ラベンダーといえばココ! 富良野「ファーム富田」で見るべき花畑

ラベンダーといえばココ! 富良野「ファーム富田」で見るべき花畑

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
北海道観光 自然 花畑 絶景
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ラベンダー畑で知られる富良野エリアの中でも有名な農園「ファーム富田」。例年7月上~中旬が見ごろとなるラベンダーはもちろん、そのほかアイスランドポピーやマリーゴールドなど季節ごとに咲くカラフルな花々が鑑賞でき、園内はショップやカフェ、資料館、ラベンダー蒸留所などもあります。見学だけなら1時間で巡ることも可能です。温室もあって冬期間に訪れても花を楽しむことができますよ。そんなファーム富田の魅力をあますところなく紹介します!

Summary

一面のラベンダー畑にまずはGO!

ファーム富田のほぼ中央に位置する「倖の畑」は、訪れる人の幸せを願って名付けられた畑です。濃紫早咲やおかむらさきなど4種類のラベンダーが植栽されていて、淡い紫のグラデーションが美しいエリアです。見ごろは7月上~中旬。

富良野のラベンダーを全国に広めるきっかけとなった、最も歴史がある畑が「トラディショナルラベンダー畑」です。畑の上まで登れば、ラベンダーの向こうに田園風景と十勝岳連峰が一望できます。見ごろは7月上~中旬。

白樺の緑とのコントラストが見事な「森のラベンダー畑」は木々の緑に囲まれていて、畑の下から見ると右手に「おかむらさき」、左手に「濃紫早咲」と品種の異なるラベンダーを眺めることができます。見ごろは7月上~中旬。

例年以上に花が咲き揃い、彩り鮮やかな「彩りの畑」

ファーム富田を代表する、7色の花々が緩やかな丘を彩る「彩りの畑」。ラベンダーやカスミソウ、カリフォルニアポピーなど、鮮やかな色の花が虹を描くように咲く人気の高い畑です。見ごろは7月中~下旬。

季節ごとに異なる魅力を見せる多彩な花畑

雪残る十勝岳連峰が映える「春の彩りの畑」は、春からラベンダーの色づく初夏までを彩る畑です。アイスランドポピーやオリエンタルポピー、チャイブなどの厳しい冬を乗り越えた宿根草が咲き競います。見ごろは6月上~中旬。

こちらは2017年に新しく生まれた花畑「山の彩りの畑」です。のどかな山林の中に赤や白・ピンクなどのポピーを中心とした花が一面に咲き、ラベンダーの紫とはまた違ったビビットな印象を与えてくれる花畑です。見ごろは7月中~下旬。

十勝岳連峰を見わたすことができる「森の彩りの畑」は、針葉樹の森に隣接する花畑です。ラベンダーやカスミソウ、ポピーなど鮮やかな花々の色味を、背景にある森の緑が一層引き立てます。見ごろは7月上~中旬。

さわやかな気分になれるラベンダーソフト

ラベンダーソフトクリーム 300円

ラベンダーソフトクリーム300円。敷地内にはたくさんのショップがあります。ラベンダーエキス入りのソフトクリームは、さっぱりとした味わいで暑い日にもぴったり!上品に漂う香りを楽しみながら花風景を堪能してみてはいかが。

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください