表参道「茶洒 金田中」で過ごす和の本格ランチ&甘味を味わう。都心の喧騒から離れた贅沢な時間を…。

表参道「茶洒 金田中」で過ごす和の本格ランチ&甘味を味わう。都心の喧騒から離れた贅沢な時間を…。

東京都 和カフェ 和食 ランチ 和スイーツ・和菓子 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京・表参道にある「茶洒 金田中」は大正時代から続く料亭「新ばし 金田中」の系列店で、その味を引き継いだ日本料理をリーズナブルに楽しめるカフェ。趣ある苔庭を眺めながら、コスパ抜群の絶品和食や和スイーツが堪能できるんです。

Summary

歴史ある料亭が手がける、 “洒脱にお茶を楽しむ”贅沢カフェ

表参道駅A1出口の目の前にある、商業施設とオフィスの複合ビル「オーク表参道(オークオモテサンドウ)」内に店を構える「茶洒 金田中(さーしゃ かねたなか)」。大きなオブジェの下をくぐって、階段を上った先がその入口です。

大正時代に創業した料亭「新ばし 金田中(しんばし かねたなか)」が手がけるカフェスタイルの系列店で、「金田中」の味をリーズナブルに味わうことができます。

料亭はお酒を肴に会席料理を楽しむ場所ですが、ここはお酒は抜きでお茶をしながらゆっくり過ごしてもらう場所。「酒」という字と、1本横線を除いた “お洒落”の「洒」という字をかけて、“洒脱(しゃだつ)にお茶を楽しんでほしい”という思いから「茶洒 金田中」という名前がつけられたんだとか。

こんな都心に苔庭!?非日常を味わえる洗練された空間

数々の受賞歴を誇る現代美術家の杉本博司氏が手がけた店内は、一歩踏み入れるとすっと心が落ち着く凛とした空間。シアターのように段差がついた席からは、ここが都心であることを忘れてしまうような美しい苔庭を眺められます。

室内と庭の境目があいまいな開放的な空間にはゆっくりとした時間が流れていて、日々の疲れを忘れさせてくれるんです。

杉本氏により「窟竟頂(くっきょうちょう)」と名付けられた数理モチーフのオブジェ(入口外)や大判写真が飾られていて、お店の椅子もその写真にあるヘリコイドをデザインしたもの。直線的な空間の中に映える曲線美が、洗練された雰囲気を演出します。

細部までこだわられた本格ランチコースで「金田中」の味を堪能

「ランチコース」3080円(税込)
「ランチコース」3080円(税込)

「茶洒 金田中」のメニューのなかでも、特にコスパが高いと話題なのがランチコース。「金田中」のエッセンスを引き継いだ本格的な和食を、前菜・選べる2品のメイン料理・デザートを通して楽しめます。

左から「豌豆すり流し」「鶯 柔ら胡麻豆腐」
左から「豌豆すり流し」「鶯 柔ら胡麻豆腐」

前菜の「豌豆すり流し」は、口に入れるとふわっとエンドウのやさしい味わいが広がる一品。中に隠れている蓬麩の食感がアクセントです。

「鶯 柔ら胡麻豆腐」は、下ごしらえとして毎朝1時間以上練り上げているというだけあってとてもなめらかで胡麻の香りが際立っています。

味噌の種類や飾りの食材は季節ごとに変わりますが、この日は桜をかたどった百合根をあしらい、日本のハーブと言われる木の芽味噌と合わせて。木の芽のフレッシュな香りと少しの苦味が、ほんのり甘みのある胡麻豆腐と相性ぴったりでした!

メイン料理はいろいろな味を楽しめるように、ハーフポーションのメニューを2つ選べるようになっています。木製のお茶碗や小鉢がお盆に乗って運ばれてくるので、わくわくが募ります。

「鯛茶漬」
「鯛茶漬」

一品目に選んだのは「鯛茶漬」。

ご飯の上に胡麻ダレを絡めた鯛やもみ海苔などが乗っていて、温かい出汁をかけていただきます。散らされているぶぶあられのカリっとした食感や、わさびの風味が効いた絶品!

出汁は、「新ばし 金田中」で使用する出汁と同じ割りになっているそうで、染み渡るおいしさです。

「三元豚しゃぶ ご飯」
「三元豚しゃぶ ご飯」

二品目には、「三元豚しゃぶ ご飯」をチョイス。豚ロースのしゃぶしゃぶをキャベツ、長ネギ、しめじ、セリなどと一緒にいただきます。一見普通の胡麻ダレのようですが、ポン酢と合わせてあってさっぱりした味わい!一味と相まって、豚肉の甘みを引き立てます。

そのほか、九種の具材の旨みがギュッと詰まった「季節の寄せ鍋 ご飯」や、味も見た目も楽しめる「六色 手毬鮨」も人気なんだとか。

「桜の峰岡豆腐」
「桜の峰岡豆腐」

デザートには、「金田中」の名物甘味、「峰岡豆腐」を堪能!牛乳プリンのようなやさしい甘みで、さっぱりと食べられます。季節ならではの桜の塩漬けがワンポイントです。

こんなお茶はじめて!その味を最大限に引き出した煎茶

「宇治純粋種 玉露 壽星眉 奥西緑芳園」1430円(税込)
「宇治純粋種 玉露 壽星眉 奥西緑芳園」1430円(税込)

室町時代から続くお茶の宗家「一茶庵」佃一輝さんが、このお店のためにアレンジした煎茶もおすすめ。苔庭を眺めながら、心穏やかな時間を過ごせます。

一杯目は、おちょこに入ったお茶をそのままいただきます。一口飲んだらびっくり!甘みが強く濃厚で、本当にお茶なのかと一瞬疑ってしまうほどでした。

二杯目以降は、自分でおちょこ一杯分のお湯を急須に注ぎ、砂時計で2分間を計って時間が経ったらいただきます。
ごく少量のお湯でじっくり蒸らして煎れるのが、お茶の味を引き出すポイントなんだとか。お茶を煎れながら味の変化を体験できるのもうれしいですよね!

カフェタイムのお供に最適な絶品和スイーツも充実

「三色餡と白玉餅 葉桜餡 よもぎ餡 漉し餡」1320円(税込)
「三色餡と白玉餅 葉桜餡 よもぎ餡 漉し餡」1320円(税込)

和の甘味メニューも豊富にあるので、カフェタイムにふらっと立ち寄るのにも最適。

季節ごとに変わる三色の餡でいただくもちもちの白玉餅も、もちろん一からお店でつくったもの。桜の塩気を感じる葉桜餡、香り豊かなよもぎ餡、こだわって特注しているという漉し餡の三種類で、飽きることなくぺろっと食べられます。

もうひとつの人気甘味「わらび餅 黒蜜」は、希少な本わらび粉を使用し注文が入ってから作るなど、和スイーツにもこだわりが詰まっているので見逃せません!

そのほか、終日提供している二種類のコースやアラカルトのメニューもあるので、用途に合わせてその魅力を堪能できます。

伝統の味を引き継いだ和食&和スイーツを、リーズナブルに楽しめる「茶洒 金田中」。趣ある空間でこだわり抜かれたお料理や甘味を食べながら、心が安らぐ贅沢な時間を過ごしてみては?

茶洒 金田中
さーしゃ かねたなか

住所:東京都港区北青山3-6-1 oak omotesando2F
TEL:03-6450-5116
時間:11時30分~20時30分LO(ランチタイム11時30分~14時)
定休日:無休(臨時休業あり)

text&photo:河野 未夢(vivace)

●緊急事態宣言を受け、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください