高尾山の麓にホテル「タカオネ」誕生。山歩きに限らないアクティビティを楽しんで魅力を再発見!

高尾山の麓にホテル「タカオネ」誕生。山歩きに限らないアクティビティを楽しんで魅力を再発見!

東京都 ホテル キャンプ 自然 アクティビティ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

新宿から電車で約50分で到着し、手軽に山歩きや登山が楽しめる高尾山。この夏、最寄り駅である高尾山口駅からすぐの場所に、新ホテル「タカオネ」が誕生しました。日帰り観光地のイメージが強い高尾山ですが、宿泊することで早朝や深夜、四季折々に変化する高尾エリアの表情を楽しめるように。山登り以外のさまざまな過ごし方を提案してくれる宿なのです!

Summary

宿泊者以外もふらっと立ち寄りやすい!

全28室・定員172名と比較的コンパクトな宿
全28室・定員172名と比較的コンパクトな宿

築30年の建物を京王電鉄が買い取ってリノベーションした「タカオネ」。約1600種類の植物、約100種類の野鳥、約20種の動物が自生するといわれる自然豊かな高尾山と調和する、ナチュラルな外観が印象的です。

「タカオネ」という不思議な宿名は、高尾山の由来となった「高いところで左右に長く伸びる尾根」を意味す「高尾根」という言葉からとっています。

RECEPTION
RECEPTION

RECEPTIONに丸太の椅子が並んでいたり、裏山で拾い集めた落ち葉を内装に使っていたりと、全体的にアウトドア&手作り感あふれるつくり。

「KITCHEN」
「KITCHEN」

1Fにはカフェ&ダイニング「KITCHEN」が。MORNING(8時~10時30分)、LUNCH(11~15時)、DINNER(15~20時)の全時間帯で、宿泊者以外も利用できます(緊急事態宣言発令に伴い、営業時間を短縮しています)。
メニューには八王子産食材を多く採り入れ、高尾ビールと共同で開発した「タカオネオリジナルビール」も飲めるので、ぜひ地元の味を楽しんでみて! 

朝食
朝食

すべての宿泊プランにはサンドイッチとドリンクの朝食付き。ここでバスケットに入れて受け取り、館内のお気に入りの場所でいただきましょう!通りに面した「街のテラス」席ではペットを連れての利用もOK。通りがかりの人もふらっと立ち寄りやすい、高尾山のプラットフォームのような場所を目指しているそう。

木の温もりを感じるフロアマップ
木の温もりを感じるフロアマップ


登山以外の過ごし方・アクティビティを提案

施設のコンセプト「TURNING」を表現したアートをエントランスで発見
施設のコンセプト「TURNING」を表現したアートをエントランスで発見

高尾山といえば登山やハイキングが定番ですが、「タカオネ」ではそれ以外の多彩な過ごし方やアクティビティも提案してくれます。
驚くべきは、すべての宿泊プランに薪がついてくること。薪を火にくべて「NAKA-NIWA」(なかにわ)で焚火が楽しめるほか、焼きとうもろこし(500円)、スモアセット(600円)などの焚火調理も可能。気軽にキャンプ気分が味わえるのです。

「NAKA-NIWA」での焚火体験
「NAKA-NIWA」での焚火体験

そのほか、有料ではありますが、事前にオンラインでヒアリングしてもらいながら楽しむ「高尾オーダーメイドツアー」や、陶芸、革小物づくりワークショップなどを体験することができます。
施設のコンセプトは「TURNING!」。高尾山で過ごす時間によって、訪れた人の日々をほんの少し変えるような場所=「TURNING POINT」のような施設を目指したいという想いが込められているそう。

星空が見えるバスルームやテラスで高尾の自然を感じて!

「ルーフトップバスルーム」(9000円〜/46㎡・定員9人)
「ルーフトップバスルーム」(9000円〜/46㎡・定員9人)

部屋の種類は全4タイプ。なかでもイチオシは「ルーフトップバスルーム」です。定員9人の室内には二段ベッドが配置されており、学生時代の合宿を思いだして思わずワクワク。

「ルーフトップバスルーム」
「ルーフトップバスルーム」

階段でルーフトップまで上がるとそこにはなんと、天窓付きの素敵なバスルームがあるではありませんか!晴れた日の夜にお風呂に入りながら夜空を眺めることもできます。

日中には窓から日光が差し込むので、サンルームで過ごすようなとっても気持ちのいいバスタイムが待っていますよ。何度もお風呂に入りたくなるような部屋って、なかなか珍しいかも。

「ルーフトップバスルーム」
「ルーフトップバスルーム」

バスルームからはコンパクトなテラスにも出られます。そこには椅子が2脚。高尾の自然を見ながらゆっくり読書なんていかが⁉

「テラスルーム」(9000円〜/37㎡~38㎡・定員6名)
「テラスルーム」(9000円〜/37㎡~38㎡・定員6名)

アクティブ派には「テラスルーム」もオススメ。広いテラスのスペースを活かして、仲間とヨガやストレッチ、日光浴なども楽しめそう。バスルームからも自慢のテラスが望めます。
テラスには机と複数の椅子が配置されているので、仲間との乾杯や山歩きの打ち合わせ、もちろん仕事にもぴったり。おいしい空気を吸いながらオープンエアのテラスでどんな過ごし方をしようか? と滞在計画を練るだけでテンションが上がってきます。

「テラスルーム」
「テラスルーム」

シングルベッドが3つ連なった寝室で女友達と語り合いながらの夜ふかしも、懐かしい青春の香りがして楽しそう。ほかにも布団セットが3つあり計6名が同じ部屋で過ごせます。

「スーペリアルーム」(8000円〜/51㎡~・定員7名or9名)
「スーペリアルーム」(8000円〜/51㎡~・定員7名or9名)

「スーペリアルーム」は、計7名が過ごせるワンルームスタジオタイプ。友達と宴会するもよし、カップルで空間をリッチに使うもよし。ベッドタイプ(定員7名)と、2段ベッドタイプ(定員9名)があるので、お好みで選んでみて!

「スタンダードルーム」(7000円〜/19㎡~・定員4名)
「スタンダードルーム」(7000円〜/19㎡~・定員4名)

「スタンダードルーム」はコンパクトながら、シャワールーム、冷蔵庫、セイフティーボックスなど必要なものは抜け目なくそろっていて便利。シンプルな間接照明が洒落ています。値段も一番安価なので、経済的に高尾エリアを楽しみたい人にオススメ。
ちなみに、すべての部屋にある机や椅子などの家具は、壁掛けできる可動式を採用しており、壁に収納すれば空間を大きく使えます。手作り感あふれる木造の机はアクティビティ前の作戦会議にも最適。


仕事の合間に山遊び!朝7時から使える「テレワークプラン」

「テレワークプラン」1日1500円(7〜18時)。2F「LOUNGE」の簡易ドリンク飲み放題、荷物預かり・シューズレンタル無料。電話予約は不可
「テレワークプラン」1日1500円(7〜18時)。2F「LOUNGE」の簡易ドリンク飲み放題、荷物預かり・シューズレンタル無料。電話予約は不可

コロナ禍で浸透したワーケーションのニーズにも対応しています。宿泊者以外でも利用できる「テレワークプラン」では、館内の5エリア「KITCHEN」「LOUNGE」「HALL」「NAKA-NIWA」「ROOF TOP」でお仕事できちゃう!もちろんwifiや電源も自由に利用できます。

「ROOF TOP」からの景色
「ROOF TOP」からの景色

なかでもオススメはオープンエアの「ROOF TOP」(屋上)。高尾山口駅が目と鼻の先で京王電鉄の電車の往来がよく見渡せます。鉄道ファン、いわゆる「鉄ちゃん」も大満足なお仕事環境は、なかなかおもしろい体験となりそう……!

「ROOF TOP」にもデスクが
「ROOF TOP」にもデスクが
広い「HALL」で密を避けて働こう
広い「HALL」で密を避けて働こう

というわけで、たとえばこんな1日の過ごし方なんていかが?
いつもより早く起きて「タカオネ」へ行き、朝の7時から使える「ワーケーションプラン」でお仕事スタート。「KITCHEN」でランチを食べたら昼過ぎからは物販コーナー「STORE」に荷物を預けてアクティビティへ!シャワールームですっきりしたら夕方からは焚火を眺めつつ「タカオネオリジナルビール」を飲んでまったり……。高尾の自然に囲まれて遊びと仕事をサンドすれば、メリハリのある生活が送れそうです。

シューズ無料レンタルやグッズ購入できる「STORE」

1階には物販コーナー「STORE」が。八王子の作家やメーカーがつくったオリジナルグッズや、量り売りドライフード、リユースアウトドアギアを購入できます。

「タカオネオリジナルボトル」(20oz:5000円、12oz:4200円)
「タカオネオリジナルボトル」(20oz:5000円、12oz:4200円)
「オリジナルステッカー」(400円)
「オリジナルステッカー」(400円)
買取サービス「UZD」と連携したリユース商品コーナー
買取サービス「UZD」と連携したリユース商品コーナー

本格的なキャンプグッズや山登りアイテムも扱っています。

宿泊者や「ワーケーションプラン」利用者は、スイス発ブランド「on」のシューズを無料レンタルできるから、急に登山や山歩きがしたくなった時には便利!
開業8ヶ月前には、高尾の新しい楽しみ方を伝えるWebメディア「タカオのカタヲ」もオープンし、「木漏れ日の照明と川のせせらぎをBGMに満喫する、アウトドア読書のススメ」など、高尾山エリアで活動する人々がオススメの過ごし方が提案しています。「タカオネ」に行く前に記事でイメージを膨らませておくのもオススメです!


■タカオネ
住所:東京都八王子市高尾町2264
TEL:非公開
営業時間:KITCHEN 8~20時・STORE 8~19時、ワーケーションプラン 7~18時、チェックイン/アウト:15時~/~10時
定休日:年中無休



Text & Photo mogShore

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください