千葉の広大な農園で収穫体験。コテージでのバーベキューは新鮮野菜が主役に【THE FARM(千葉県 香取市)】

千葉の広大な農園で収穫体験。コテージでのバーベキューは新鮮野菜が主役に【THE FARM(千葉県 香取市)】

おでかけ 自然 地産地消 フレンチ 体験 農泊
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

緑豊かな森や田園風景が広がる千葉県香取市。こちらにある「THE FARM」のコテージでは、自家栽培の畑が併設されていて収穫体験が楽しめ、採れたての農園野菜を使ってバーベキューも。炭火が引き出す野菜のおいしさを満喫できます。周辺には、ブランド豚の養豚場で人気のハンバーグや地元食材を生かした小粋なフレンチなど、四季折々の自然がもたらす絶品グルメが盛りだくさんですよ。

Summary

畑が一望できる屋上テラス付きのコテージ。
採れたて野菜はバーベキューで地産地消

THE FARM(宿泊・食)

千葉県香取市の広大な自然の中に造られた「THE FARM」。宿泊施設や収穫体験ができる農園、温泉施設やサウナ、ジップラインなどのアクティビティが充実しています。グランピングやキャンプなど、いくつかある宿泊施設の中で、今回ご紹介するのは木の香りに癒やされる2階建ての木造コテージ<グランデ>。広々とした屋上テラスやウッドデッキのバーベキューサイト付きで、屋外での楽しみも広がります。1棟ごとに貸し切りなので、家族や友人と心置きなくワイワイ楽しめそう。

コテージ内は木のぬくもりが感じられるログハウス風。1階はベッド、2階は畳の部屋になっていて、グループや3世代なら部屋を分けて泊まることも可能です。吹き抜けのリビングではハンモックに横たわって、読書するもよし、お昼寝するもよし、木に包まれた空間で深呼吸してくつろぎましょう♪

自炊に重宝する大きなキッチンや広いダイニングテーブルも備え付けられています。地元の食材を調理して食卓を囲むのも楽しそう。コーヒー豆やミル等のコーヒーセットが備わっているので、挽きたてのコーヒーを飲みながら今日一日の旅を振り返ってみては。

「THE FARM」では1日2回、畑での収穫体験を楽しむことができます。季節によって収穫できる野菜は変わりますが、年間を通じてスタッフが上手な採り方や大きな野菜の見つけ方を教えてくれます。収穫した野菜はお土産として持ち帰ることはもちろん、サラダにしたり、バーベキューで焼き野菜にしたり、新鮮なうちに食べることができますよ。

残った野菜の葉っぱや皮などは捨てずに、畑のすぐ横にあるミニ牧場へ。馬や羊たちが「早くちょうだい!」と身を乗り出して待っています。地元の新鮮な野菜に動物たちの食いつきもスゴイ!

収穫体験の後はコテージのバーベキューサイトでディナー。用意される食材はすでに味付けされた肉や、この施設や近郊の畑で採れた新鮮な野菜、それからバーニャカウダや温かいスープ、フランスパンなど。もちろん収穫した野菜も持ち込めます。手間いらずのアウトドアは最高!

先ほど畑で収穫したばかりの新鮮な野菜をかじると、旬野菜の甘味が口いっぱいに広がります。

夜が更けたら、ラウンジで焚き火を楽しみましょう。夜のひんやりした空気で冷えた体を揺らめく炎がじんわりと温めてくれて、パチパチとはじけながら舞う薪の火の粉を見ていると、旅の疲れが消えていくから不思議。用意されたマシュマロを焚火で温めると、表面はこんがり、中はアツアツとろ~り。自然の中で食べる甘い物は格別ですよ。

朝は、窓一面から入る明るい日差しを浴びてスッキリと目覚めましょう。午前中はベランダのハンモックに揺られて日光浴をするのも気持ち良いですね。一息ついたら、ベランダから屋上へと階段を登って、施設の畑が一望できるテラスで深呼吸を。

朝食は千葉県産の野菜や果物、卵などが贅沢に並ぶビュッフェスタイルです。施設で採れた野菜をふんだんに盛り込んだサラダは野菜本来の甘味が感じられて絶品。毎朝炊きあげる手作りの自家製豆腐や、フルーツゼリー、ヨーグルトなどのデザートまで楽しめます。

■THE FARM
住所:千葉県香取市西田部1309-29 
交通:JR成田駅から車で約35分 
チェックイン:14 時
チェックアウト:11時
料金:大人2名3万円~ ※【コテージ】デッキでCamper’s BBQプラン 1泊2食付き
※料金は2022年5月下旬時の料金となります。

<新型コロナウイルス対応>
スタッフ対応 ・手洗い・うがい・マスク着用
・定期検温を実施
除菌対応 ・定期的な館内(料飲エリア)の除菌清掃
・客室の除菌清掃
・客室スリッパの除菌清掃
換気対応 ・定期的な館内(料飲エリア)の換気
・客室ご利用前後の換気
客室対応 ・消毒液の設置
・マスクを設置または配布
・備品を都度、除菌清掃

 

「恋する豚」の旨味が生きる 、
名物のスチームハンバーグランチは必食

恋する豚研究所 FLAGSHIP STORE (食)

「恋する豚研究所 FLAGSHIP STORE」は、地元のブランドポーク「恋する豚」を身近に感じてもらうための施設。香取郡東庄町の「在田農場」で自社開発の発酵飼料を食べて大切に育てられた「恋する豚」をハムやソーセージに加工して販売しています。ハムやソーセージの味付けは、同じ千葉県内の九十九里浜の塩を使用。アミノ酸などの化学調味料は含まず、自然から生まれた塩が肉本来の味を引き出します。口当たりがなめらかで甘味のある豚肉に恋に落ちてしまいそう。

併設のレストランでは「8種の野菜と恋する豚のスチームハンバーグ定食」が大人気メニュー。香取育ちの「恋する豚」のハンバーグと、千葉県産の甘い地野菜を丁寧にせいろで蒸した、ボリュームランチです。そのままでも十分味わい深いハンバーグですが、おろしたてワサビや、麦味噌を付けて食べるとおいしさ倍増。ソース次第で味のバラエティが広がります。

■恋する豚研究所 FLAGSHIP STORE
住所:千葉県香取市沢2459-1
交通: JR成田駅から車で約25分
営業時間:11~15時(お昼ごはん)、15~18時(あんみつタイム)
定休日:年末年始を除き、年中無休

まだある! おすすめスポット

\ 千葉の海と山の幸が満載! 畳の部屋でいただく小粋なフレンチ /
LE UN 佐原商家町ホテルNIPPONIA(食)

町家の畳部屋にテーブルが並ぶ粋なレストラン「LE UN(ルアン)」は、本格フレンチながら肩肘張らずにリラックスして楽しめる「佐原商家町ホテルNIPPONIA」内にある店。北総の食材や地元佐原の発酵文化などを生かして、この土地の食文化とストーリーがひとつひとつのお皿に表現されています。築100年を超える商家町ホテルで、千葉の野菜と海の幸を堪能しましょう。

■LE UN 佐原商家町ホテルNIPPONIA
住所:千葉県香取市佐原イ1708-2
交通:JR佐原駅から徒歩約12分 
営業時間:ランチ 11時30分~15時、ディナー 17時30分~22時

\ 香取市産の米粉で作られたクレープは食べ歩きに◎ /
TAWARA(食)

水郷佐原の中心部を流れる小野川沿いで一際目立つスポット「さわら町屋館」内にある「TAWARA」は、地元の人に愛されるスイーツショップ。香取市産の米粉で作られたクレープが人気のお店です。クレープは日替わりで、「チョコバナナ」や「シナモンアップル」など甘いメニューが中心。「ツナサラダ」や「ハムエッグチーズ」などの小腹を満たす食事系もあります。畳の小上がりで温かいお茶とともにいただくこともできますが、佐原の街を見ながら食べ歩くのにもぴったりです。

■TAWARA
住所:千葉県香取市佐原イ497−2(さわら町屋館内)
交通:JR佐原駅から徒歩約11分 
営業時間:11~17時(さわら町屋館の営業時間に準ずる)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Sponsored:農林水産省

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください