京都一のSNS映えスポット!?「八坂庚申堂」の、願いが叶うカラフルなくくり猿

京都一のSNS映えスポット!?「八坂庚申堂」の、願いが叶うカラフルなくくり猿

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 おでかけ 寺社 パワースポット 御朱印 お守り・おみくじ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

カフェやおみやげ屋さんなどで賑わう京都・東山。「八坂の塔」のお膝元にある「金剛寺」(通称・八坂庚申堂)は、地元の人々から「八坂の庚申さん」の愛称で親しまれています。実はこの「八坂庚申堂」、近年は着物を着た女性やカップルに、フォトスポットとして大人気なんです。

Summary

カラフルなくくり猿が大人気!「八坂庚申堂」へは着物でGO

平日でも多くの人で賑わっている「八坂庚申堂」の境内。朱色の鮮やかな門からチラリと中を覗くと、奥にカラフルな丸いものがぶら下がっているのが目に入ります。

その丸いものの正体は、「八坂庚申堂」の名物お守り「くくり猿」。くくり猿に願いをかけて欲をひとつ我慢すると、願いを叶えてくれるのだとか!?

くくり猿は、猿が手足をくくられて動けない姿を表しているのだとか。これは、心がうまくコントロールされている状態を象徴しているのだそうです。

ひとつひとつ手作りされていて、平日は100個、週末は300個の限定販売。なくなり次第終了なので、早い時間に行くのがおすすめです。

好きな色のくくり猿を選んだら、願いごとと日付、氏名を記入し、空いているスペースに願いを込めて結びます。

カラフルな背景は着物や浴衣との相性抜群!SNS映えするので、着物で来る人の多さもうなずけますよね。

くくり猿に願いを込めた後は、本堂に参拝を。「欲を我慢します」と誓い、願いごとを叶えてもらいましょう!

境内で「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿探し

「八坂庚申堂」は、日本三大庚申のひとつとされ、庚申信仰発祥の地ともいわれています。

庚申信仰では、猿は神の使いとされていて、「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿が本堂をはじめ、いたるところに。

御朱印にも三猿が隠れているので探してみて!

思わず集めたくなる!とぼけた表情の猿のお守り

「八坂庚申堂」には、くくり猿以外にも猿にまつわるお守りが豊富に揃っています。ちょっぴりとぼけた表情がかわいい指猿は、もっていると手先が器用になるんだとか。

ひとつひとつ手作業で塗られているので、表情が微妙に異なります。お気に入りを見つけるのも楽しいですね。

開運招福に効果アリといわれる、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿のお守りもあります。

写真を撮りに行くもよし。願いを叶えに行くもよし。かわいいお守りを探しに行くのもよし。「八坂庚申堂」の多彩な魅力は、行けばきっとわかるはずです!

text:永元路夕(TRYOUT)

Photo:佐伯亜由美

  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください