付き、税込5000円)のみですが、シェフパティシエが手間暇かけて作り上げる繊細なスイーツやフード、そして季節によってかわるそのラインナップはとても多彩。その品々が並ぶスタンドは、まるでアートのような美しさと気品が感じられます。

この日、特に目を引いたのは「ヴェリーヌ」。いちごにはバラのジュレがかかり、いちごとバラの風味が漂います。その下には抹茶のムースと、チョコのムースが層を成しており、酸味から甘味のグラデーションを味わえる一品なのです!

こちらはゆずのバタークリームが入った「あふれるバターサンド」。口にしてみると、ゆずとバターの風味がひろがり、しっとりとした生地との相性も抜群です。「Atelier plein EBISU」では生産者とのつながりをとても大切にしており、こちらのバターサンドは山梨県のゆず農家が手塩にかけたゆずを、最大限に活かす形で作られています。

ほかにも「オペラ」、「いちごとカスタードクリームのシュー・ア・ラ・クレーム」、「抹茶のフィナンシェ」などスイーツは約10種を提供。どれも小ぶりなサイズになっているため、1度にいろいろな種類を食べられるのもうれしいですね!

フードも充実!多彩な紅茶とのマリアージュを楽しんで!

アフタヌーンティーのお楽しみは、スイーツだけではありません。「Atelier plein EBISU」ではフードも絶品揃い。この日は「ポークリエットのシュー・サレ」と、「地鶏と黒豚のパテドカンパーニュ」をいただきました。どれも素材の味をしっかり活かし、存在感を放っていて、とてもおいしいんです…!

スイーツの心地よい甘さを堪能したあとに、塩気のあるシュー・サレやパテドカンパーニュを食べると、お互いを引き立て合います。

そしてアフタヌーンティーの醍醐味といえば、スイーツやフードを紅茶と一緒に楽しむこと。「Atelier plein EBISU」はドリンクはフリーフローとなっており、紅茶、ハーブティーだけでなく、コーヒー、ノンアルコールの約20種類から、おかわり自由で楽しめます。

なかにはチョコレートの香りのする紅茶「グリュエ・ド・ショコラ」や、青色のハーブティー「ピュアブルーマジックティー」など珍しいものも。コーヒーは山口県で30年以上続く老舗「TAKADA COFFEE」の、オリジナルブレンドを使用しているそう。その日のラインナップにあわせた、ドリンクとフードのマリアージュをぜひ味わってください!

プラス2000円(税込)でアルコールフリーフローに変更も可能。スパークリングやワインがおかわり自由で楽しめます。その際は、アフタヌーンティーの内容がハムなどを使ったフードメニューが多めになるそうです。


「Atelier plein EBISU」では生産者とのつながりを大切にしているため、旬の食材を活かす形でメニューが作られており、季節に応じてラインナップが変わっていくそう。次に行ったときにどんなメニューと出会えるかが楽しみです。「Atelier plein EBISU」で、アフタヌーンティーという豊かな午後のひと時を味わってみませんか?

Text:上野郁美(エフェクト)


●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください