2021年4月OPEN!「toggle hotel suidobashi」は楽しさ無限大のカラフルホテル

2021年4月OPEN!「toggle hotel suidobashi」は楽しさ無限大のカラフルホテル

ホテル 女子会 インスタ映え フォトジェニック るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

水道橋駅近くに2021年4月に開業した「toggle hotel suidobashi」。目を引くストライプの外観以上にカラフルで写真映えする客室が話題のユニークなホテルなんです。ピンク×グレー、ブルー×イエローなど他にはないかわいいバイカラーのお部屋は記念日にも、女子会にも、「推し色」の客室でオタ活にも大活躍です!

Summary

女子会にぴったり!ピンクやブルーの映えること間違いなしのお部屋

JR水道橋駅の西口から徒歩3分の近さにある「toggle hotel(トグル ホテル)」。水道橋駅のほか、飯田橋駅や後楽園駅など周囲に駅も多くアクセスの良さは抜群!

西口を出てすぐに、イエロー×グレーストライプの印象的な建物が見えてきます。目を引く色と模様でありながらも、落ち着いた印象に見えるように工夫されたこだわりの外観で入る前からワクワクしてきます♪

1階のエントランスから最上階の9階にあるチェックインカウンターへ。エレベーター内もホテルのイメージカラーが用いられここでも思わず写真を撮りたくなってしまいそう♪

チェックインカウンターとカフェのある9階はホワイト×グリーンの空間に、広い窓、緑が豊かで都心にいることを忘れてしまうほどリラックスした空間が広がっています。

手前がチェックインカウンター、奥は宿泊していない人でも利用できるカフェスペースが。

2〜8階まで、各階で異なるバイカラーの世界が広がっているのも「toggle hotel」ならでは!エレベーターの扉が開いた瞬間からテンションが上がります♪

「スタンダードルームA」
「スタンダードルームA」

気になる客室の様子がこちら。手前の洗面台やシャワー室はホワイト、奥の小上がりになったベッドのあるスペースはピンクに塗り分けられた不思議な空間が広がっています。

「ロフトルームA」
「ロフトルームA」

実はこのスタンダードルームAは隣部屋と行き来ができるコネクティングルームとしても活躍するんです!

繋がった先の客室はロフトルームA。コネクティングルームにすれば最大5人まで宿泊できるので、特に女性のグループに人気のお部屋なんだとか。

「ロフトルームA」
「ロフトルームA」

2人で寝られるロフト上は秘密基地のようなワクワク感があり、友だちと泊まればここにいるだけでも楽しくなりそうです♪

「ロフトルームA」
「ロフトルームA」

ロフト下は170cmほどの高さのうえ、大きな窓があるので圧迫感がないのもポイント。寝る前はソファーとして、夜はベッドとして利用できるので最大3人まで泊まれる客室です。

「ロフトルームA」
「ロフトルームA」

着替えやバスタイムも気を使わず過ごせるよう、全客室で洗面台側は扉やカーテン付き。

「スタンダードルームA」
「スタンダードルームA」

同じスタンダードルームAでも色が変われば雰囲気も一変。

6階にある明るいイエロー×ブルーの客室は映え度No.1。色の境目部分に立つと同じ部屋の中にいるとは思えない不思議な光景で盛り上がること間違いなし!

「スタンダードルームA」
「スタンダードルームA」

どの客室でも、壁やクッション、床や素材などで異なる素材が織り込まれることであたたかみと落ち着きのある雰囲気に仕上がっているのもポイント。客室内の統一感は残しながらも、単調な印象にならないように工夫は所々に光っています。

高速道路が目の前、バルコニー付きのレアな景色が広がる客室

「コーナールーム」
「コーナールーム」

こちらは景色も自慢のコーナールーム。高速道路や鉄道、ビル群が目の前に広がります。

「コーナールーム」
「コーナールーム」

これほど近いと騒音や振動が気になりそうなものの、防音性の高いガラス窓を採用しているためほとんど気になりません。

「バルコニールーム」
「バルコニールーム」

こちらはホテル内でも特にリッチなバルコニールーム。バルコニー付きのほか、館内で唯一バスタブのある客室です。

グリーン×ホワイトでリラックスムードが漂います。

「バルコニールーム」
「バルコニールーム」

ポイントとなる色の境界線部分も、カーテンまでバッチリ!バルコニールームは2室のみのため、気になる方は早めのご予約をおすすめします。

「バルコニールーム」
「バルコニールーム」

バルコニーの様子がこちら。バルコニーに出ると外観のストライプ部分が間近に見られる他、ビル群と空が広がる東京らしい景色が堪能できますよ。

「バルコニールーム」
「バルコニールーム」

バスルームには広い窓があるため入浴中の眺めもバッチリ。全客室でヘッドの大きいなシャワーが採用され、バスタブがない客室でも効率よく全身を温められるのもうれしいところ。

イマドキ!地球にもやさしくスマートな仕組みと超穴場カフェ

9階にあるカフェテリアでは、10時まで宿泊者限定でモーニングメニューを提供中。10〜23時までの間はカフェとして営業しているので、宿泊をしていない人でも利用できます。

駅近な上に眺めもよく落ち着いた空間は穴場のカフェとして重宝すること間違いなし!都心とは思えないほど緑が豊かで天井が高く、窓からの眺めや雰囲気を楽しむためだけにも向かいたくなるようなスポットです。

 「モーニングセット」 1100円(税込)
「モーニングセット」 1100円(税込)

モーニングはサンドイッチ3種、スープ2種、ドリンク4種からそれぞれ好きなものをチョイスできるセットが提供されています。毎朝異なるメニューはカフェのレジにて要チェック!天気のいい日はテラス席でリラックスタイムを堪能しても。

Wi-Fiのパスワードや周辺情報はこちらのスマートプレートでチェック。
このスマートプレートは客室にも置かれているので、アメニティーや備品のレンタル、ホテルの案内が確認できる上にチェックアウトもスマホがあれば客室内で済むのがイマドキ!

「Tシャツ」 子ども用大人用ともに2000円、マイボトル 700円(すべて税込)
「Tシャツ」 子ども用大人用ともに2000円、マイボトル 700円(すべて税込)

チェックインカウンターでは子ども用Tシャツやマイボトルの販売も。各客室のカラーリングと同じTシャツなので、Tシャツ色と客室の境目を合わせて写真を撮るのがおすすめだそうです♪

部屋に設置するアメニティーは最小限に、そしてアメニティーの多くは環境に配慮されたアイテムの採用している「toggle hotel」。9階に給水スポットがあるため、ペットボトルの水ではなくマイボトルで水分補給できるのがGOOD。

9階のエレベーターを降りて左手に進むと、ここにもテラス席が。コンパクトな空間のため、より一層自分だけの時間を過ごせそうです。

今までにないアイデアの光る個性派ホテルで手軽に非日常感や、好きな色に囲まれるワクワク感を味わえますよ♪

■toggle hotel suidobashi(とぐる ほてる すいどうばし)
住所:東京都千代田区飯田橋3-11-4
チェックイン:15時〜
チェックアウト:〜11時
料金:9,200円〜(1泊1名)
※問い合わせ・予約はHPから

Text・Photo:西山由佑子(vivace)

●緊急事態宣言を受け、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

まだある関連記事はこちら!

●71室全てで違うアートがお出迎え!「ホテルリズベリオ赤坂」でまるでギャラリーに泊まる体験を
●五感で楽しむクリエイティブホテル!「DDD HOTEL」でリフレッシュ&自分アップデート
●アート作品を好きなだけ堪能できる!新感覚ホテル「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください